2011_06
26
(Sun)18:31

夏の花月園運転会報告  幹事の裏話

実車は国鉄末期の合理化で廃止され姿を消しましたが荷物・郵便電車は
私の好きなジャンルの車両であり何両か在籍しております。
国鉄時代の東海道線の普通電車には編成の先頭に1~2両連結して
走るスジが何本かあって代表的な例で言えば名夜行列車357M「大垣夜行」
にも連結している時代がありました。

(東海道では下り列車の先頭が常で上りの場合は最後尾でした。)

クモユニ74・2両並び

2両並んだ電車はかつての東海道荷物・郵便電車のクモユニ74で0番台と100番台。

(正面の角Rが違うのがよくわかると思います。)

奥の100番台は以前にこのブログでも紹介しましたがカツミの古い製品をレストアして
動力も更新させて仕上げたものです。 じゃぁ手前のは?
実はこれが今回の花月園での戦利品でペーパー製フルスクラッチです。

花月園での談話の一時の事、蒸気機関車の模型の話題になりまして有名モデラーのM氏が
「俺、あの○○○○の蒸気機関車があったら手直しして組んでみたい。」と言い出したので
そのものズバリの機関車が我が家に眠っていることを話したら是非譲ってと言われたので
後日、贈ることを約束してその対価としてこれを受け取って帰りました。

この話がM氏から出る前にレイアウトに留まっていたこのクモユニを見つけていて
い~なあコレ欲しいなあと思っていたところに幸運にも交換交渉が舞い込んで来まして
そこに降って湧いたような偶然に嬉しくて踊りだしそうでした。^^;
もしかしたら・・欲しそうな顔をして見入っていたのをM氏に感づかれたのかも。

実はこの車両、もしかしたら気がついた方がいるかも知れませんが既にメディアデビュー
を果たしていまして先月に静岡グランシップでの「トレインフェスタ」でお披露目され
今月発売された某老舗模型雑誌にも載っている車両そのものなんです。

M氏の造る車両は正確無比の左脳派じゃなくてどちらかといえばイメージ重視の右脳派。
その為に実車とは寸法取りが違う部分もあるし、かなりのスピードで造るので
少々仕上げの荒い部分もありますが印象把握が群を抜いて優れているのでしょうか
控えめなウェザリングと相まってとても魅力的で市販完成品に無い温かみがあります。

さすが紙成講師の一員である。


花月園運転会では名物の互助会の他に参加者同士の話が進むうちに闇取引?に発展し
車両や部品を交換し合ってることが実は意外に多い。
もちろん初めてでいきなりという事は無いだろうが何ども顔を合わすうちに
親睦が深まってお互いを理解するとこのような取引が生まれてくるようだ。
お金だけのやり取りのオークションなんかよりもずっと面白くて楽しい。


念願の車両の入手は出来ましたが本筋の互助会でのジャンケンは見事全敗。
欲しかったモノが目の前でかっさらわれて行きました。(´;ω;`)


そう毎回上手くいかんわな。



スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

そうそう!

>印象把握が群を抜いて優れているのでしょうか

そこなんですよね!

2011/06/30 (Thu) 00:19 | とと #0MXaS1o. | URL | 編集 | 返信

そんな

大事な子にお留守番させちゃまずいですがな (苦笑

2011/06/26 (Sun) 19:11 | 社長@永鉄 #T/iB497Q | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント