--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011_04
30
(Sat)10:04

低予算再生シリーズ マニ60編

台車付けた

同時進行のマニ37は不足部品の購入をしなければならないのと、一定の目途が
付いたので同じくヒルマ製のマニ60を数年ぶりに進めることにする。
画像はジャンク品で買ったナカムラ製のプラ台車を履かせてみたところ。

実は16番鉄道模型界の標準台車でもある日光の台車も部品ストックにあるのだが
近年製のは軸受けメタルが標準となり転がりはいいけどブレーキシュウも別付で
面倒くさいし、これにスポーク車輪付ければ2000円オーバーと高価で
とてもじゃないがこの低予算シリーズには不向きなのである。
品質が上がるのはいいが出来れば従来品も残しておいて欲しいと願う。

聞いてる?近藤さん!近藤さんって誰だよ? ^^
(わかるひとだけ笑ってね)

んま、台車に限らずパンタグラフなんかもそうだけどね。
トレーラーの別パーツ購入で30年前はKDカプラーが一番高かったなんて話を
今の若いモデラーに話しても信じてもらえんだろうな・・・。
物によっては車体キットの価格より揃えなければならない最低限のパーツだけで
それ以上の出費が必要なんて、やはり考え直さなければいけないのではないか?

キットが売れなくなったと悩む前に!

商売として難しい世界なのは解るが売り手市場が長引けば衰退が加速するのは
過去のどんな商売見ても避けられない流れだと思うのだが。


揃わない車高

さてナカムラ製の台車、ボルスタのピン穴径は同じなのでビス類はそのまま使える。
床板とはマニ37と同じく日光モデルの「金属床板用センターピン」を使ってみたが
ナカムラ製の台車はボルスタ受けの形状が金属製の台車とは大きく異なるので
画像のように1~1.5mm程車体が低くなってしまう。

対策としては台車とボルスタ受けの間に低くなった分だけワッシャを挟めばいいが
今度はセンターピンのネジ部分の高さが不足してナットが締まらない事態に・・・。
このセンターピンは鉄道模型界独特のもので、しかも共通サイズと思われるので
代替&対応のできる部品は無い。

んじゃ発想転換して床板ごとナカムラ製に変えれば使えるんじゃないかと試したが
これもプラとアクリルの僅かな厚さの違いがあり、今更アングル位置が変えられないので
よほど大幅な加工をしないと無理と判断。

「素直に指定部品で作ったら?」

そんな声がどこからともなく聞こえて来そうだ。
財布のお金の節約もいいが時間が掛かり過ぎては「人生コスト」の無駄が発生する。
時間を金で買うのは限界があるし、そもそも貧乏人には無理なこと。


どちらにせよ「自身のスタンダード」を考え直す必要があるな俺。^^;


スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

さすがに何十年も使ってれば型が持たないか・・・・
パンタの福島廃業は痛手だったけどまだなんとかなる。
でも近藤屋が無くなったら16番業界は立ち直れんかも。
多少の値上げは我慢するからがんばってと近藤さんに伝えて!


あれ? ^^?


2011/05/01 (Sun) 08:25 | りゅーでん管理人 #- | URL | 編集 | 返信

古い方のTR11は・・・。

その、近藤さんに聞いてみました。
古い方は、打ち疲れで型が壊れちゃったんだって。ごめんね!

2011/05/01 (Sun) 00:18 | 工房5丁目 #- | URL | 編集 | 返信

ワッシャ―とセンターピンの関係ですが・・・
ワッシャ―をプラ板で製作し、センターピンの径より僅かに大きな穴(センターベアラーと同じ径)を開ければ、センターピンそのままで車高を上げられる。
その際にバネがあれば、長さも短く調整するという・・・
ちょっと試してみてくださいよ。  

2011/04/30 (Sat) 21:15 | 広島工場 #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。