FC2ブログ
2011_04
24
(Sun)17:58

罠と誤算 (第一幕)

機器裏

エコー製を始め、客車用の床下機器は裏から見るとほとんどが空洞になっている。
これはトレーラーとしてあまり重くならないようにとの配慮だが実物は箱なので
覗いてみたときにやっぱり不自然に感じるので空洞に蓋をして箱にする。

かつてGM(グリーンマックス)のNゲージキットの床下がホワイトメタルの
無垢からプラスティックに変わった時に型抜きの都合上、同じような形状になった。
この時によく見られた工作記事にある手法で板状のプラ板を貼り付けるのだ。

とは言ってもあいにく薄いプラ板のストックが無い。
1mm厚では厚すぎて機器の形状がおかしくなるのでここは0.3~0.4mm位に
したいけど無いものは無いので代用品をと探して使ってみたのがなんと紙。

実はこれペーパー車体を作る時に適した厚さなの紙なので車体が作れるなら
蓋ぐらいどってこと無いだろ?と採用を決めたのだ。
サーフェサー吹いて塗装すれば元の材質なんてわかりゃしない。^^
不安も無いわけでは無いが完成してしまえば滅多に触るとこでもないだろう。

さてとこれで床下は仕上げに入れるかなと思った時にある疑惑が浮上した。
そもそもなんで当初のナカムラ製を止めてエコー製にしたのかだ!
不安は的中することになる。


さてここで問題です。

的中してしまった懸念とは一体なんでしょうか?



次号、衝撃の結末! ( ̄□ ̄;)!! 



ヒント・・・以外にも歯が立ちませんでした。^^;





スポンサーサイト



C.O.M.M.E.N.T

確か

どっかが当たるんでしたっけ。
真鍮のベースなら削るor切り落とせませんか?

2011/04/24 (Sun) 21:05 | なかむら #LwtkaH2o | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント