--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011_04
23
(Sat)18:23

悩みどころ

床下組立

ようやく組み立てに入ったマニの床下である。
説明書に従ってバラバラのパーツをまず並べてみて当初使用予定だったナカムラ製の
一体型と比較してみると、どちらも一般型の汎用品とあって配列は全く一緒。

さすがにエコー製の方は機器を一個一個鋳造してるので精密感があるし
あらゆる個体に対応させるために自由度が高い設計になっていることがわかる。
そりゃ時代が違うとはいえ、機器のパーツセットと床板だけで1450円。
ナカムラ製は1両に必要なものがすべて入って1990円なのでその差は大きい。

更にロストパーツに交換したりパイピングを追加すれば見栄えはよくなるが
さすがにコストをこれ以上かけれないし連結する他の車とのバランスを考えれば
この程度で充分かなとは思うがセットなんだからブレーキテコくらいは標準に
して欲しかったかな? 別売りでまた500円なんて買う気がしないな。

さて並べ終えて問題無さそうなので接着に入ろうと思って準備開始。
この手は本当は2液混合のエポキシ系の接着剤がベストなんだろうけど
作業時間が限られたりしてどうも使い勝手が悪くて嫌いなんでゴムボンド系で茶を濁す。
そしていざ接着を手掛けようとした時・・・・何かが私を呼び止めた。

「それ、本当に間違ってないか?」
と本棚のある方から気配がする。

念のため荷物列車好きのバイブルである「郵便・荷物車の世界」の本を取り出し
床下に関する記述を探し出して読んでみると・・・・

「荷物車に改造された際に水タンクは撤去してます。」とある。

考えてみれば洗面所やトイレが残されるとはいえ、客用のこんな大きな水タンクなんて
いらないはずで理にかなってるが一方で小型の360ℓに交換されてますとある。
その荷物車用の小型タンクという部品がないし第一どこに付いてるのか手持ちの資料では
わからないのでとりあえず大型タンクを取り外すに留めた。



荷物車用床下

で、取り外してみた結果が・・・・

なんか激しく物足りない。 (´・ヘ・` *)

気づかなければ気にならないが一度気になるとそのままじゃいられない。
やっぱりブレーキテコや配管を追加しようか悩むところだ。
編成になって走っちゃえば二度と気にしないだろうけど単体で一部だけ
凝視すると不満になる。

まぁ、ここで腹を決めないと泥沼にハマって仕掛を増やすだけの結果になるのは
見えているのだが何度経験してもあきらめどころが悪い私である。
過ちとわかってて繰り返してしまう愚かさは一生治らないかもな。 ^^;



さてどうしますかねぇ?






スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

同じく荷物車の床下に悩む46歳です。水タンクは種車のままのものと小型に換装されたものがありますが、小型に換装されると重量バランスの関係でほかの機器を移設したりします。だからさらに複雑なんですよね…。ぼくも知りたいし、小型水タンクされば欲しいです。あと、工房5丁目さんが天井への水タンクの移設のことを書かれてらっしゃいますが、マニ60のような新製時(マニ60は鋼体化改造ですが)からの荷物車も、車内(天井)に水タンクを設置していたようですね。「屋根水槽」というそうです。

2013/04/24 (Wed) 10:12 | とん #- | URL | 編集 | 返信

ご無沙汰しております。
水タンクは基本的に種車のものをそのまま流用していたはずですが、
腐食などでFRP製のものに交換してしまった例もありますので、正確を
期すなら現車確認するしかない(タイムマシンが必要)ですね。
スロネ30改造のマニ37等では元のスロネの水タンクが偏倚した位置に
ついてましたので、マニに改造された後もそのままだったものがあり、
由来を物語ってました。
ニワのカタログ見ると、水タンクだけでもいろいろな形のものがある
のですが、さて実際に発売したかが今となっては定かでないw

2011/05/05 (Thu) 22:59 | EF5853    #- | URL | 編集 | 返信

エコーの#1715「客車用/水タンク (軽量郵便車用)」で代用なるんじゃないでしょうか?

2011/04/24 (Sun) 13:41 | よこやま #pkLhdCmI | URL | 編集 | 返信

 マニ36は、普通の1000Lのタンクをつけているのもいますね。こちらは同じライブラリーのNo134,135が参考になります。
 床下に水タンクが無いのは、天井に移したものがあります。前に紹介したマニ60では、屋根上に水口がついています。晩年、マニ36くらいには水道で入れるようになったので、屋根上の水口が無いようです。多分水道の水圧で入るようになったのかもしれません。

2011/04/24 (Sun) 10:30 | 工房5丁目 #- | URL | 編集 | 返信

ビックリです。。。

こんな夜中にこんばんは。。。

ビックリして屋根裏に確認しに行きましたが・・・・

天もアクもマニ36には普通にタンク付いてます。。。。。。

でも、富のオユ10は小型タンクでした。。。

私も今始めて気がつきました。

マニ30の専用床下パーツには水タンクがないです。無いのもどう考えてもおかしいですよね・・・・警備員は水無し生活になってしまいますし。

アドバイスになるか分かりませんが、そのままの穴位置だと電池箱が引っ込みすぎる感じしません???私は修正しました。。。。



2011/04/24 (Sun) 01:22 | M.M #- | URL | 編集 | 返信

すべて同じとは言いがたいですが、RMライブラリー№138のマニ60・61 スユニ60・61(上)の表紙の写真が良く見えます。ご参考までに。

2011/04/23 (Sat) 23:03 | 工房5丁目 #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。