--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011_03
22
(Tue)09:50

低予算再生シリーズ  マニ37編

マニ37全景

先日ご紹介したヒルマモデルのアクリルキットシリーズのマニ37仕掛品。
多産とスピードを誇る有名モデラーM氏から頂いたものでご覧の通り車体は塗装も済み、
インレタまで入って8割方完成しているのだが落成までに後は何が足りないか調べてみる。

最初に目に付いたのは屋根で色は塗られているもののベンチレーターが付いてない。
このキット、初期の物は屋根もアクリルで成型した物だが無垢のままで非常に重くて
車体構成上バランスが悪い上、反ってしまって使い物にならない場合もあるらしく
このM氏の作例では板屋根(木材)に変更してある。

あと車体で不足してるのは窓セルと荷物車用の保護棒(一部は譲渡直後に入れている)
そして幌ぐらいなので大きな問題は無さそうであるが問題なのは床下だ。
元々車体キットなので当初から床下機器は一切入っていないから調達が必要。
題名にもある通り貧乏工場なので凝らずに安く仕上げなければならないから
新規に購入することは出来るだけ避けたいのでジャンクボックスを漁ってみた。



中村パーツ

この画像のパーツを見て「おお、懐かしい!」と思う貴方は40歳を楽に越えてますね?。^^
今から30年程前に発売された初の客車プラキットで中村精密(現ナカセイ)製である。
確かに当時何両か買った覚えがあるがジャンクボックスから出てきたのは何故か未使用品。
中断期間が長いとは言え、30年以上模型やってりゃこういう不思議な事はままある。

出てきたパーツで幌とベンチレーターは使えるだろうが問題は床下機器。
ご覧の通りホワイトメタル一体式でウェイトを兼ねた簡易な物だ。
当然流用品なので実際のマニ37とは機器配置も違うけどまあそれは気にしない。
現在でこそ考証が行き届いた精密なパーツや完成品が発売されているが一昔前の
貨車や客車なんて「付いてりゃいいや。」程度の扱いだったのだ。



マニ床下

使えるかどうか当てがってみると荷扉の裏打ちが干渉するけど僅かなので削って
やれば使えそうなので採用決定! 問題はプラの床板がペラペラなので耐える強度が
あるかどうかだが組み立ててしまえばまず分解整備する事ない客車なので大丈夫だろう。

壊れたら壊れたで作り直せばいいだけ。(;^ω^)


世の中がデフレだろうが円高だろうが不景気だろうが値段が上がり続けるこの業界。
キットを素組しただけのようなブラス完成品客車でも4~5万円するのが当たり前。
どちらかと言えばマイナーな部類の荷物客車もようやく昨年あたりから廉価なプラ完成品が
出てきて一光が差したが思うに20年は遅かったように感じる。

昔からそれなりに高価だった鉄道模型はそれ故「趣味の王様」と持ち上げられて来た。
その中から要らぬプライドを持った輩がブラス偏重主義を唱え業界もそれに従った。
「プラは安物でオモチャ」と一線を引かれた時代が長く続いたのだ。

そんな時代の最中であえてプラ製品に挑戦し登場した中村精密のキット。
完成に必要な部品が全て入ってて1990円の価格は業界に衝撃を与えたのだ。
発売されたのは10系・44系・61系から10車種程度で当時このキットを使った
作品が数多く発表され商売的に成功と言えるほど売れたかどうかはともかく多くの
モデラーに愛用されたのは事実である。

当然、次の展開が期待されたのだがちょうど模型の主流がNゲージに傾き始めた頃で
16番業界が売り上げを軒並み落とし廃業に追い込まれるメーカーが続出した。
当の中村精密も廃業こそ免れたものの、急激な落ち込みは事業を大幅に縮小せざるを
得ず、新製品への夢は絶たれた。

結局この後、90年代直前になってKATOがDD51発売で復活の狼煙を上げるまで
プラ製品は日の目を見る事は無くこれらの中村製品も過去の物になって行く。
当時から世界屈指の射出成型技術を持ちながら16番鉄道模型には生かされなかった。
最初の転換期に認識が甘かった事が市場全体の縮小を招いてしまった。

あの時代がウソのように現代ではプラ製品があふれている。
KATOの16番参入が無かったら16番ユーザーは今の3割も残らなかったかも。
事実私もDD51の値段を見てこれならやっていけるかもと復活した一人である。
16番再開の1号機となったKATOのDD51は今も我が鉄では現役だ。
1万円ちょっとの模型が20年経った今でもスムーズに走ってくれる。

結果的にいい時代に生まれたかなとも思う。


小さなパーツを見ながらあんな時代があったことを思い出す。
きっと初恋の人を思い出すような顔をしているのだと思うが
部屋に鏡が無いしあっても多分見ないだろう。


中年メタボ親父の陶酔した顔なんて。^^;


で、何で話が脱線してんだ?










スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

ナカセイの客車

ナカセイの客車、懐かしいですね。といっても発売当時は16番をやっていなかったので知りませんが、GMの9mm客車キットのまんま拡大コピーでした。
最近ジャンクなどを漁って何両か所有しています。台車振替え、椅子取り付け、テールライト点灯などいじって楽しんでおります。

2011/03/25 (Fri) 23:36 | つのすけ #XiwlzsDU | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。