--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011_02
27
(Sun)08:33

モデラーの聖地へ

近年の鉄道ブームのおかげか各種の鉄道イベントが開催されている。
模型においても商業施設でのショウやメーカーや有志による運転会など
現在では数え切れないくらい存在し盛況な様子がメディアで紹介されている。
しかし残念なのはその8割以上が大都市圏での開催なのである。

貧乏で田舎者の私には敷居が高い。

我が家は東京と大阪のほぼ中間地点に存在するのでどちらの都市に行くのも
日帰りでも交通費、外食代などを入れれば2万円は掛かってしまう。
つまり一回行くだけで月のお小遣いの7割が消えてしまうので後の生活を
考えるとどうしても躊躇してしまうのだ。

比較的近い名古屋圏でもイベントはいくつかあるので都合が付く限りは
行くようにしてるがやはり2大都市圏のそれと比べると参加メーカーや
規模の点で劣ってしまうのは明らかである。

そんななかで心強いのがお隣りの静岡県!!

私が主催する花月園が伊豆にあるのももちろんだが
鉄道専業ではないが多くの模型メーカーが存在するおかげで世界屈指の
総合模型ショーである「静岡ホビーショー」を始め同時期に開催される
日本最大の東西合同の運転会「トレインフェスタ」も数年前から始まった。

しかも特筆なのが地方自治体や地元企業の協賛で全て無料!ということ。
百貨店のワンフロア半分程度の開催で1000円近い入場料を取る名古屋とは大きく違う。
大体が百貨店に入るのに入場料が必要って何考えてんだオメエら!!
出展者からも金とって入場者からも金とって・・いくら江戸武将の生まれた町だからって

殿様商売にも程があるぞ!ヾ(`◇´)ノ



まあ、それは置いといて。
昨年からもうひとつ静岡県にて嬉しいイベントが始まった。
半世紀前に東海道線の特急電車「こだま号」の上下列車がこの地ですれ違った
ことで我が家からも近い浜松市での開催となったその名もズバリ、

                  「こだま運転会」


昨年の様子
                 画像は昨年の開催の様子です。


関東地域で開かれる「関東合運」、その関西版の「関西合運」と言うのは以前からあったが
一昨年に関東の老舗クラブの会長と有志により東西の親睦のために新たに始まったのだ。
鉄道模型に興味の無い方もこのブログに訪れるので説明させてもらうと鉄道模型の世界には
多くの私設クラブが存在し普段はそれぞれ個別に活動しているのだが狭い世界ゆえ
横のつながりも深い人も多く「たまには一緒にやろうよ」で始まったクラブの垣根を越えて
開催される模型運転会なのである。

各クラブの都合や会場の都合もあって関東関西それぞれ3~4クラブの参加とは言え、
日本の一流モデラーが集まりその作品をお目にかかれ、実際にお話出来るという夢の企画。
昨年参加した時は一般公開と違って混み合う事も無くゆったりしていることもあってか皆さん
親切で誌面でしか見たこと無い作品や作者さんにいっぱいお会い出来ました。

この「こだま運転会」、今年も来週末に開催されますので私も参加してきますが
通常では一般には非公開でクラブ員しか参加できません。が、そこは蛇の道はヘビ。
花月園のメンバーの中にクラブ員が何名かいらっしゃるおかげでゲストとして参加資格を
得る事が出来ました。(もちろん運営費の補助として参加費が必要ですが)

全国から100人?近い参加者が集まるこの運転会、主催される側のご苦労は規模は
はるかに及ばないものの長年運転会主催を経験している私にもよくわかります。
そんな鉄道模型の発展と仲間の親睦に尽力される方々に敬意を表しつつ
思いっきり楽しんで来ようと思います。


わーい!



スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。