--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011_01
04
(Tue)17:57

浮気?

今年の工作初めをと昨日から少しずつ手をつけ始めているのだが
どうにもエンジンがかからず、単純ミスが続くので気分転換と
資材購入を兼ねて某家電量販店の模型コーナーに出向いた。

16番は発売されたばかりのTOMIXの24系が並んでいたけど
購入予定はないので軽くスルーして塗料や筆を買ったが肝心の
デカールは今日も見つからずあきらめて帰ろうとしたら、ふと目に留まった
プラモデルがあって箱を持ったまま考える事5分でお買い上げ。
タマには鉄道以外もいいじゃないかと。

アンドロメダ

地球防衛軍旗艦「アンドロメダ」である。


ご存知「宇宙戦艦ヤマト」の第2作に登場する防衛軍の新造戦艦です。
ヤマトを上回る武装と性能で一旦はヤマトを旧型艦扱いにして防衛軍の
トップに立つつもりが作中ではあっさり敵艦隊にやられてしまう悲運の艦です。

登場回数は少ないものの、そのデザインの良さで今もコアなファンがいます。
確かに今見てもこれが32年前のアニメとは思えません。
日本海軍の大和をベースにデザインされたヤマトは宇宙に出ても海洋艦の
イメージが大きく残っていて宇宙を飛んでるより水に浮いてる方が様になったり
しますが、最初から宇宙を飛ぶ前提で設計されたアンドロメダには別のカッコよさがあります。

このプラモデルは箱絵こそ差し替えられていますが中身は今をときめくガンダムシリーズの
初作よりも以前に製品化されたものを近年になって再販されたもので、はめ込むだけの

おぼっちゃまセットとは違い、旧来のプラモデルと同じ部品の修整や
すり合わせが必要でそれを知らないで作ろうとすると間違いなく挫折します。
ガンプラシリーズは今や企業の屋台骨にまで成長しましたが色が塗ってあり
はめ込むだけの模型をプラモデルとしていいか?
というとどうにも疑問があります。

「誰にも苦なく完成する」と言うと一見便利で消費者を取り込みやすく売り上げには
貢献するかも知れませんが、これが消費者にとって本当に良い事でしょうか。
苦労して作ったからこそ愛着が沸き更なる向上心が芽生えると思うのですが。
趣味の世界から手間を省いて何が残るのでしょう。

努力と工夫は時間のムダ!
手軽なのが1番ジャン!
と言ってるようにしか見えないのは私の頭が古いせいだけとは思えない。

そうは言っても世の中の要求から現在の形態になったのだろうし企業としては
売り上げが無ければ存続できないので仕方の無い事なのでしょうね。
現実に旧来の形態を守った企業は消えていきました。


子供の頃、プラモデルを買う時は店で箱開けて(今はそれも出来ません)
中の部品を見て自分で作れるかどうか判断してから買うのが当たり前でした。
何度かの挫折を経験し自分のレベルを知ることが上達の条件でした。
自分自身を客観的に審査して買う物を決めると言う事を小学生の頃から
やっていたんですね。


TVゲームの発達普及で間違っても壊れても死んでも
リセットすればやり直しができる世界で育ってきた今の子供達に失敗したら
パアというのは耐えられない事なのかも知れません。


でも、なにかこのままではいけないような気がします。





スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

ヤマトじゃないところが良い^^
おかげさまで、スプレー塗料を買いに行ったホビーショップで、
ついついこの種コーナーに足が向いて・・・

「地球防衛軍艦隊 宇宙空母」(\504)がカゴの中に^^;

春のお題に追加!でっか

2011/01/06 (Thu) 19:41 | 東ウラ #- | URL | 編集 | 返信

プラ鉄吉さん

あけましておめでとうございます。
本年もどうかよろしく。


この頃の松本メカはどれもかっこいいですね。
地球軍も好きですがガミラスの戦闘空母や三段空母なんて
大好きです。^^

人気ではガンダムの方が上ですがメカデザインは圧倒的に
ヤマトが優れていると思います。

2011/01/05 (Wed) 09:02 | りゅーでん #- | URL | 編集 | 返信

すみません↑名前忘れてました。

2011/01/04 (Tue) 23:26 | プラ鉄吉 #- | URL | 編集 | 返信

うおおおお!懐かしいです!!!!
こどもの頃、ヤマトよりこっちがカッコよかったです。

子供のときに、この映画のラストでヤマトが突っ込むシーンで、後ろで立ち見していた女の人が、いきなり失神して倒れたのを思い出しました。映画よりこっちが印象に残りましたけど(笑)

2011/01/04 (Tue) 22:21 | #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。