--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010_11
23
(Tue)07:39

南蛮葡萄酒

ボジョレー2010

’89年から飲み続けているボジョレー・ヌーボ。
今年も18日に解禁されたが最近ではそう慌てて買わなくても普通にスーパーで
手に入るようになったので予約もしないし解禁日に買うとは限らない。

ブームの頃は入手も大変でたまに見つけてもプレミア価格が付いてたりしたものだ。
いくら好きでもフレッシュワインごときに五千円も払おうとは思わない。
産地や銘柄を指定すれば今でも高価なものはあるけど不景気と輸入量の安定で
現在の主力は2000~3000円と行ったところか。

またここ最近では大手商社とスーパーが組んで更に安くとペットボトル入りまで
現れ「こんなものはフランスワインじゃない」と当の政府からクレームまででた。
売る側の考えとして少しでも安くとの気持ちもわからないではないが私としては

瓶との差額が払えない奴が酒飲むなって!

と声を大にして言いたいところである。
いくら技術や手法が発達しても超えてはいけない線があるのはどの世界も同じ。
特に味とか色とか抽象的な評価軸しか無い物だけにペットボトル化みたいなこと
やられると「どうせ消費者は違いなんかわからないだろう」と思われてるような気がする。

んまそれはいいとして、今年は非常にブドウの出来がいいという前評判通り
確かに例年のものよりスッキリして飲み易く感じます。
どちらかというと飲む為と言うより料理用に向いてる気がしますが
ワイン初心者には抵抗少なく飲めるんじゃないでしょうか?

ちなみに私の買ったのは ドメーヌ・ミマリー・ヴィラージュ。
もちろん瓶だし、つまみに用意した合鴨のローストと相性も良いのだが・・・

栓がコルクの形したゴムなのね。

長期保存ではなくすぐに開ける事を想定しているから別にコルクじゃなくても
いいんだけどなんとなく気分がね・・・。


オトコって基本的にゴム嫌いだし。^^;


なんでかって?
わからない人はお母さんに聞いて下さい。


ただし責任は取らん! (w








スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

工エエェェ(´д`)ェェエエ工

2010/11/29 (Mon) 20:18 | ちぃ #pZffAq0k | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。