--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010_10
21
(Thu)19:46

秘めたる野望

2軸貨車

C58重連のさよなら列車の再現も古くからの願望のひとつだったがEF60やEH10に
よる2軸貨車だけで50両!もいつかはやって見たかった列車である。
母親の里帰りには東海道本線を豊橋から東に向かうのだが昭和40~50年前期の頃は
現在と違って本線と言えど旅客列車は1時間に1本くらいしか列車が無くて駅に着いても
しばらくは待たなければならなかった。

(豊橋から西の名古屋方面は名鉄というライバルがいるので東向きの倍の本数があった。)

その1時間に満たない待ち時間に上下線を合わせると最低でも2本、多い時は4~5本の
貨物列車が通過するのを見るのが楽しみだったりゅーでん少年には至福の一時でもあった。
当時既にコンテナ列車もあったのだが主役はなんと言っても「一般貨」と呼ばれる
編成の大半を2軸貨車が占めていて、どの列車も50両は連結していたものです。

機関車はEF60・EF65・EH10の3種類でどれが来るのか予想するのも
何両の貨車を連結しているのか数えるのも子供心に楽しいものでした。
模型を始めてからはいつか再現したいと思ってましたがNゲージ時代の当時でも
2軸貨車1両350円~500円ですから50両なんて子供の小遣いじゃ届きません。
さらに機関車も上記の3種はEF65はあっても特急色しかない時代でEF60や
EH10なんて製品すらなく思い出の列車再現には限りなく高いハードルがありました。
そして成人になった頃には黒い貨車は歴史の彼方へ消えていったのです。

今回、アクラスのEF60発売を機にこれまで溜めていた貨車を総動員して50両編成
の再現を秋の運転会で実現させるべく準備を始めました。
もちろんこれまでに何回も貨物列車を走らせていますが2軸貨車だけでは足りず
ボギー車も混ぜていたので2軸貨車だけの50両は初めてのことです。
集まった貨車も完成品・キット組・キット改造・ブリキと様々でメーカーも
天賞堂・アダチ・中村精密・エンドウ・カツミ・トミックス・KATO・アクラスと
総勢8社にも及びます。(トミックスは2軸貨車未発売なので今回の編成外)

とにかく数が多いと言うのはトラブルの可能性も高く、ボギー車に比べて安定感に劣り
車体の動揺も大きく、僅かな線路の凸凹や連結器の高さの差が即解放や脱線につながるので
整備にも気が抜けないし車輪の清掃や油差しも大変でした。
そんなところに飛び込んできたニュースが・・・・

アクラスEF60一般色発売延期だってさ。 orz

んま、いいんだけどね。
今ではEF65もEH10もあるからさ・・・
発売延期なんてこの業界じゃ当たり前になってるし。


ァ '`,、'`,、'`,、'`,、ヽ(´▽`)ノ '`,、'`,、'`,、'`,、'`,、




笑うしかないじゃん!


(ヽ´ω`)ふう・・






スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。