--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010_08
31
(Tue)10:32

天賞堂製 C58機関車を検証する  その2

C58 2

さっそく模型の検証に入りたいと思います。
画像左が1996年発売のブラス製で当時168,000円(税抜)の高級製品。
右が今回のプラスティック製で定価50,400円(税込)の普及製品である。

前作の9600型機関車と同様に同じメーカーが同じ形式を2種類の素材で
作り分けると言う世界的に見ても非常に稀な事で比較としては大変面白いと思う。
片や14年も前の製品だし値段差も3倍以上あるので公平な比較には
ならないが、まずはその点は置いといて単純にモデルの出来栄えだけ見てみたい。
  (ちなみにプラ製C58は購入時のままで付属部品は未装着です。)


C58 正面

まずは正面から。
ランボードのステップの大きさ(厚み)、前部の端梁の上下の高さに違いが見られるが
それ以外は大きな違いは無く(タイプによる形状差は含みません)このように
2台並べてもほとんど違和感が無いので同じ線路上で共存が出来ます。

KATO製の蒸気機関車と違ってデフレクタ、その手摺やステー、連結器解放テコなど
は金属を使っており肉厚になりがちなプラを使わない事で顔の印象をスッキリさせています。
この辺りに長年に渡り蒸機モデルを作ってきた意地が見えます。


全長

次に上から見て全長を比べてみます。
これも同じ図面から作ったのではないかと思えるくらい2両の長さは全く同じ。
実際にはプラ製のがやや短いのですが、これは機炭間の連結距離を詰めてある分で
電気的短絡(ショート)の無いプラ製ならでは強み。
ちなみに素材が違うと構造が全く異なるので同じ図面では出来ません。



テンダ

続いてテンダーを後ろから見たところ。
見た目ですぐに判別できるほど右のテンダーの縁が太いですね。
全体では素材の厚みと言うプラの欠点を巧みな設計と金属部品に置き換えで上手く
カモフラージュしている中で唯一プラ製と言う事を色濃く残している所です。


訂正 ・ 前記事でD51は四国に入線していないと書きましたが昭和35年まで
      高知機関区に配属され土讃本線限定で運用があったとのご教示を
      ブログ読者から頂きました。



その3へつづく・・・


スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。