--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010_07
26
(Mon)09:18

モア製 クモヤ192 JR東海バージョンを検証する

クモヤ前面
       一応運転台の表現がされてますが結構簡略化してます。

この手の製品はよほど好きではない限りじっくり見る機会も無いでしょうから
せっかくなのでじっくりとご紹介したいと思います。

前回書きましたがこの製品が発売されたのは1996年頃。
当時の価格が2両セットで約17万円と非常に高価な製品ですが
以前紹介したパサージュのキヤ95と同様で需要は少ないしパーツは
専用の物を起こさなければならないしで通常の物よりコスト高なので仕方ないでしょう。
値段の高さも欲しい人から見れば大した問題ではなくむしろ

良くぞ製品化してくれた!と歓迎されたのです。

さて、実はこのモデル値段の割りに超精密モデルというわけではありません。
この3~4年後に発売されるパサージュのキヤ95は屋根から車内から床下機器から
台車まで総ロスト製のパーツがふんだんに使われており ”金がかかってるな ”と
思わせる部分が少なくありません。

ところが1両あたり約8万円と同価格帯の製品としては少し古いことを考慮しても
全体を比べてみるとパーツのクオリティが低く感じます。
あくまで目を近づけてじっくりと観察した場合ですが・・・


屋根上

屋根を見てみましょう。
改造前のクモヤ495系時代に比べれば直流化され機器が大幅に撤去された後の
バージョンですから原型からみれば随分あっさりしています。
またそれ以上に模型として簡略化された部分も多く感じます。


ドーム

屋根上に設置された観測ドームも本来ならワイパーが付くはずですが省略されてます。



検査パンタ

検測用のパンタは集電はしないので母線が無くてもおかしくないのですが・・・
上下させる為の操作用の配管が表現されてないのは寂しいところ。


霜取りパン

この部分のパンタも直流化改造時にただの霜取り用になりましたので集電機能なし。
やはり操作配管の表現なし。

床下

床下機器も箱が並ぶだけで1本の配管表現もありません。
画像はT車ですがM車もFMギヤ?のシャフトが通るだけで似たようなものです。


台車

台車はDT37X、新性能の検測車の1部だけに使用される専用品ですが
現在のレベルと比べるとモールドが甘い造りです。

連結面

連結面の表現は貫通扉が車体色のままなのは減点ですがまあまあのレベル。
連結器は2両永久連結なのでドローバーなのは構わないですがもう少し
小型化して欲しいと思います。

車体内部

車体の内部表現は何も無いがらんどう。
17万円という価格を考えればせめて仕切りは欲しいところ。
ちなみに室内灯もありません。 


とまあ不満をいろいろ書きましたがこれはあくまで現代の基準の評価であって
これでも当時は精密な方なのです。
これらの欠点を含めても総合的にはバランスが取れているのと深みのある青の
素晴らしい塗装と唯一の特異なスタイルによる魅力が大きく満足です。



模型をやっていて運転会なんかに参加すると他の方々の影響を受けます。
今回私が検測車なんぞに惹かれたのは何を隠そうこのオジサンせいおかげ。
元々変わった車両が好きというのもありますがこのままだと・・


普通に満足できない体

になってしまいそうだ。^^;

これ以上の深追いは止めておきます。

誰だ? 買った時点で手遅れだとヌカす輩は!!



(w


スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

ととオジサンへ

495をそのまま塗り替えても192とは屋根上のディティールがかなり異なるため大改造が必要です。

秋に比べてみましょ!

2010/07/27 (Tue) 19:47 | りゅーでん管理人 #- | URL | 編集 | 返信

素晴らしひ。

こゆのを見ると、丸の内の姫のところで長らく在庫のクモヤ93が欲しくなってきます。
でも、新品だから1輌で¥10万。
そんだけ出すなら、先にデジタル一眼の買い換え予算に回したい。^^;

2010/07/26 (Mon) 20:17 | よこやま #pkLhdCmI | URL | 編集 | 返信

おじさん

こんにちは。
ウチの495もそのバージョンに塗り替えようかと考えた事もありましたが製品化されていたとはつゆ知らず・・・・・
塗らなくて良かった。

2010/07/26 (Mon) 12:09 | とと #mQop/nM. | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。