--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010_06
12
(Sat)18:27

宿題工作もスタート

先日めでたくD52もほぼ完成したし富山港仕様のクハ79も
目処がついてきたので次の計画をスタートすることにした。

仕掛品が無くなったわけではないんですが。^^

自らが開催する花月園運転会の今年の秋のお題は「職用車・試作編成」
もちろんこのテーマも幹事の私が決めているわけですからなんとしてでも
11月の開催までに間にあわさねばなりません。

実はこれまで過去15回の運転会でお題車両を披露したのは2回ほど。
だんだん幹事業にウェイトが傾いて時間に追われ満足に工作する時間が無くなって
宿題を出しながら見本を出さない体たらくが続いていました。
本来お題は自由参加で決して宿題ではないんですがこの秋の開催で私が幹事に
なって10年の節目ですので記念と言う意味も込めてがんばって製作しようと。

で、作ると決めたら一番問題なのは何を作る?なんですが
「職用車・試作編成」とテーマが決まっているのですから該当する物を
製作せねばなりません。

幸い資料だけは腐るほどあるのでその中からどれにしようか悩む事1週間!
ようやく自分でも出来るんじゃないかなという車両を見つけ出しました。
さっそく工作方法の検討の為、簡単に試作してみます。


試作中

諸般の事情から形式名をここに書けませんが画像の通り種車はKATOのスハフ42です。
とりあえずプラ板で一部の窓を埋めながら頭に進捗をイメージして行きます。
実はもう1両種車になる車両があるのですがそれを見せてしまうと詳しい人には
ネタばれしてしまうので、あえて写していません。

これだけで解る人がいたら神と呼ばせて頂きます。

と言うくらい鉄道車両の中でも職用車ってマイナーな存在なんですが世の中には
想像を超えた方もいらっしゃいますので油断は出来ません。^^;
もし解っても黙ってて下さいね。 そのうち書きますけど。
車両の選定に当たっての条件と製作についての方向は次の通りです。

1 ・ 手持ちの車両から作れそうな物。

2 ・ なおかつ部品の買い足しは最小限で済みそうな物。

3 ・ 最低限外観のわかる資料のある物。

4 ・ 他の人が選びそうに無い物。

5 ・ 少々違っても黙ってりゃわかんない物。^^


要するに簡単で安く誰もマネしない車両ってことですね。
実際に頭では描いて見た物のどうやって製作しようかと思う部分もありますが
行き当たりばったりの現物あわせで進めて行きたいと思います。





プラ板で窓埋める工作って考えてみれば30年位前にNゲージでやって以来。
画像では上手くハマッてるように見えますが実際は微妙に隙間があって全部作り直し・・・orz
しかもこれを両サイドで10枚やらにゃならん!!

先は長い!けど期限もある。


はい、がんばります。



スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。