FC2ブログ
2010_05
02
(Sun)07:30

古巣に一時帰省

GWの初日に15年ほど前にある模型店で知り合い現在では花月園メンバーの
一人でもある隣市に住むK氏よりGTCの運転会がある事を聞いた。
GTCとは蒲郡鉄道模型クラブの略で東三河地方では唯一の16番クラブだ。
実はかつては私も籍を置いていた事があるが事情があってここ数年は疎遠だった。

久しぶりに顔を出してみようと思ったのが通常の例会は名前の通り隣市の
蒲郡市の公民館なので車で1時間弱とやや遠く疎遠の理由の一つでもあったが
今回の開催場所は市内の文化会館でここなら自宅から僅か500mなのだ。
せっかくだから見学だけでは勿体なので急遽車両を整備して持込参戦してきた。

会場1

会場の中に入ると随分久しぶりにも関わらず顔見知りの関係者から明るく迎えられる。
何人かは最近入会したのか新しい顔もチラホラといらっしゃる。
中は60畳ほど広さで16番とNゲージのレイアウトが1台づつある。
16番の方は私が在籍してた頃はヤードすらなかったが幾分大きくなったようだ。
なにせ地方の小世帯のクラブなので充分とはいかないが10両編成までなら問題ない。
ちなみに公共の場所なので一応は一般公開運転会だ。




今回は取材目的ではないので半日まったりと過ごさせて頂いた。
従って動画は自分の持ち込んだ車両のみです。

最初に久しぶり2度目の天プラ79615を先等に一昨日買ったばかりの
スハ32+スハフ32+ブラスのマニ36のローカル編成。
次に牽引機をカンタムD51に代えてここまでは全て北海道型。

最後に登場するのは先日の花月園で森岡音速鉄道愛甲線(わかる人にはわかる)
から転属となったカツミ製EF65と7年ほど前にヤフオクで落札した
モア製シキ610の特大貨物編成。

このシキ610ですが実物同様巨大すぎて花月園のような情景付きレイアウトでは
あちこち建造物に接触し走行性能はいいのに走る事が出来ません。
このようなほぼ線路だけのしかも内回り線限定になってしまいます。
(外周線を走らせると内回りの車両と接触します。)

なにせ急な話であまり車両を準備できなかったのが残念ですが
久しぶりに会う鉄仲間と楽しい時間を過ごし午後5時には会場を後にしました。
今後も自分が関わる事は少ないだろうけど、ふとした時に帰れる場所として
活動を継続していって欲しいと感じました。

スポンサーサイト



C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント