--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010_05
01
(Sat)07:03

天賞堂 スハ32の巻

天のスハ32

皆さんがお持ちの最も古い鉄道に関する記憶って何でしょうか?
以前にも私の鉄道趣味の原点になった車両、いわゆるソウルトレインと称して
153系電車やC50型蒸気機関車を取り上げましたが今回も話としては続きになります。

時は昭和46年3月の事。(私が8歳)
以前153系の話で私が幼い頃、母の郷里に行くのに良く乗った車両と話を書きましたが
実際はいつもいつも鉄道で行くわけではなく時には母の弟(叔父)の運転する車の時も。
その車で行く際には県道で愛知と静岡の県境のトンネルを通って行くのですが
静岡県側に出て坂を下りきったところで浜名湖に突き当たる場所があります。
その突き当たりと湖の間に走ってる1本の線路が国鉄二俣線です。(現天竜浜名湖鉄道)

その後は湖に沿って南下するのですが極短い区間、県道と線路が並行するのです。
ある日いつものようにその場所に差し掛かったとき、その列車は現れました。
C58が牽引する蒸気機関車のさよなら列車だったのです。 それこそが

人生で一度だけ見た本線を走る現役時代の蒸機

もちろんそれまでにも駅構内で入換をするC50を見てましたが営業列車で客車を牽いて
入換の時とは比べ物にならない煙を吐いて疾走する姿はこれが初めてでした。
ホンの一瞬でしたので蒸機の形式などわからず、随分後になって詳細を知るのですが
幼い脳裏に焼き付くのは充分過ぎるインパクトがあったのだけは確かです。

模型趣味を始めた小学校高学年の頃、当然16番は手が出ないしNゲージではC58も
当時牽引されていたスハ32もありませんので確かKATOのC11とオハ31で
雰囲気だけ楽しんでいたように記憶してます。 

時は流れて平成21年に発表された天賞堂の次期新製品は偶然にもC58とスハ32。
それも高価でとても手の出ないブラスではなくどちらもプラ製品。
そりゃあ飛び上がりましたよ! 40年前のあの列車が再現出来るって!!

これが神の思し召し以外の何だってんだ!
って思いましたよ本気で。

昨年末の153系大量購入の影響や花月園運転会があったことでなかなか資金繰りが
付かず発売後すぐには購入出来ませんでしたがようやく当時のさよなら列車と同じ
4両のスハ32を入手することが出来ました。
店に行った時には「北海道タイプ」しか数が揃ってなかったのですが、

んなこたあどうでもええ。 (・∀・) 

実際に見比べたって本州型との違いなんてほとんどわかりゃしないし
所詮どれ買ったって「タイプ」であって厳密ではないのだしそもそも細かい事は気にしない。
想いの強い列車だからこだわるって御仁も多いし気持ちも判るけどね。

後は夏に発売されるであろうC58を待つばかりとなった。
重連運転もあったさよなら列車を再現するべく2両予約してあるけど
待ちきれないので北海道型C58を連結して眺めながらグラスを傾ける。

C58

あの頃の自分に戻って行くようだ・・・



追伸 本当はスハ32のインプレッションを書くつもりだったけど
    いつの間にかオジサンの昔話になってしまいました。 ^^;

スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

殺し文句!

あー、これ買わされたんだ^^;;;

>皆さんがお持ちの最も古い鉄道に関する記憶って何でしょうか?

私は、成田線のC57ですね。田端で機関車に乗せて貰ったりもしました。

2010/05/01 (Sat) 20:59 | 工房5丁目 #- | URL | 編集 | 返信

えーと

>皆さんがお持ちの最も古い鉄道に関する記憶って何でしょうか?
ことある事に話している事と思いますが、京都の実家が面しているのは、市電が走っていた大通り。
飽きる事なく2階の窓から行き交う市電を眺めていた覚えがあります。
その中でも一度だけ見た、2輌連結で走る市電の姿が忘れられません。
故障車の無動力回送だったのでしょう。
その姿、窓の額縁付きで、脳裏に焼き付いて離れません。

2010/05/01 (Sat) 20:41 | よこやま #pkLhdCmI | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。