--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010_03
28
(Sun)12:10

旅のおもひで  その3

前回ご紹介した礼文島名物?の桃岩荘YH(ユースホステル)。
実は港のある中心街ではなく山を越えた場所にあります。
港から(旧港)は徒歩でも40分程度ですが船が着くたびに
YHから迎えのトラック!が送迎しています。

おさびし山から

これはYHのとなりにそびえる通称「おさびし山」から建物を見下ろした光景です。
画像下の赤い屋根がニシン番屋を改築した桃岩荘です。
前はすぐに海、後ろは100mを超える断崖絶壁、そして周囲2kmは
YH施設以外は集落も民家も一切無いまさしく陸の孤島です。
この特殊な環境が独特な文化を生む事になったと言っても過言ではありません。

夜の外出はまず不可能!

いくら騒いでも誰にも迷惑がかからない!

施設内にはテレビもラジオも無い!

外界との連絡は電話が1台のみ!


まさしくカルト団体にぴったりの立地です。^^;

出発前の記念撮影

そんな宿の日中の名物は島を徒歩縦断するハイキング。
港のある反対側は車の通れる道路すらほとんどなく歩く以外の観光手段がありません。
早朝5時に起きて島の北端までYHのクルマで送ってもらい30kmの道のりを
歩いてYHに戻ってくる過酷な観光です。

通称 「愛とロマンの8時間コース」 と呼ばれています。

到着した当日は既に出発しているので参加できません。
そして帰ってくる頃には最終便も出てしまってるのでこのハイキングに参加するには
最低2泊3日の滞在が必要になります。(半日の4時間コースもあります)

画像は翌日、私と一緒に参加したメンバーの出発前の記念撮影。
黒シャツに青いデパックを背負っているのが24歳当時の私。
その左隣にいるのがこの日から4年半後に私の妻となる女性である。

もちろんこの時点では彼女は友人と一緒だったので一言も話していない。
しかしこの撮影から5時間後に私は彼女と二人きりになってしまう。
そんな運命が待ち構えているとは知る由もなかった。


※実は島に来る前日に稚内で泊まったYHで彼女を見かけている。
 もちろん当の本人はそのことに気が付いていない。^^
 そこらへんのエピソードは以前「スカーレットのアルバム」の
 掲示板に書かせて頂いてるが次ページに転載します。


 読みたい方は次ページへ。


 
2003年10月29日に投稿した「りゅーでんの旅日記 その7」
からの転載です。



~だったらバイクはここに置いて行っていいから行ってきなよ~

ここは稚内にあるユースホステルの受付前。
翌日島に渡ろうとして時刻表で搬送料金を調べると以外に搬送料が
高くて渡ろうかヤメようか悩んでいた私にペアレントが言った。

「ただしもう一泊して行ってね」と付け加えられなんかうまく
乗せられたような気がしたけどまあいいかと納得することにした。
ユースに連泊なんて私にしては贅沢だったけど洗濯も溜まってるし
休養もしたかったし安心してバイクを預けられるし・・・

”その後この選択が自分の将来の運命を決定ことになろうとは ”

と言う事で2日目の夕方、一番風呂を終えた私は夕食時間まで
食堂の机で日記を書いて過ごしていた。
そろそろユースも賑わって来る時間だと思ったらやはり玄関は
到着する人の声が続いていた

夕食時間が近づいて最初に一人の女の子が入ってきた。
腰まである長い黒髪に「おっと!」と一瞬目を奪われたが・・
続いて同行の友人らしき女性が入ってきて二人は私の後ろの席に
座って明日の予定を話しているようだった。

どうやら明日船に乗って島に渡るらしい。
それなら私と同じだな・・でもその時は二つある離島のどちらに
行くのか何時の船に乗るのかまだ決めていなかった。

この後に運命に手繰り寄せられるように続く偶然が私を
髪の長い彼女に近づけていった。

              
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

そして、りゅーでんさんが具合が悪くなり~~~。

玄関に大きな荷物を持って来てくれた彼女~~でしたか。

泣けますね。

2010/03/30 (Tue) 01:23 | TEXAS #- | URL | 編集 | 返信

をを~(゜∀゜)

2010/03/28 (Sun) 16:56 | よこやま #pkLhdCmI | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。