--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009_11
29
(Sun)19:05

史上最も不運な高級品

キヤ95 その1

前回書いたとおり花月園でのガレージセール「互助会」にて入手した今は亡きメーカーの
最後の製品であるギャレッド・パサージュのキヤ95の3両1ユニット編成だ。
鉄道模型の購入に某オークションを利用されている方はご存知だろうが
今から3~4年前に定価の3割程度で処分品として大量に出品されたことを憶えているだろう。
おそらくこの手元に来た車両もその時の放出品と思われます。

元々は1999年頃?に新興メーカーの意欲作として発表され価格も当時としては
破格の26万円強で話題を読んだ超高級品だったのだが残念ながら売れなかった。
売れないどころかこの製品のトラブルがメーカーの首を絞める結果となった。

何故売れなかったのか検証してみた。

その1 価格

1両当たり8万以上というのは20世紀末の鉄道模型としてはやはり高価過ぎた。
ただ高くなってしまう理由も判らないでもない。
「検測車」という特殊車両を選んだ結果、カプラーを除くほぼ全ての部品が
新規に作らねばならなくなったという事。 当然製造コストは跳ね上がる。

その2 題材

大手メーカーが手をつけない分野の車両を選んだことは営業戦略としては良い。
が、あまりに特殊でしかも地域性の高い車両を選んだのが間違いだった。
以前このメーカーは国鉄型の蒸機や貨車を売っていたのでそれなら全国流通でも
売れるのだが、このキヤ95みたいにJR東海地区限定車となれば当然購入希望者の
分母が減るし更にその中から実際に買える分子は高価なこともあって相当限られる。

その3 製品トラブル

この製品は韓国製である。
販売段階になって何故かパーツの欠品した車両が大量発生した。
その結果、そのままでは店頭販売できない在庫が発生し元々資金力のない
小さなメーカーの経営を圧迫することになり倒産への道筋となってしまった。
恐らく最後の協議のつめが甘かった為に起こったトラブルで解決策が出なかった。

とまあ、あくまでの私の推理に過ぎないが大筋間違いではないだろう。

妻板

実際に製品を見てみればつないでしまえば見えない連結部なども
よく出来てるし

屋根

屋上機器なども当時の製品レベルとしては精密な部類だが
30万円級の製品としては前面のライトケースとボディのチリ合わせやパンタグラフの
半田が超へたくそなど確かに気になる部分も多い。
量産品としてはギリギリの許容レベルな部分を目の肥えたユーザーに見抜かれて
購入に至らなかったケースもたぶんあるのだろう。

だが縁があって我が手にやってきたのだから私なりに楽しんでやろうと思っている。
模型メーカーに限らず日用品、家電製品のほとんどが海外生産になってきて
生産段階での意思疎通が上手くいかないという話はよく耳にする。
模型に罪はないし、それを攻めるのではあまりにも酷すぎる。
私は精一杯こいつを愛してやろうと思う。

気になることがあるって?
格安の互助会でこれをいくらで買ったかって?

いや、万が一この製品を発売当時に定価で買った方がここをご覧に
なってたりしたら卒倒しちゃうかも知れないので内緒にしたかったのですが。


プラ機関車1両と物々交換なんて・・・



言わない方がいいよね。^^;

スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

あっはっは!

こんばんは。
私、昔からこんなもんなんです^^;
なので、「あの人は物の価値を知らない」って影で言われたこともありますよ。

たって物の価値なんて他人がどう思おうと自分が決めれば良い事だと思ってます♪
究極の自己満足。
私にとってはあの機関車の方が魅力的です。
後悔の「こ」の字もありませんが・・・

あ、パーツが何とかなりそうなコメントをどこかで見たような気が・・・

2009/11/30 (Mon) 02:04 | とと #mQop/nM. | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。