--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009_11
18
(Wed)17:19

2009秋の花月園運転会報告 その2

宴会中

画像は2日目の夜の食事風景。
今回の参加者は埼玉、東京、神奈川、静岡、愛知、滋賀、大阪、兵庫から
夫婦での参加2組を含む30~72歳の21名で初参加の新人さんは3名。

かつての花月園はレイアウトの中央で鍋を囲んでの食事が名物の1つでしたが
現在は食事の提供を止められてしまったので当会では歩いて10分の居酒屋が
参加者の食事処となっております。(大人数なので当然予約が必要)
花月園の宿泊定員とこの居酒屋の定員がほぼ一緒なのは単なる偶然?

地ビールは旨いわ話は盛り上がるわで大盛況の宴会でしたが
すっかり出来上がって宿に戻るなり寝てしまった人数名・・・・・。

幹事は予算オーバーでこのあと真っ青。(||゚Д゚)

なお今回も集まった車両は推定500両以上にもなり、その全貌をこのブログでは
とても紹介しきることが出来ません。
ホンの一部ですがご覧下さい。

幻の安芸?

まずは当会の長ベテランのS氏が製作したEH10試験塗装機。
カツミの旧キットを全軸駆動化し台車は揺れ枕が可動するように改造されてます。
実車の客車運用は試験だけに留まり営業することはありませんでしが
ひょっとしたらこんな列車が走っていたかもと夢を乗せています。

EF200疾走

続いて今回初参加のF氏が持参したムサシノモデル製のEF200が爆走!
既に実物では新塗装化が完了し、模型のみにこの姿を留めています。

唯1両

今回の運転会のテーマ車両である「唯1両」が並んでいます。
画像左からN氏が3日で?仕上げたクハ86015、その隣がTOMIXのオハフ50を
改造した検測車スヤ50(改造と言うよりどこをどうしたらこうなるのかという激変ぶり!)
はこれも新人Fさん(さっきとは別人です。)の気合の入った一品。

この他にも撮影は出来ませんでしたがEF66901やEF500や緑のC59。
クモルやクヤなどの職用車など1両しか実車が存在しなかった20種類ほどが
集まりました。


C50

今回最も注目を集めたのがTOMIXのEF210をDCC化した1両。
作者である新人のM氏が実車から音を録音した音源でサウンド化され汽笛、
インバーター音、モーター音を奏でカンタム真っ青のリアル感です。
更にすごいのはシングルアームのパンタを電動化して遠隔操作が出来ると言うこと。
モデラーの夢を具現化した憧れの1両と言っていいでしょう。


静鉄とスカ国

こちらは常連 I 氏の真鍮キット組の70系と身延線の旧国電車。
真ん中に挟まってるのは昨年2度も模型誌に顔が出た知る人ぞ知るM氏の
ペーパースクラッチの静岡鉄道のステンレス車(形式忘れた^^)
どれも特徴をよく捉えた作品です。

C50

しっぶい蒸機は常連D氏がトビー製品をレストアしたC50。
近代型蒸機第1号として登場しましたが昭和40年代のSLブームの時も大した
注目を浴びなかったほど地味なカマでした。
が、幹事の私にとっては幼少時代に地元に配属があり馴染みのある好きな車両です。

クロ49

事前のメーリングリストで「クロ49を作れば?」との幹事の冗談に何故か燃え上がって
本当に作ってしまったのが旧国マニアのM氏。
わずかな資料だけで見事カタチにしてしまう執念に敬服です。
ちなみにこの模型、東京の某ペーパーモデル専門店に展示されるかも知れません。

グリーン車

最後になりましたが今回の大集合大会は「グリーン車」。
戦前型の優等列車から私鉄の1等車、はたまた単に塗装が緑と言うだけの
車両まで30両近くがエントリーしましたが残念ながら幹事のポカで並べただけで
終わってしまいました。 ^^;



長くなりましたので第二弾はこの辺で。
次回は参加された方のブログやホムペのUP記事を紹介します。





スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

こんばんは。
静岡鉄道は見ていません!見たかった(泣)

この度改造した車輌ですが・・・
実車はオハフ50を改造してスヤ50となり、E491系と併結するためにさらに改造を受けた際に重量が増して今回持参したマヤ50となり白地に赤いラインとなりました^^;

2009/11/18 (Wed) 20:48 | とと #mQop/nM. | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。