--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009_09
27
(Sun)15:22

迷走

ようやく竣工

この夏に買った機関車3両の最終仕上げが完了した。
時間を見つけてはこそこそ作業を進めてきたがようやく最終工程である
機番のインレタを貼る作業になった。
EF210の方はさほどコダワリも無いので単純に実車でパンタが
変更になった境目である108号機と109号機にした。

で、カンタムEF58だが当初予定していた162号機でなく
いろいろな事情があって145号機として竣工したんですが
ここに至るまでを聞いてください皆の衆。

最初は162号機として一旦は完成したんです!
さっそく線路の上においてシゲシゲと眺めて至福の時間を送るつもりが
眺めているうちにどうにも拭えない違和感に支配されてきたのだ。

なんか顔がマヌケだ・・・(‘ι_';)

理由はすぐにわかった。
正面のナンバー文字の貼り付け位置が異常に高いのだ。
青とクリームの境目くらいなのだ。

ろくに資料も説明書も見ずに適当にやった結果の産物。
少々のことは気にしない私だがさすがにこれはおかしいのでやり直し。
実はメタルインレタは貼るより剥がす方が気を使うので大変だ。
おまけに製品付属に無い番号なのでE社製のインレタを一文字づつ
並べて貼っていくのだから非常に時間がかかる。

小一時間かけてようやくやり直したのだが・・・困ったことに別の事が気になる。
E社製のインレタはそこそこ貼りやすいのだが他社の物より厚みがあるのと
表面のメッキの輝度が非常に高くキラキラしすぎているように感じるのだ。
おまけに書体自体がやや大きめなのも起因している。

新型電機なら納得できてもどうしてもEF58には似合わないのだ。
眺めながら考えること数十分、英断は下された。
結局またもや剥がしてやり直しすることにした。
E社製の代わりにT社製のインレタも持ってたがさすがにもう一字づつ
並べて貼る気力は残っていない。
結局製品付属の番号から選ぶこととし145号機となった。

結局これだけの為に費やした時間は3時間にも及ぶ。
これを無駄と思うか長く楽しめたと喜ぶべきか・・・・

考える気力すらありません。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。