--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009_09
05
(Sat)12:22

天賞堂 EF58 カンタム配備だ!  その2

ゴハチ全景

さてこのカンタム58。
まずは外観チェックから・・・

車体の素材はダイキャスト。
鉄道模型では古くから台車やウェイトなどに使用されてきたが
車体に使われた例は極めて少なくここ近年ではこのシリーズだけ。
(海外製品では結構見かけるんですが)

なぜ今ダイキャストなのか?
1番はやはりコストだろう。 
真鍮を車体にするには切抜いてプレスして折り曲げて半田付けと
幾つもの工程が必要だし職人さんに頼らざるを得ないので
どうしても高価になってしまいます。

ダイキャストではこれら複数の工程を 「鋳造」 という1工程のみで済みますし
職人さんによる技術も必要がなく機械の操作だけで同じ物が量産できる。
かつての鋳造はどうしても肌荒れ(表面精度が悪い)がひどく精密模型には
向かなかったが近年の技術向上もあり採用に至ったのでしょう。
また鋳造では出来ない細かいパーツも別付けすることでこれまでの
弱点をカバーしています。

で、このEF58カンタムですが肌の仕上げもきれいだし塗装も生きている。
ちょっと並べたくらいでは素材を見抜くことが出来ないくらいです。
また一体鋳造の利点で車体には全く歪がないのでカチッとした仕上がりに見えます。
30万円級の最新ブラス製品と比べてどうかと言われれば若干劣りますが
まあ許せる範囲に収まってると思います。

反面、鋳造なので金属製と言えどもプラスチック並みの厚みがあり
車重を稼ぐのには良いけれど近づいてよく見ると目立つ部分が散見されます。

側窓

正面窓もそうですが運転中最も目に触れる部分でもある側面窓など
結構目だって気になる方には気になるでしょう。
ガラスと車体の摺りあわせを丁寧にやればもう少し目立たなく表現も
出来るでしょうけどそこは量産品の悲しさでコストをかけれないのでしょう。

そして個人的に最も気になったのが・・・・

パンタ

激しく安っぽいパンタグラフ!

いけません!
これはいけません!(渡邉包夫節で)

どっかのクルマのCMじゃないけどカクガクシカジカすぎ!
とても6万円を大きく超える製品に付くべきレベルじゃなくこれでは25年前の
香港トミーの4800円のEF58クラスになってしまいます。(憶えてる人は40代)

線が太すぎます!!

気に入らなければ交換と言う手もありますが現在では最低でも1基3000円はするし
この58は天賞堂特有のセンタービス方式なので他メーカーでは付きません。
黒色ならまだ目立たないのですがグレーなのでなんとか改良したいところです。
このパンタの出来が全体のクオリティを下げてしまっています。

他にも正面飾り帯の表現など一言したい部分もありますが
外見に関しては75点ってところです。


次回はカンタム機能について書いてみたいと思います。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

天のパンタ

いわゆる純正じゃない(プラ、カンタム?)製品のパンタはカスがついてます。
要はその分安くしましたよといいたいのでしょうが、、、

2009/09/13 (Sun) 01:23 | てつ #vXGG8ank | URL | 編集 | 返信

なるほど~。

りゅーでんさん、こんにちは。
ダイキャストって良く分からなかったのですが、こちらの記事で納得できました。
いちおう金属だからそれだけでウレシイ気分なのですが、ディティールはやはり落ちるんですねー。
まぁゆる鉄の私にはあまり関係ない(^^ゞですし、カンタムは音でナンボですから・・・次の記事も期待しています。(^_^)

2009/09/06 (Sun) 15:30 | taka@ #UzUN//t6 | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。