FC2ブログ
2006_06
28
(Wed)06:31

貧乏でも16番!

しぶいなあ~(^^)

ひさしぶりに機関車を手に入れた。
’79年に発売された中村精密製のED19である。
私のメインテーマである飯田線の機関車なので以前から欲しかった。
近年、某高級模型メーカーから発売されたが10万円オーバーと
とても手に届くシロモノじゃないのでそれよりはるか20年前に
発売されたコレを長年探していた。

何度かオークションでも見かけたが状態が悪かったり高かったりで
なかなか入手できないって知人のモデラーにボヤいたら・・
「俺、持ってるよ」と憎たらしい返事を頂いたのが1年位前。
それから事あるごとに譲って!売って!を繰り返したが氏は
なかなか首を縦に振らず半ばあきらめていた。

そんな折、氏が古い鉄道模型を大量に処分するのでヤフオクで売って!
と持ちかけてきた。自分にもネット環境があるのだから自分で
やれば?と言おうと思ったが仲間のよしみで請け負い40両近い
車両を売りさばいた。 思ったより値段が付いて氏は機嫌よく
なったのか、ある日このED19を我家へ持ってきて・・

「俺、最新の奴買うからコレ売って!売上金半分あげるから」

買ったままのほぼ新品状態なので売れば3~5万の値は付くだろう。
こんなチャンスを逃してなるものかと・・半額もらったって面白ない。

「じゃあさ、ヤフオク代行の手数料として俺がもらうよ!」

と切り出した俺。
氏は一瞬ためらった表情をしたがもう代行出品は進行してたので
途中で断るわけにもいかなかったのだろう・・しぶしぶOK。

で結局タダ同然でゲットしてしまって俺の作戦勝ち!!
大体持ってるくせに更に最新版を買うなんて俺の前で言うからだ^^b
貧乏人を怒らせるとコワイのよ。

で、入手後にさっそく整備開始。
30年近く前のものと思えないほど動力は快調なのでそのままに
主に外見の整備をすることにした。

1・欠落してる?ライトレンズのはめ込み

2・動輪の黒染め

3・パンタ、被雷器の塗装、色さし

でご覧の姿になった。
実はこの製品、改造前のED53の時代のままの大型パンタを
装備しておりED19時代のPS15とは大幅に印象が異なる。
載せ変えようと部品を準備したのだが輸出製品の流用なのか
取り付け穴のピッチが国産型パンタとまるで合わない。
仕方が無いので交換はあきらめ黒く塗装して落ち着かせたら
案外いい感じになったのでこれで終了した。

実車が廃車になったのが ’76年のこと。
飯田線でも長野県側のみで走っていたため実際に見ることは
できなかった。
スポンサーサイト



C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック