2009_01
25
(Sun)14:10

自分なりにそれなりに  しょの3

ひさし付けてみた。
ヒサシを取り付けるには説明書にはこう書いてある。
「前面窓から0.3mmのところへ0.5mmの穴を開けよ。」
とまあ何ともサラッと書いてあるが位置決めをどうしろと?

0.3mmを計れる定規があるのか?

そこでどうやってケガキをしようかと悩んだ。
もちろんトースカンとか言う便利なケガキ工具なんて持ってない。
考えた挙句、ノギスの口元を0.3mmに設定してその口先の一方を窓枠をガイドに
もう一方の口先の角をケガキ針の代わりにして所定の位置に線を引いた。

両脇の窓桟の上に来る取り付け穴はコレでいいが中央穴はガイドとなる窓枠が
無いので目測でやるしかなかったが。

で、今度はケガいた線に円の中心が来るように0.5mmの穴を
ピンバイスで開けなければならない。
1時間半かかってようやく前後6つの穴を開けヒサシ部品を仮付けしてみた。
苦労した甲斐あって多少のずれも目立たない程度に収まった。
ただ、このエッチング部品は強度が無くすぐに曲がってしまうので
車体とは別個に塗装して、車体の塗装後に取り付けることにした為、
このあとしばらくは車体とお別れである。

しっかし16番の車両でさえこんな細かい工作が必要なのに
いま鉄道模型界で主流のNゲージで工作する人なんて信じられんな。

もう俺の目では無理。 (--;)



スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント