2008_12
13
(Sat)16:13

逆流

今から13年前のある日、その全てを友人に売って処分した。
もちろんもう2度と戻るまいと決心しての行動だった。

Nゲージの鉄道模型の事である。

プロフイールにも書いてあるが私の鉄道模型の始まりはプラレールを
飛び越していきなり16番スケールから入ったのだった。
それもの入門用の安価な自由形ではなくスケールモデルだ。
当時既にNゲージはあったが非常に種類が少なく地元で見られるような
車両は皆無だったので欲しいとは思わなかった。

だが後にNの種類が増えてきたのと16番の高価格化が始まって
付いていけなくなったのでNゲージに転向したのだ。
が、これもすぐに興味がクルマやバイクに移りあまり熱心ではなかった。

結婚してバイクを降りたときに再び鉄道模型の世界に戻ったのだが
16番ではプラスチック製品での低価格化が始まっていた時期だった。
しばらくはNと16番を同時に楽しんだが迫力に勝る16番に傾いていった。

どうにも中途半端なのが否めないので決心して16番1本で行こうと決めたのが
13年前の事である。 以後、修理依頼があったりで触る事はあっても
自分の物は一切無くなった。

で、この13年間1度も買わなかったのかと言われるとそうではない。
8年ほど前に貨車を1両だけ買っているのだ。 何故かって?
実は同形式の16番の貨車キットを組み立てる参考にするためである。

鉄道に関する書籍は非常に数が多く探せば作ろうとした貨車の図面ぐらい
簡単に手に入るがひとつ問題がある。
どんなに精度の高い図面や資料写真でも所詮は2次元なのだ。
自分の好きなアングルや立体としての造形は想像するしかなかった。
そこで思いついたのはNゲージの完成模型を参考にすることだった。
1万円を超える高価な資料本より800円の模型のが実に役に立つのだ。

で、今回新規に購入したNゲージとしては実に15年ぶりに購入したのが・・・

豊橋鉄道モ!

え! これを何の為に購入したかって?

それは聞かないで下さい。

だってそれ言うと・・・

怖いオジサン達がまだかまだかと攻めてくるので。^^A
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント