--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008_11
30
(Sun)08:05

思いつきで強行

クモハ73の製作が停滞してる理由を先日、「台車とカプラーが当たる」
と書いたらレスにもあるとおり何人からかご意見頂いた。
いろいろ考えた挙句、一番現実的なのは・・・・

カプラーポケットを削っちゃえ!だった。

これによって復元機能は無くなってしまうが常時連結する側なので
普段は気にならないだろうが決め手だだった。
さっそくカプラーとしての最低限の機能を残すところまでカッターで
切り落とし更にヤスリで整えたあと、もう一度組み立ててみると。

まだ当たりゃぁがる。σ(・´ω・`*)

これ以上削るとポケットそのものが分解してしまう。
万事休すかと思った矢先、工作机の脇に置いてあって普段
あまり出番が無いけど手持ち工具では一番高価なそれが目に入った。
その途端、とんでもない方法を思いついたのだ。
普段なら絶対考えもしないが追い詰められたウサギには
草しか噛まないキバでも立ち向かうしかなかった。

ドレメル登場

強力なトルクと耐久性で他の追随を許さない電動工具の王様ドレメルの登場だ。
これでカプラーポケットでななく、パワートラックのケースを削るのだ。
鉄道模型の生命線でもある動力源を当たるから削っちゃえとは・・・・・

風邪薬でラリッてるのか俺?

とまでは思わなかったが我ながら大胆な発想だ。
しかし ”案ずるより生むが安し ” とは良く言ったもので
いざ削り始めると強力な工具は思った以上にサクサク削ってくれるし
パワートラックのケースも結構な削りシロがあって穴が開くこともなく
簡単に済んでしまった。

なんなく完了

何ヶ月も悩ませて工作を止めていた問題はあっさり解決し
無事に装着が完了したのだ。
(画像でははめ込んでいるだけで床板が沿ってやや下寄りについている)

普段はあまり電動工具は使わないが威力の素晴らしさも再認識。
手で削ってたら数倍の時間がかかっただろう。
ようやくこれで最終段階へ進むことが出来るが、そこで出た悪いクセ。

完成する前に次の構想が頭の中を支配する。

コレが困った物で気を抜いてはいけない仕上げなのに
集中力が欠けて失敗をしてしまう経験を過去何度としてるのに治らない。
こればかりは高価な輸入工具も助けてくれない。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

やってまんな

ISの方がケース小さかったかも(^^;
って今頃書くなみたいな(^^;。

そういえば、、
旧国モデラがパワトラ離れした後にTNが普及しているかも(^^;
"走らせる模型はMP"みたいな推移がここ数年ありました。
りゅ!さん、ある意味、開拓してますよ(^^)

私的には、
大間の大トロと米沢のサーロイン、
どっちが美味いか、生きてるうちに確認したい(^^;
って経済的に無理か(爆)

2008/12/01 (Mon) 01:14 | ミスターX #OARS9n6I | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。