2008_11
02
(Sun)18:11

小さな踊り子登場

その名もほっとラム

4月頃にお伝えしたと思うがオラが街の鉄道である豊橋鉄道市内線に
開業時以来2度目で83年ぶりに新車が10月27日未明に到着。

まさかの100%低床車!まさかの連接車での登場は半年前には判っていたとは言え
この目で見ると新鮮である。 画像は我が家から2kmほど東にある赤岩車庫。
もっと近づいて見たかったけれど今回は敷地外からの見学&撮影で我慢する。

今でも詰所に申し出るだけで自由に見学させてくれるが何やら奥で忙しそうな
声が聞こえるので遠慮する事にする。
この時、周りには鉄ちゃんは1人もおらず見学も独り占めできたが
幼少の頃より何度も自由に見学させて頂いているのでワガママは言うまい。

さてこの新型車、西日本の各地ではおなじみのアルナ工機製で土佐電鉄や
鹿児島市電にも仲間がいる通称 ”リトルダンサー”の一員である。
ホンの数年前まで外国技術に頼るしかなかった低床化の技術が
いまや純国産で製造できるようになって一気に採用が増えたのだ。

2005年に廃止した岐阜市電の車両が入るまで殆どが半世紀以上前の
オンボロ車ばかりの路線だったがここで一気に・・・・

日本一新しい路面電車を持つ街になったのだ。

そりゃ嬉しいっすよ! ヾ(llllll´▽`llllll)ノ♪
たった数年でここまで変わるなんて誰が想像できたかいな!
他の都市に入るLRTを見てうらやましかったことか。
あと一ヶ月もすれば家のすぐそばをこれが走るんよ!

と感激するオレの横でポケーッとする奴が居たので・・・

愛犬も一緒に

一緒に記念撮影だ!

これで恐らくオマエは日本で初めてこの新型車と2ショットを撮った犬だぞ!
それがどうした?と犬の顔が言ってるような・・・

ちなみにこの新型車の愛称も公募で決まったようでその名も ”ほっトラム”
なんだと。

ジンギスカンの店の名前じゃねえのか?

と思ったのはかつてバイクで北海道を何ヶ月も旅したオレだからか?
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント