2008_07
31
(Thu)16:18

走りも幻?

会社があまりにヒマで有休を取れと○○サイので2か月分一辺に取った本日。
幸いあまり暑くなかったので(先週までに比べればだが)久しぶりに工作机に。
だがここしばらく工作はお休みしてたのでいきなり重い工作は無理と
飾り棚から取り出したのはこんな機関車。

幻のナカセイC63

80年代半ばに中村精密というメーカーが発売したC63型国鉄機関車だ。
ご存知の通り実物は設計まで終わっていたが実際には製造されなかった。
C58という戦中に製作された中型機関車を元に昭和30年代になって
新たに高性能化して世に送りだされる予定だった。

実物が無いのだから似ているもへったくれもないが他のメーカーが二の足を踏む
製品化でいつも先頭に立ってたユニークなメーカーの最晩年の作である。
この10数年後に別のメーカーが製品化してるがその両社とも現在は活動状況にない。
巷ではC63を製品化すると世に産まれ出る事の出来なかったカマの呪いが・・・・・。

都市伝説はどうでもいいとして模型としてのこのC63は非常に意欲的な設計だ。
このC63は基本部分が先のC58と共有できるのに何故か中村精密はこのC63だけが
目的だったのかC58は現在に至るまで発売しておらず、この超マイナーな

C63の為にだけ型を起こして製作しているのだ。
原価率の高い真鍮模型では異例である。

また当時としてはまだ珍しかったロストワックスの部品や小型の円筒形モーターを使用。
車体の作りこみも充分に高いレベルで値段も同時期の天賞堂と変わらない。
つまり一見には快作モデルと言いたいのだが思わぬ欠点もある。
簡単に言えば現時点では走らないのだ。

駆動部


モーター軸が直径2mmに対して動輪上のギヤボックスのウォームギヤの先がなんと4mm。
画像では外してあるがこの2点を同径のゴムチューブでつないであったのだ。
方法自体は現在でも見られるがボールジョイントを使ったなんて聞いた事無い。
このゴムが経年変化で弾性を無くしスリップする為に走行不能なのだ。

で、20年経った今では部品の入手は不可能なので代替部品を探したが
そもそも倍も径が違う物をゴムで無理やりつないでいるのだから嵌った所で
スムーズに走るワケがないしね。

そんな時、先日名古屋に出掛けた際に帰りに模型屋で会ったゴリガン氏から
こんな物を頂いた。

そのゴリガン氏のブログ http://gaden-intetsu.cocolog-nifty.com/blog/

ジョイント

このC63の件を以前メーリングリストで読んでいた氏が「使えない?」と用意してくれた。
さっそく受け取って今回の改良工作に使おうと実際にあてがってみたのだが・・・・

使えません・・・ orz

ちょっとジョイント自体が長すぎて入らないのとジョイントの内径がモーター軸に
比べて0.5mm大きいので回転中心が出ないのです。
またモーター自体の回転力がやや少なく感じられもう少し抜本的な改良が
必要だと判断しました。

釣り掛けモーターを他社のギヤを使って直下型にする為にブラケットを新造する
くらいしか方法が無いかなあ・・・・

解った事と言えば当面の間は休車扱いってとこかな。
実物が走らなかっただけに模型では元気良く走らせたいのですが。

スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

入院

>話が勝手に決まったようですが流されてみるのも人生です。^^

そうです。逆らわないでいきましょう。
送付方法についてはDMで。

2008/08/02 (Sat) 10:51 | 阪S #WhMpHXbc | URL | 編集 | 返信

話が勝手に決まったようですが流されてみるのも人生です。^^

来月の千葉遠征に持って行きます。

引き受けました!

私 こういう工事が大好きでして・・・よろしければお任せを!

2008/08/02 (Sat) 07:22 | 阪S #WhMpHXbc | URL | 編集 | 返信

これ、入院がてっとり早いですね(^^)

練馬区立南大泉病院へ(^^;

2008/08/02 (Sat) 04:32 | MUSASHNO #OARS9n6I | URL | 編集 | 返信

何んとか走らせましょう

ウオームギヤは芋ねじを緩めると抜けますよねー。4mmΦボールヘッド付きシャフトを抜いてボールを削り2.4mmΦにして(モーターの軸径にあわせる)シリコンチューブジョイントで繋いだら如何でしょう?削り工作引き受けますよ。
よく見るとボールジョイント側の被り(シリコンチューブの嵌り長さが短いので2mmに削って2.0Φ×2.4mmΦの精密パイプで軸長延長が必要かな?他にも手はありそうです。

2008/08/01 (Fri) 08:26 | 阪S #WhMpHXbc | URL | 編集 | 返信

お疲れ様でございます。

使えなかったパーツは、適当に始末して頂いても結構です。^^;

>0.5mm大きいので回転中心が出ないのです。
あの当時、モータの軸径はφ2.4が一般的でしたので、φ2.0という事になりましょうか。
最近のキヤノンモータがφ2.0なので、MPギヤ関係のパーツはどうでしょう?

>ギヤボックスのウォームギヤの先がなんと4mm。
しかし、こっちの数字は想像を絶する話。
鉄道模型以外の分野のパーツを利用したのか?!

2008/07/31 (Thu) 18:44 | よこやま #pkLhdCmI | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント