--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008_06
01
(Sun)07:10

塗装作業進行中

屋根塗りのマスキング

いつか終わる日が来る事を信じて作業が続きます。^^
屋根の塗装の為に車体をマスキングして1回目の色を吹きます。
マスキングテープはタミヤ、カラーもタミヤのジャーマングレイを使ってます。
グレイ系の色は種類が豊富で便利なのですが選択にはいつも悩みます。

ベンチレーターも塗装


屋根が乾燥する待ち時間の間にベンチレータの塗装をします。
屋根と同じくグレイなのですがこちらはやや色味の薄いオーシャングレイです。
ベンチと屋根のグレイの色調を変えることで屋根上を引き立たせる事ができますが
もう少し屋根色を濃くするかベンチ側を薄くしたほうが良かったかな?

まあまあ?


やはり実際に屋根に載せてみると少しメリハリが足りませんね。
ちなみにベンチレータの形状も実際には何種類もあり実車の形状と違うかも知れません。
今回使用したのは5年以上前に京都の鉄道カメラマンのT氏が送ってくれたもので
メーカーは不明ですが真鍮挽き物パーツです。

パンタ台と配管の色差し


最後にパンタ台と配管に色差しをします。
失敗してはみ出ても下地の塗料を侵さずすぐ拭き取れるエナメル塗料を使ってます。
今回の塗装はここまで! と書くとスムーズに進行してるように見えますが
実は最初の屋根のマスキングで吹き込みがあり修正したのですが目を近づければ
跡が目立ちますし、パンタ台まで塗ったところでサフェ修正時に気が付かなかった
大きな傷が屋根に残ってしまってます。

悩んでいるよりも次に生かせばいい!とそのまま進めています。


話は変わりますが先日大型書店のモデルコーナーに行ったら面白いもの見つけました。

新兵器?


手前が普段使ってる普通の工作用物差し。
奥が今回見つけた模型用縮尺物差し。

どうやらミリタリーモデル用らしく表が1/72スケール、裏が1/48スケールの目盛りです。
まあ別にスケールはどうでもよく目をつけたのはこの物差しには多くの穴が開いてる事。
等間隔に罫書きをする時や手すりの曲げ冶具として使えそうと思って購入しました。
今回の工作ではもう使う事も無いですが後で後悔しない為にも

見つけた時に買っておく

のは鉄模界の鉄則だと言う事を過去に思い知らされております。^^
ちなみに500円でした。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

>私も1つ欲しい。

 ”モデルーラー”で検索すれば詳細がわかりますよ。

そのモノサシ、良さそうですなぁ。
私も1つ欲しい。

2008/06/01 (Sun) 22:28 | よこやま #pkLhdCmI | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。