--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008_04
29
(Tue)21:05

今日もやってみるべ

天のD51東北型


今日の工作に選んだのはコレ。
天賞堂製D51の東北型重装備の61号機仕様だ。
2000年頃に同じ東北型の1号機とほぼ時を同じくして発売されたが
キャブ屋根の長い1号機の方が人気があってこの61号機のほうは
しばらく店頭に残っていた。 ちょっとかわいそうなカマ・・・・
今日はこれに石炭を積む事にする。

発泡スチロールを削る


石炭は製品に付属してるがそのまま使ったのでは量が足りないので
なんらかの底上げが必要になってくるがやり方は人それぞれなのだ。
で、私の場合は上げ底のベースに発泡スチロールを選んだ。

まずテンダーの炭庫の大きさに合わせてスチロールを削り、更に
山形になるようにカッターで整形する。

ふりかけ準備


整形が終わったら黒マジックで全体を塗り、薄く水で溶いた木工ボンドを筆で塗る。
なお模型用の石炭は数社から発売されてるが天賞堂の機関車に付属してるやつが
一番小粒でスケールに近いと思います。
なおボンドの水溶液は良く混ぜ合わせる為に蓋のついた風邪薬のビンを使ってます。

まぶすまぶす


下地が見えなくなるまで石炭を振り掛けます。
一旦固まったら今度はスポイトで水溶液を上から垂らして更にもう一度振り掛けます。
本来なら気に入った形になるまで何度も繰り返すのですが今回は初めてなので
2回やって終了です。

できあがり!!


上面以外の余分な石炭を指で落としてテンダーの炭庫にはめ込みます。
外れてしまう事はまず無いですけど心配なら両面テープで留めます。
出来上がりを見るとまだ山が少し丸いですね。
実車の状態を見ると重油タンクを積んで炭庫が通常より狭くなってるので
キャブ屋根の高さを越えるくらいとんがった積み方をしてる場合が多いです。

まあ気に入らなければすぐに外して直す事も元の状態にする事も出来ます。
テンダーそのものに石炭を固着することも出来ますが、このように脱着式に
しておいたほうが何かと都合がいいかと。

で、製品状態よりは少し実感的になったのですが現役然とした姿にするには
ピカピカすぎていけませんね! ウェザリングした貨車をつなげると違和感バシバシ
なんでぜひ機関車もウェザリングしたいのですが、ひとつ間違えると
実感的どころか・・・・・20万円の機関車が・・・・

ただのキタナイおもちゃになってしまうのでなかなか実行できません。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。