FC2ブログ
2008_03
30
(Sun)22:00

家族でお祝い

すし懐石

私の3人の息子のうち上の双子が二人とも高校受験で無事に

県立普通高校に合格!

しました。
と言っても第一志望は見事に落ちたんですけどね。
それでも二人揃って私立なんかに行かれた日にゃ親父の小遣いなんて
真っ先に減額されるでしょうからまずはメデタイとしましょう。

本当は第一志望に合格したらのお約束だったんですが連日深夜まで
精一杯がんばってくれたので息子の大好きな寿司屋さんに家族6人で
行って参りました。

大人は寿司懐石、子供は盛り合わせを食したんですけどさすがに
回転寿司とは違って結構なお値段でしたが味は良くて満足です。

で、いつになったら模型ネタに戻るんだ?

とそろそろお叱りが来そうなのと春の運転会も近いので寿司屋で一杯飲んでしまいましたが
机の上に整備をと1台の機関車を取り出しました。

E10天賞堂やよ!


ご存知国鉄最後の新製SLでもあるE10(天賞堂製)だ。
薄幸モノ車両大好きな私なのでこの機関車も例に漏れない。
実車は製造後1年にて本来の職場を追われ各地を転々とするも「使いづらい」と
どこにも歓迎されず最後に北陸本線の交直接続の為だけの使用となり
わずか14年で生涯を閉じてしまった・・・昭和38年のこと。

・・・・で、机に取り出したはいいものの少し眺めているうちにアルコールが効いてきて
眠くなりやはり整備は中止になった。
実は過去にやってしまったことがあるんです。

ほろ酔い加減で整備を始めたものの当然手はおぼつかない動きではかどらない
まあいいやと棚に戻そうとしたときにそれは起きてしまったのです。

天賞堂のC62を落下させてしまった。

そりゃもう悔やんだの悔やまないのって・・・・
初めて新品で買った天賞堂の機関車は無残にもベッコリ凹んでしまって・・・・
己の浅はかさをこの時ほど呪った事は生涯ありませんでした。

以後、酒を飲んだら車両に触れないようにしています。
もっとも花月園ではやってしまいますが・・・・^^;

救いだったのはその凹んだ機関車でもヤフオクに出したら70、000円で売れました。
定価は125,000円だった機関車なんですが半額以上で買う人が居たのです。
凹んでて直すには相当の技術がいるのに関わらずです。
この時ばかりは「天賞堂ブランド」に感謝しました。
スポンサーサイト



C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック