--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006_01
28
(Sat)15:25

初めてのブラス電車

宮沢製流電

実は前回のEF10の後、飯田線車両の入線はしばらくありませんでした。
そもそも戦前型の完成品など模型ではほとんど無いのです。
旧型といえば戦後型の63、70、73、80型はありましたが
戦前型となると特製完成品くらいしか無くてそれらは
当時のボーナス全額使っても2両買えるか? ちゅうくらい高い。

ちょうど名古屋にも足を伸ばし始め通い始めたお店がありました。
そこの店長はとても面白い人で素直。店全体の雰囲気も気に入って
すぐに好きになりました。

ある日たまたま出張で名古屋に行っていた友人から電話。
「いま例の店に寄ってるけどいいのがあるぞ」と情報。
その頃、EH10という機関車も好きな私は20年以上前に
発売された製品の中古を探していました。
それを知っていた友人が気にかけてくれてたのでした。

さっそく口座から貯金を下ろし車に飛び乗って名古屋の店に・・
無事に機関車をゲットして帰り支度をしていると店長が
なにやら箱を持って出てきて私に一言聞いてきました。

「これって幾らくらいの値段つけたら売れると思う?」

どれどれといっぱしの鑑定団ぶって中身を見て
しばし固まりました。
それが写真の「宮沢製流電4両セット」だったのです。

飯田線の旧型引退の後のブームで発売されたもので
スカ色流電の完成品は現在に到るまでこれだけ! という
私にとっては喉から手が出る逸品なのです。

「店長!来週まで絶対取って置いて俺が買うから」

って言うのが精一杯。
それにしてもたった今4万円の買い物したのに
来週にまたお金が用意できるのか??

はい、用意しました。
人間死ぬ気になれば何でも出来るのだとこの時悟りました。
そんな私の必死の形相に心優しい店長は箱に貼ってあった
当時の値段のままで譲ってくれたのです。

帰り道・・
箱を抱えて泣きました。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。