--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007_12
24
(Mon)11:23

処女作

どこが改造車?

来春の花月園運転会のテーマ(お題)はKATO製品改、略して「カトチャン改」である。
もちろん主催者である私がいつものように思いつきで決めたものである。
私自身もKATO製品の8割を所有しているが、まだネタを決めてない。

画像はプラ貨車の改造車としては処女作になるタキでもう7~8年前に作った物だ。
はて? 見たところKATOのタキ43000そのままじゃないの?と思う方もいるだろう。
模型の世界でも貨車分野はシェアが低くく機関車のお飾り程度の認識しかない。
狭い世界なのだがその分非常に奥が深いのが魅力でもある。

実はこの貨車、KATOのタキ43000の胴体を1.6cm程切り詰めて
タキ44000風にしてあるのだが貨車に知識の薄い人ではまず判らない。
隣にオリジナルを並べれば比較によってすぐに判別するのだが単体で
それを見つけることが出来るのはコアな貨車マニアだけである。
その証拠に年に2回の運転会に必ず持って行って走らせてるが・・

誰一人気づいた人がいないのだ!。

もしかしたら気が付いても言わないだけなのかも知れないけど
それを面白くないと捉えるか「誰も気づかねえじゃん。」とほくそ笑むかは自由だ。
華やかな特急列車よりも地味な荷物列車やら貨物列車が好きなのだから
運転会であまり注目されないのは慣れっこで宿命とすら受け止めている。
私もむしろ気づかれないことに喜びを感じ始めてる。 (←病気かも^^)

さて改造内容であるが説明するほどのことは大してない。
全体を一旦バラし胴体の溶接線(リブ)に沿って切断して再度接着するだけ。
接着後の切り継ぎ跡も溶接線で目立たないので再塗装すらしていない。
ちなみに梯子の位置や床下の配管や胴体の札差なども一切変更して無い。
だから実際のタキ45000と比べると全く違う物だが表記を変えてシルエットが
似ていればそれらしく見えるのである。

言わば最近流行の偽装である。

スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

確信犯

タキ43000を切りつめてのタキ44000化、私もやりました。ただしKATOの出来の良い完成品を切る勇気はなかったので、当時はまだ入手可能だったホビーモデルのキット。

細かなところはともかく、切りつめだけで結構それらしくなりますよね。作者自身、そんなに細かなところまで違いがわかっていないので、自分が似ていると思えば、それで良しと。

そういえば何年か前、初めて花月園に持っていったとき、あっさりりゅーでんさんチェックが入ったのを思い出しました。

2007/12/28 (Fri) 17:34 | なかむら #LwtkaH2o | URL | 編集 | 返信

テストをかねて

私は、偽装すら上手く出来ません。 自由形なら~~~。 オシ14/25とサハシ165から、サシ157なるものを作ろうとしています。

自宅に初めて入れた、マックから書いています。

2007/12/24 (Mon) 11:38 | TEXAS #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。