--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016_06
25
(Sat)12:12

苦しいスタート

コラボする

3年半ぶりの工作スタートは台車のシルエット向上から。
日光モデル製の台車をアクラス製の分売部品を使って精密度をUP。
もちろんメーカーも素材も違う2つの部品はそのままでは付かない。

日光モデル製にも後付のブレーキシュウが付属してるのだが
ダイカストという素材の制限上、細く精密には限界があるので
アクラス製のプラ成型部品を流用するのである。



加工開始1

まずはブレーキシュウ側の取付リブを削った後に1mmドリルで
穴開けし、その後1・5mm → 2・0mmと順に広げていく。



ボルスタ

台車ボルスタ側にも穴を開けるが1mm→1・5mmの後は
2mmタップを切りブレーキ部品をネジ止め出来るようにする。
とまあ、これで組み立てれば工作終了とお手軽に思えたが・・・


そうは問屋が卸さない!


実際に組み立ててみるとプラとダイカストがあちこち干渉し
車輪の転がりや上下の動きを阻害してしまっている。
プラだから短絡の心配は無いけれどこれではまともに走らない。

通常のプラモデルみたいに静態鑑賞が目的なら問題ないが
鉄道模型は走ることが前提なので足回りの不備は大問題で
これをクリアしないとどこにも走らせに持って行けない。

再度バラして削ったりして微調整すること1時間。
最初のは穴位置のズレで修正不可能なので結局放棄。
2台目により慎重に加工してどうにか合格点を出せた。


前後

右が製品のまま、左が追加加工後である。
足回りのスカスカ感が無くなり見ごたえある外観となった。
とはいえ線路に載せてしまえばほとんど見えない場所になる。

持ち上げてひっくり返し眺めた時にニタニタする為だけの工作。
まあ趣味の世界ですからどこで自己満足するかは個人の勝手。
他人に見られない所でニタニタするくらいは許してくだされ。^^

それにしても3年半もろくに手を動かしていないと勘が狂ってる。
道具の場所も判らないし何をするにも加減がわからない。
頭では出来るつもりでも体は忘れている。

それに老いが追い打ちをかける。

もうね目なんかショボショボで手元なんか見えやしない。^^;
2mmのビスを掴むのにもアタフタする始末で単純な耕作ながら
加工と調整で結果が出るまでトータル2時間近くかかってしまった。

これから少しずつでも進めていけば勘も戻るかも知れない。
台車は2台1組なので、もう一組加工しないと完成にはならない。
だけど今日はもうヤル気がない・・・・。


想像以上に疲れました

楽しかったけどね。^^



スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。