--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016_06
08
(Wed)21:13

2016夏 花月園運転会

向かう伊豆

先週の週末は年2回恒例の伊豆修善寺での運転会でした。
2代目を引き継いで16年目、本来は4月開催が正規ですが
いろいろあって遅れに遅れて初の6月の開催となりました。

まあ毎回の事なので事の顛末をツラツラ書いてもつまんない
ので今回は参加車両の紹介にとどめたいと思います。
参加者の方は秋田・埼玉・東京・神奈川・愛知・滋賀・岡山と
1都6県から総勢23名でした。

ゆに2



まずは今回の大集合のテーマ 「ユニ客車」 です。
昭和61年にトラックに輸送を奪われ廃止されましたが30年以上
経った今でも愛好者は絶えない郵便・荷物用客車です。

集まった車両は予想をはるかに超える150両!
半世紀を超える16番スケール鉄道模型の世界でこれほどの
ユニ客車が一度に揃ったのは、あらゆるイベントの中でも
史上初の快挙ではないでしょうか! ^^


157

大集合につづく 「プチ集合」 のテーマは157系電車。
実車は試作的要素が多く、編成上の制限と数の少なさで
転用が難しく登場から僅か17年で活躍を終えた不運でしたが
こういった車両に想いを寄せるのは私だけでは無いんですね。^^
実車は皇室用を含む32両がありましたが模型はそれを超える
44両が集まってきました。



NK

本来はこの運転会の今回のお題である 「日本急行」シリーズ。
10年以上前に競作テーマとして誕生した電車の復活会です。
かつては専門誌にも取り上げられたのでご存じの方も多いかな?

この日本急行は実在する電車ではありません。
モデラーの皆様がそれぞれの想いを胸に夢想した仮想電鉄の世界。
朱色と黄色のカラー、旧型国鉄電車の足回りというルールに従って
制作されました。

実物の存在しないフリーランスは軽視する方もいますけれど
実は模型センスと制作力量が問われる大変高尚な世界です。
存在しないモノをいかにもありそうに見せるには実物をトレースする
スケールモデルの世界とは明らかに違う感性が必要になるのです。

まさに夢をカタチにした世界です。

この他にも多くの車両が集まり、モデラーとして幸せな2泊3日でした。



※ 今回はコンデジの調子が悪かったので参加モデラーさんから
   許可を得て、画像を借りて掲載しました。





スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。