--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016_05
21
(Sat)22:49

オヤジの休日 160521

これから整備

久々に予定の無い休日。
とは言っても妻が仕事の当番で1日中家事をしなければ
ならないけれど、その合間を縫って愛機の整備をしようと。
洗濯 ・ 布団干しを終えたところで作業に入ります。


スクリーン変える

まずは先日のGWのツーリングのアクシデントで割ってしまった
スクリーンを交換することにします。

※ このアクシデントについては連載中の四国ツーリングにて
   後日記事にします。


これまではクリアーなスクリーンを付けてましたが今回は
同じメーカーの同サイズですがスモークタイプを選択しました。



りりしい?

割れたスクリーンは外しましたけど取付金具はそのまま
これまでものを再利用しましたので交換は10分で終了です。
スモークもなかなかこれまでと違う雰囲気で悪くないですね。



LED2

続いてヘッドライトのバルブをハロゲンからLEDに変更します。
2003年以降のオートバイは常点灯が義務化されましたので
走行中は常に点灯状態になりますので高寿命のLEDに
試験的に導入しました。

変更と言っても通常のバルブ交換と同じでポン付けなので
難しいところは何もありません。
ちなみにリヤのコンビランプは昨年の北海道ツーリング前に
交換して好結果を得ています。


点灯状態

取付後の試験点灯です。
基盤にLEDチップが載るという構造上の制約でヘッドライトの
レンズ面の上半分しか光っていませんが光量は十分ありまして
夜の走行に不安も無さそうです。

※ ただし光軸の関係で車検は通らないと思います。
   試される場合は自己責任でお願いします。



プラグ交換

最後にセカンドバイクのウサ姫のプラグ交換もついでに実施。
現在のプラグがいつ交換されたものか判らないので念の為に
交換しておきました。

2サイクルエンジンの場合、半年~1年くらいで交換して
置かないと性能に大きく影響する場合が多いのです。
案の定、交換して外したプラグは真っ黒に焼けてました。
ここまでの整備は僅か30分程で出来ます。

いつもここでも言うのですが今日の整備の内容でも
お店に頼めば安くない手数料がかかってしまいますから
趣味としてバイクに乗る以上、最低限の整備は覚えましょう。

お金を出せば何でも店がやってくれますが、それでは
機械に対する愛情はいつまで経っても育まずちょっとした
きっかけや気分で手放すことになってしまいます。

きっかけはともかく一度はバイクに乗るという選択を自ら
出したのですから長くかかわっていく為にも手間という愛情を
注ぎましょう。

好きになるという入口は同じでも情があって手放せないという
領域に達するまでには手間暇の掛け方で大きく違ってきます。
めんどくさいからとか判らないからと言って自分で何も調べず
試さずでは一生の趣味には根付かないと思います。

難しいことを言ってるのでありません。
最初はネジ一本増し締めするくらいで十分です。
ドライバー1本でネジを締める。

言葉に書くと何でもない事のようですが、締め加減や
ドライバーの選択など整備の基本が多く詰まっています。
そして大事なのはそれを自分でやるという意識です。

お金だけ出して手間を惜しむとロクな子供に育たないのは
人間と根本は一緒だと思うというのは言いすぎでしょうか?
でも思わずに居られないほど薄っぺらいライダーが増えたのは
事実です。

オートバイが好きではなくて格好よく見せる手段として利用する
だけ、社会生活のうっぷんを晴らすためだけに乗ってるような
ライダーが増えたような気がします。

それじゃあつまらんよな。




スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。