--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016_03
20
(Sun)18:39

オヤヂの休日 4

前回の更新よりまた20日程経ってしまいました。
このところ週末になると体調崩していて先週の土日も
食あたりして高熱と下痢嘔吐に苦しんでいました。

で、やっと普通に元気で天気も良い休日

何をするかといえば・・・・



整備の日320

春のツーリングに向けて相棒の整備です。^^
今日は以前より調子の悪かったフロントブレーキの
ワイヤー交換をしたいと思います。

(工具箱の左に置いてあるのが新品のワイヤーです。)

ウサ姫は約50年前に製造を終えたバイクにしては
現在でも多くの消耗部品が入手可能です。
当時のストックを販売しているものもありますが
ブレーキワイヤーの部品は現代の規格品と互換が
出来るので比較的容易に代替え品が生産出来るようです。

とは言っても自分で必要な素材を買って来て1から
作るのは効率やコストの面で負担が大きいので
予めポン付け出来るように加工してくれるメーカーや
個人の方の存在が大変ありがたいです。


整備の日320 2

整備の基本であるバッテリーの端子を外します。
直接は関係ないのですが、ワイヤーの引き回しで
ハーネス部分にも手を入れるので念の為です。


整備の日 3

次に古いワイヤーケーブルを取り外します。
容易に外せるようにレバー側のワイヤーは先に外してます。



整備の日3202

新しいワイヤーに取り換え、ここまでの整備時間20分。
この後は調整に入るのですが思ったよりブレーキライニングが
減っているのか、ちゃんと効くようになるまで30分掛かりました。
そして家の前で動作チェックをすると・・・・・・

今までの3倍は良くなりました!



古いワイヤーの抵抗がかなり強かったようで、交換後は嘘のように
スムーズに・・・というよりよく今までの状態で乗ってたなとガクブル。
古いバイクなんてこんなものかと思い込みが相当酷い状態のまま
走っていたこと考えると今更ながらゾッとします。

この後、外していた各部を元に戻して整備終了です。
使った工具はスパナとドライバーだけと比較的工程は簡単ですが
ブレーキと言う安全に最重要部品なので細心の注意が必要。

極端に言えばネジの締め付け一つで命に係わりますので
普段整備をしない方が見よう見まねでやらない方が賢明です。
ちゃんとお金を出してお店の方にやってもらいましょう。

ちなみにウサ姫のようなビンテージは普通のお店では
整備を断られる場合が多いので自分でやれない方が手を出す
のはリスクが大きく、敷居の高い原因にもなってます。

本当に面白いものは

比例してリスクも高い



このバイクも当て嵌まるようです。

てなっ  ^^




※ いつのまにか90万ヒット達成してました。
   ご訪問いつもありがとうございます。





スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。