--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016_01
05
(Tue)14:29

52歳で初めての経験

陸運

連休最終日、最後の用事を済ますべく出かけたのは陸運局。
別に殴り込みに来たわけじゃない、然るべく手続きの為です。
めんどくさいんですが法で決まっている以上避けられない。

愛車はっちゃん(W800)の車検です。

一応月末まで期限はあるのですが土日は営業しない
お役所ですので有給を取らなくて済む連休中に済ませます。
生まれて初めてユーザー車検なるものに挑戦してみました。


陸運1

一応手順は先に受けた友人からメールで詳しく説明を頂き
ましたが、それでも初めてなものはそれなりに緊張します。
午前8:45の開所時間を待って、まずは必要書類の購入と
重量税・自賠責保険料の払い込みで収入印紙込みで
18、000円少々を現金で支払います。


陸運局2

購入した用紙に必要事項を書き込み窓口に提出してOK
もらえば母屋の隣にあるテストセンターへ行って2000円を
払ってヘッドライトの光軸調整を済ませたらいよいよ本審査。



陸運局3

最初に書類に不備が無いかここでも再チェックして係員の
合図を元に灯火類の機能チェックとハンマーによる打音で
重要部分のネジの緩みを調べて合格なら屋内の検査場へ。

シャシーダイナモの上にバイクを固定しブレーキとメーターの
作動テストを前方の電光掲示板に表示される指示に従って
ここでも合格ならいよいよ最後に排ガス検査。

すべて一発合格しました。^^b

ちなみにこの日は空いていて朝一番の手続き開始から
書類購入→自賠責払込→書類書込み→事前調整→本審査
合格証受取りまで1時間も掛かりませんでした。

つうか2輪はオイラ一人だけだったので ^^


最初の懸念よりはるかに簡単だったし費用も2万ちょっとと
販売店に任せて手数料取られるより半額以下で済みました。
ただ注意してほしいのは本来なら販売店でする整備を自分で
しなければならないので全てが自己責任になるという事。

慣れれば簡単なことなんですが安いからというだけで
整備を怠った車両を持ち込めば係員もプロですからすぐに
不合格・再検査になり手間も倍以上になったりします。

今回の私も出発の1時間前から各部の目視点検、ネジの
ゆるみ、油量、動作機能を確認してから持ち込んだので
一発合格が出来たのです。


自賠責

帰宅後に新しい自賠責ステッカーを貼ってこれで終了です。
これでこの先2年間の道路走行許可を頂いた事になります。
ちなみにこの3年間の走行距離は27100kmでした。

※ 費用に任意保険は含みません。
   もちろん私は別途手続き済。


スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。