--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015_10
19
(Mon)09:18

ウサギは餌だけじゃ飛ばない

カタログより
昭和42年の大卒初任給が23000円位だったことから換算すると
現在では約100万円と庶民の足にしては高かったことが伺えます。


私の所に来たウサ姫は過去に一度?レストアを受けており
その際に複数の固体から部品を流用移設したみたいなのだ。
元々は数多くあるS301型の中でも最終バージョンに当る
B4型(1967~8年式)だと車体番号から分かる。

しかしスピードメータケーブルは初期のA型の物らしく
微妙に長さが足りないし舟と呼ばれる車体のメインカバーは
恐らく302T型と呼ばれるツーリングバージョンの物みたいだ。
その他にも整備しているといろいろ気が付く。

とは言っても基本骨格はほとんど変わらないので流用しても
何ら問題は無い場合が多いし厳密にオリジナルを求めている
わけでもない。

実際に博物館に復元されて収蔵・展示されている固体でも
そうした相違はラビットに限らずよくある話なのである。
見えてる部分でそうなのだから中身なんてどれも怪しい。^^

問題なのは出回っているラビットの中古車(ごくわずかだけど)
のほとんどは完全レストアされたものを除けば何らかの欠品
があるので、あらゆる手段を投じて入手しなければならない。



ケーブルとステップゴム

昨日夕方、友人のピットから戻ると黒猫が兎の部品を届けてきた。
フロントブレーキのケーブル一式とタンデムステップのゴム部品だ。
ケーブルの方は予備として購入しておくもので今回は使わない。

ステップゴムは我が家に来た時、既に代用品が貼られていたが
左右別々のものが付いてたし、剝れかけて実用にならなかった。
タンデムするわけじゃないので実用とは言えないが外観上欠品の
ままだと見苦しいのでちゃんとしてやろうと。


ステップ(裸)

ここがタンデムステップゴムを貼るところである。
既に代用品は剥がしてあり、いつでも貼れるようにしておいた。
今回購入したステップゴムは当時の在庫品ではなくて
愛好者の為に個人が復刻生産したものだ。



説明書き

なにやら説明書きが入っていたので読んでみる。

接着剤で付けるのかよ!

書いてある事情の通りだから仕方ないだろう。
復刻部品であっても100%オリジナルのままには出来ない。
作ってくれる所があるだけでもありがたいのだ。


接着前


取付前にあてがってみると右ステップは良かったが左側は
少々形状が違うようだ。 当る部分は切って対処する。
しかし塗装面に接着は不安なので強力タイプの両面テープで
貼ることにしよう。

幸いこの固体はステップに変形無くて板金修理する必要も無く
塗装面も塗り直されててキレイなのでこのまま行けそうである。
ただし二度と剝れないくらい強固に取付が必要だ。

なにせ今回のステップゴムとケーブルだけで振込送料含めて

13000円もかかったのである。

これだけで私の月のお小遣いの40%が飛んだことになる。
旧車道は険しく厳しくひもじいけれど・・・楽しい!^^

はい、すでにオビョーキです。(w




スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。