--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006_01
28
(Sat)14:06

私と飯田線

豊橋に生まれ育った私にとって飯田線は身近な存在です。
ある程度行動範囲が自由になった中学生の頃がちょうど
豊橋区の戦前型の晩年で卒業が近づいた頃にクモハ52を
含む多くの戦前型が引退していきました。

この引退までの2年間というもの毎週末に駅に行き
ホームに停車中の電車を観察したり近くの駅まで
乗車したり、当時はいつでも事務所で名前を書くだけで
機関区(現運輸区)の中を自由に見たりと今思えば
夢のような時間を過ごしました。

そして高校に到っては飯田線で通学となり毎週どころか
毎日飯田線に乗れるようになって私の飯田線好きに
拍車をかけました。

通学の頃には80系電車が主力になってましたが戦前型も
半数近く残っており楽しむことが出来たものです。
そして高校を卒業し成人を迎える頃には80系も戦前型も
永遠に去って行きました。

模型は当時Nゲージを楽しんでいたのですが飯田線の
模型など16番でも珍しい時代で製品など皆無でした。
その後、数年経ってグリーンマックスから飯田線の
ブームに便乗するようにキットが発売されましたが
その頃にはやや情熱が冷めていました。

それから10数年経ってある事をきっかけに
飯田線を集めようと燃え上がったのでした。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。