FC2ブログ
2016_02
27
(Sat)19:53

オヤヂの休日 その3


27日土曜日休日、本当なら早朝から出かけようと思ってた。
しかし、昨夜ジムでの運動を張り切り過ぎたのか見事に寝坊。
仕方ないので午前中は録画したテレビを見て過ごす。


ポンポコ

今日は妻は仕事で当直で明日の朝まで不在。
夕飯はカレーを煮てあるので困らないけど昼飯はどうしよう?
買い物でかけるのも億劫なので家にあるものを探すと・・・。

出てきましたよ東三河人のソウルフードと言っても過言でない、

ポンポコラーメンが! ^^

愛知のラーメンと言えば名古屋の寿がきや、碧南のキリンが
近年結構メディアに登場し有名だが、これはどちらも愛知で
言えば西三河のメーカーが作っているもの。

東三河で製造され長年愛されているのはこのポンポコなのだ。
社員50名の小さな会社だし、大手と違ってTVCMなど無いけれど
愛知県の東半分の東三河地方で知らぬ人は居まい。


ぽんぽこす

さっそく冷蔵庫の余りモノから白菜、ネギ、焼き豚、卵を使って
豪華な?昼食が完成しコショウをいっぱい振って食す。
近年のラーメンに無い素朴な味だし幼き頃から細胞に
刻まれているので飽きることが無い。^^


菜の花うさぎ

なのはな1


腹も満たされたのだが既に午後一時と遠くに行くのは
無理なのでウサ姫に乗って南に向かいます。
途中で黄色のウサ姫にピッタリな菜の花畑で撮影。

作秋にウサ姫のオーナーになってから考えていて
待ち望んでいたショットが撮れました。


いらご

自宅から1時間ちょっと走って到着したのは
渥美半島の先端にある伊良湖岬です。

なぜか昔からクルマでもバイクでも新車でも中古でも
我家に来たら最初に行くことが多い場所なんです。
往復約100kmと(やや大回り気味に行ってだが)
慣らしやインプレッションにちょうどいいという理由。

ウサ姫の場合、納車直後から色々あってなかなか
来ることが出来ませんでしたが、これで無事に我家の
仲間入り儀式を終えることが出来ました。

ちなみにここ伊良湖岬は別名「恋人岬」と地元では
呼ばれてまして休日の今日は上の画像にはありませんが
カップルだらけで中年オヤヂ独りでは居場所が無い。


写真撮ってすぐ退散しました。(笑)

スポンサーサイト



2016_02
25
(Thu)22:17

「銀の旅」 予告編


昨年の9月に職場の上司に突如呼び出されて
「今日の帰りに組合事務所に寄ってくれ」と告げられた。
確かに私も労働組合に所属する1会員だが組合で役も無いし
建屋の外れにある組合事務所なんて、まず行く機会が無い。

「ヤバイな、俺何か悪い事バレたか?」

いや、もちろん何の心当たりも無いのだが。^^

りょけん



恐る恐る事務所に入って受付のお姉さまに名前を告げると
画像の封筒を手渡されてようやく理由がわかったのだった。
昨年の5月に勤続20年だったのだが遅れに遅れて今頃
会社からのご褒美が届いたのだった。

※正確には支給のお知らせが9月で実際に手渡された
  のは12月末でした。


わが社では勤続5年ごとに何らかの支給があるのだが
それまでは1万円程度の商品券だったけど20年になると
会社と提携ある旅行会社の金券と一気にグレードアップ。

その額20万円分!と決して小さくない

ただし旅行券だから旅行以外には使えないし本人と
血縁か同居家族に使用が限られるのだ。

ちょうど良いことに年が明けての今年はちょうど
オイラが妻と結婚して25年目になる。

世間一般で言う銀婚式の年!
20周年の時に飛騨高山に旅行して以来の
夫婦二人旅にこの旅券を充てることに決定しました。

まず悩んだのが行先
ひとり辺りの予算が10万円で、休みは取れても3~4日。
これで一体どれほどの旅行が出来るのだろうと悩みました。
当初は沖縄も候補に挙がりましたが夫婦で話し合った末に
決めた行先は・・・・・


パンフ

てゅわいわ~ん!!


既に申し込みも終了し3月31日より3泊4日に決定です。
日程は短くてもゆっくりしたいので3泊とも台北市内の同じ
ホテルに滞在しそこを拠点にうろつくツアー。

新婚旅行以来25年ぶりの海外渡航。
楽しみやら不安やらありますけれど決まった事です。
どんな旅になるのやら・・・・・。

え、不安って何かって?
そう、オイラは船でもバスでも電車でも乗り物は大概平気
なのですがアレだけがどうしても苦手なんです。


飛行機に乗らなきゃならんのが。^^;


まあ、沖縄選んでも変わらんけどね。







2016_02
22
(Mon)21:43

オヤヂの休日 その2


向かった先は自宅からは割と近い先週開通したばかりの

新東名214


新東名の新規開通区間です。

今回開通したのは浜松いなさJCTから豊田東JCT間の53km。
オイラが居を置く豊橋市からは東西どちらに向かうのに

まったく通る必要の無い区間でして
ならば、一度くらいは無駄に走ってみようと思いました。

家を出て最初に静岡県三ケ日に向かいまして東名高速下りに
入って三遠道路を経由しJCTから新東名に入ります。
目的は今回の開通区間に2つあるSAとPA。

実はこの日、低気圧の影響が残ってて増して山間部のみ
走る新東名は強風の洗礼で横風にぶっ飛ばされそうに
なりながら必死になって走ります。


PA

30分後に最初の目的地 「長篠設楽原」に到着しました。
なかなか凝った造りのPAでして建屋は陣屋風に徹底し
各部のディティールもこれまでのPAと一線を画しています。

背後に見える丘は長篠の合戦時に織田軍が本陣を置いた場所で
登って行く階段が設置されており何か再現されているようですが
私は強風の中の走行でへとへとだったので登りませんでした。^^

画像では見えませんが建屋の裏にはかつての合戦の場を
一望できる展望台が設置されております。
これも階段が長いので行きませんでしたが。



自販機1

気に入ったのはこの自販機の並びですが何が普通と
違うかわかりますか?



自販機2

なんと7台の自販機を連ねて1枚の合戦の絵が描かれています。
まさしく日本でここだけの合戦絵が装飾された自販機ですね。
力の入れようが半端ではありません。



自販機3

別の場所にある1台は織田軍の幟とカブトとまあ
ここまでやるか? の西軍派に徹しています。
武田派には居心地の悪いPAでもあります。^^


この後、メインの岡崎SAにも寄ろうと思いましたが
入り口前から長い渋滞が続いており、いつ入れるか
判らない状態だったのであきらめて帰路に着きました。


少し状況が落ち着いてから行きたいと思います。
ちなみに三ヶ日 - 岡崎間はETC休日割りで740円でした。










2016_02
21
(Sun)22:02

オヤヂの休日 その1

珍しく何も用事の無い休日。
久しぶりにプラモデルでも作ろうかなと思ったけどせっかくの快晴。
そういえば一カ月近くバイクに乗ってないので出かけることに。


用品店1

まずはウサ姫に乗って次回の整備の為にギヤオイルと
来月の海外旅行にも使えるショルダーバッグを購入。



美術館

その帰りに普段は滅多に行かない地元の美術館へ。
この近辺は犬の散歩で良く来るけどこの建物に入るのは
10年くらい前の竹久夢二展以来になるのかな?



プラモデル展

昨日から始まったタミヤとファインモールドによる模型展。
美術館なので内部の撮影は出来ないのはご勘弁を。
模型好きのオイラにはなかなか見ごたえがありました。

※ファインモールド社は我が町豊橋にあるプラモデルメーカーで
  宮崎駿アニメのとかスターウォーズメカの製品化で有名です。


はっちゃんGO



一旦自宅に戻って昼飯食った後はW800(はっちゃん)に
乗り換えて再び出発します。^^
どこへ向かったかと言うと・・・・



次回につづく





2016_02
07
(Sun)19:09

オトナの遠足

犬山駅

日曜日の朝、午前7時に豊橋駅に男女7人が集合して
眠い目をこすりながら向かったのが愛知県の西のはずれに
ある犬山遊園駅に着いたのは午前9時を少し過ぎてました。

今日は同級生の飲み仲間で年に2~3度行う遠足の日。
先月の飲み会で急遽この日に決まったのでした。




犬山城11

駅を降りてどこへ向かったのかと言えば当然ここ!

国宝犬山城に決まってます。^^

実は私自身は1年半ほど前にバイクで一人で来たのですが
観光シーズンだったので混雑していて入城せずに引き返した
ので実質初めての訪城になります。



天守

犬山城は国宝ではありますが10年ほど前まで城主がいて
個人の所有物であったという全国的にも珍しい城です。
また江戸時代建築で現在まで天守が残る12城の中の
1つですが内部は公開されており自由に見学できます。

画像はその天守の最上階からの眺望でして
ここから下界を眺めるとお殿様の気分が味わえるのです。
下に見える川は木曽川でして、ちょっと判りにくいのですが
眼下のホテルの前に鵜飼い用の船が見えています。
※茶色っぽく見えているのが船の屋根です。



からくり

城見学の後は城下町散策を楽しみます。
犬山祭りの山車で使うからくり人形の実演もみました。
小一時間歩き回ったところでお昼御飯です。



城下町

予めパンフレットで見つけた和食屋を直前に予約して
なぜか7人全員が豚の焼肉定食を食べました。^^
電車で来ているのでビールも飲みました。


この後もお土産を買ったりカフェでまったりしたりと
大人の休日を楽しんで午後3時過ぎには現地出発し
暗くなる5時前には駅に着き、そのまま解散となりました。


気心の知れた仲間との小旅行もたまにはいいもんですね。