FC2ブログ
2015_03
29
(Sun)20:08

たまにはご機嫌取り

沼津SA

ここは新東名高速道路上り線 「沼津ネオパーサ」。
たまには違うアウトレットに行きたいと言うカアチャンの要望で
早朝7時に自宅を出発し最初の休憩で訪れています。

当初の予定では午前中は天気が持ちそうとの予報だったので
半日ツーリングでも行こうかと早起きしたのですが起床時に
ピーカンだった空が準備しているうちに怪しくなったので
急遽取りやめ、以前からカアチャンが行きたいと言っていた・・

御殿場プレミアムアウトレット

に行くことにしたのです。
まあ、普段好き勝手させていただいているのでたまには
カアチャンのために1日サービスしなければと運転手役を
買って出ることにしたのです。


モッフル

さてと休憩ついでにネオパーサ名物のB級グルメをと
選んだのはワッフルならぬその名も 「モッフル」!

要するに餅で作った生地にアイスクリームを載せて黄な粉と
黒蜜をかけた変わり種でして、味のタイプは8種類ほどあり
1番人気と宣伝されているこれを選んだのです。

一見甘ったるそうですが砂糖は極力控えており意外に
あっさりで思いの他美味しかったです。
家でも作れそうですね。  ^^



ウェア

アウトレットに着いて最初に買ったのは私のトレウェア。
ナイキ製でして上下でお値段5000円成。
正規で買うより4~5割安とさすがアウトレット。


ゴディバ

次に買ったのは高級チョコのゴディバ。
ご存知の通り、1粒で300円位するので普段は
まず買わないがここで半額以下だったので思わず・・。

でもこれで2000円します。 (ノ゚д゚)ノ
定価は5000円近いチョコって・・・・^^;

まあ高速料金だけで片道3000円払って来てるの
ですから普段よりは思い切って買わないとね。
今日はカアチャンも財布ユルいし。(爆)
この後もワインやら洋服やら色々買いました。

女性の買い物に付き合うのは男にとって苦痛を
感じる場合も多々ありますが、今回は楽しめました。
でもやはり辛い方々も居るみたいでして通路の
ベンチには疲れきった世のお父さんが累々と並んで
うなだれてました。 (笑)







スポンサーサイト



2015_03
23
(Mon)11:34

鉄の罠

私が愛好する16番スケール(実物の80分の1)では
日本の住宅事情から洩れない我家の広さでは十分な
運転は不可能でございます。

そこで花月園を初めとするレンタルレイアウトやクラブで
公民館など借りて運転を楽しむわけですが大きな注意点が
ありまして中でも最も気を使うのは車両の運搬です。

我が鉄の模型は古いものが多いとは言え、ブラスモデルなら
機関車1両平均が10万円を超えますので梱包・運搬による
破損だけは死んでも避けたい事態なんです

もう2度と買えないだろうし ^^;

どんなに気をつけていても自分が主催する分だけで何十回と
ありましたからどうしても何度か破損することがありました。
これらは基本自分だけの責任ですので仕方ありません。

問題なのは

動く模型である以上、整備は欠かせないのですが
思わぬところで大事な車両の破損という事態も何度か・・・
そう、運転中による事故の破損です。


お面破損

画像の電車、2年ほど前にとある運転会に招かれ
持参した車両なのですがレイアウトの線路状態が悪く
なんと走行中にギャップ(線路のつなぎ目)で跳ね上げられ
床下にお顔から落下してしまったのです。

見た瞬間声はつまり、あまりの事に呆然としましたが
誘って頂いて線路をお借りしているので文句は言えませんし
誰かが故意にしたことでないので泣き寝入りとなりました。

画像では壊れていないように見えますが全面の中心下部が
凹み、タイフォンが取れかけ連結器が吹っ飛びました。
落下事故の割に素材が軽いペーパー製だったのが救いで
大きな破損ではなかったのですが。


用意

ようやく治す気になったので新しい連結器を用意します。
最小限の被害で済んだのには、この連結器に内蔵される
復元バネがかなり落下ショックを吸収してくれたのだと思います。



80かお

多少取り付け穴がガバ大になってましたが無事に付けました。
下部の凹みは修正が難しいのと目立たないので我慢。
あとタイフォンの接着や色の禿げた部分の修正が残ってますが
なんとか運用には復帰できそうです。


さは75

こちらの車両は上記の車両事故の3ヶ月後にまたもや不運にも
落下事故を起こし最近になってようやく修理から帰ってきました。
こちらのほうが遥かに事態は深刻でした。

ブラスモデルなのでその重量から落下の衝撃で車体角が
思いっきり凹んでしまい周囲のドアや雨樋まで歪みました。
最も大事にしている電車の1両だけに惨劇を見たときには・・

本気で模型やめようと思ったくらいです。

古いブラスなので部品は無いし、素材が真鍮なので一旦
歪んでしまうと真っ直ぐに戻すのは非常に困難です。
もう私的には諦めざるを得ない状態だったのです。

しかし後日この話を聞いた花月園仲間から
「私のクラブに達人がいるから頼んでみるよ」と申し出が
あり一部の望みを託すことにしたのです。

その匠の技術をご覧あれ!コチラ

コチラが先だな。

こうして一旦は神戸の達人モデラーさんで板金修理をして
その後、横浜のモデラーさんとこで塗装を終え、しばらくして
我が家に戻ってきました。

本来なら何万円も払って修理依頼するか諦めて廃車するかの
2択しかなかったのですがホントに助かりました。

友人同士のつながりとは言え顔も合わせたことない人の
模型を腕を振るって直してくれたクラーケンさん、
塗装をしてくれた同じく花月園仲間の中村さんに
ここで改めてお礼申し上げます。

さてコイツはまだ仕上げの工作が残っています。
春の運転会に復帰させるべくコツコツやりましょうかね!


2015_03
22
(Sun)12:25

剥いてから本領発揮


皮ムキに行ってきました。

皮をムクと言っても雑誌広告に出ているアレでは無い。
「病気だから手術しましょう」なんて書いてあるけれど
病気のどこに「仮性」なんて名のある病名があるんだい?

胡散臭いったらありゃしない!

もう役目を終えた俺の相棒には関係ないけれど
思い出したら腹が立ってきた。


おおっと最初から脱線しまくり・・・・

閑話休題

早朝出発

ここ最近、週末は天候不順が多くてバイクに乗れませんでした。
せっかく大枚叩いてタイヤを変えたのに柿落しもできません。
ここで言う 「皮ムキ」 とはタイヤの慣らし運転のことです。

ご存知ない方の為に説明しますと新品タイヤというのは
製造工程の最終で全体にワックスを掛けて出荷してます。
これはゴムの乾燥を防ぐのが主な役目なんですが
店頭に置いた時の見栄えと臭気防止にもなってます。

ワックスの主成分は油なので、これがタイヤに付いたままだと
性能を発揮しませんし何より滑りやすいので危険でもあります。
軽く全体を使うように走ってこのワックスを落とすのが慣らしです。



道の駅 新城

ただ走るだけなのも何なので先日オープンしたばかりの
隣市の道の駅 「もっくる」 行ってきました。

早朝とあって店舗はコンビニ以外営業しておらず
全体をぐるっと歩いて見て回ってきただけ。
足湯があったので入ろうかと思ったけど・・・・

周囲から一番目立つ場所にあるので一人で使うのも
なんだか恥ずかしいのでやめました。

帰りは作手村方面に走りワインディングでタイヤを
慣らして、そのまま県境越えて静岡県方面へ走り
浜名湖をかすめて太平洋に出てから帰りました。

時間にして3時間半、距離100kmのお散歩ランを
終えました。



2015_03
16
(Mon)10:42

残念な流行

昨日の日曜日、大掛かりだったバイク整備も終わったので
試走を兼ねてちょいとお出かけする予定だったけど・・・
どうにも天気が微妙なので残念だけど中止。

「ならアソコ行こう!」

店2


実は最近店舗建て直して大きくなったアウトドア用品の
専門店が街中にあるのですが有料駐車場を使わなければ
ならない事に躊躇してたので行かずじまいでした。
今なら原付あるので大丈夫かな?と初来店。

★厳密には原付でも駐車違反取られますが
  メイン通りじゃないので多分大丈夫でしょう。
  真似して切符切られても責任取りませんが。^^


期待して店の中に入ったのですが・・・・・
1階は登山用のファッションばかりでキャンプ用品は2階。
ならばと階段を上がってみると殆どが登山用道具ばかり。
目当てのキャンプ用品は隅っこにちょこっとだけ。

天は我を見放した!大げさですが(笑)

以前の品揃えと大きく変わってたのです。
そりゃあ登山ブームと言われる今、特化するのは仕方ない
ことなんですがあまりにも想像以上に5分で退店しました。

見れば客層も「今、登山ってオシャレよね」って言いそうな
カップルばかりで店員さんもブティック風のコスチューム。
以前の独特な雰囲気はすっかり失われていました。

コアなキャンプ用品を狙ってた私にはもう用のない店に
なってまして、これならば大型スーパーの専門店街に
行ったほうが品揃えは遥かにマシなんです。

かつては本当に好きな人しか来ないマニアックな
店も※注 メディアに踊らされた私の嫌いな大衆馬鹿
大手を振る巣窟に成り果ててました。

※ここでは流行でしか行動を選べない人のこと

そりゃあ今はそれでいいかも知れないけどブームが
終わったらこの店どうすんだろ?

慌てて元に戻しても以前の客は帰ってこないと思うよ。
まあ経営に口挟む気はなく一消費者としての感想だけど。
機能が充実したら次はオシャレという軽いノリに
正直オイラはついて行けない。

だから今、山にバカが溢れている

店側も安全重視の推奨ではなくて客が「これカワイイ」
言えば売らざるを得なくなるし下手に注意も出来ない。
客のレベルが下がると言う事は当然登山の質も下がる。
その結果が無理な計画や軽装による遭難なのだ。

登山用品にしろキャンプ用品にしろ本来は命を守る
機能こそが優先されるべきで、それに関わる者は充分な
知識を持って挑まなければならない世界だということ。
いつからこんなライトになっちゃったんだろう?


「俺が古いのかな?」


でもなあ・・・



2015_03
14
(Sat)15:57

兜のその後

兜到着

昨日の記事に書いた兜ヘルメット。
昨夜午後7時20分に黒猫トラックによって我が家に到着した。
結局午前10時に注文してたので手元に来るまで9時間20分。
これより早い例も友人から聞いているが我が家では最速記録。

ホンの20年くらい前まで通信販売と言うと直接電話かけるか
封書や現金書留とか使って面倒な申し込みして、実際に届くまで
に10日や2週間かかるのが普通だったですよね。

待つ楽しみというのも確かにあの頃あった

それが今や指先一つでポチっと注文確定ボタンを押したと同時に
何百キロも離れた配送センターの自動リフトが動き始めて商品を
探し出してトラックに積み込むまで1時間とかからず倉庫を出るまでに
既に同時に送る納品書と宛先の印刷も自動で梱包されている。

今回の発送場所を調べたところ岐阜県だったので距離は150km弱
だけど金曜日の夕方の道路の混雑を考えれば驚異的に早いのだ。
国家が威信をかけて飛ばすロケットならこの精度や速さは解るけど
一個人の趣味の買物ごときでこのレベルに達しているのだ。
これで送料もいらないのだから密林恐るべしなのだ。

こりゃ小売店は太刀打ち出来んわ。

海外ではあるそうだが、いずれ日本でもクルマやバイクだって
ポチっと押すだけで玄関まで届けられる日が来るだろう。
だけど全てがそうなってしまっては面白くないけどな。

客と店員の付き合いも残しておかなあかん。
便利というのは時にはひどく味気ない。



おかえりはっちゃん

さて本日はバイク屋より修理が完了したとの連絡あったので
さっそく新しいヘルメットを被って受け取りに行ってきた。
まだ馴染んでないせいか違和感が少しあるが心地は悪くない。

はっちゃんも今回の修理を含め、この2週間で前後タイヤ、
クラッチプレート、クラッチスプリング、エンジンオイル、エレメント
とあらゆる交換をしてるので整備前とは全く違う乗り味になった。
そうだよな新車の時はこんな感じだったと思い出した。

春のバイクシーズンの準備はこれで完了した。


さてまずはどこに行こうかな?


もう少ししたら桜でも見に行きますか、はっちゃん!

もちろん俺とお前の二人だけで。







2015_03
13
(Fri)15:18

今年初散財です。


突然だが


兜を買った。

直継

これも兜だがもちろんこれではない。




あさぎ

こちらである。
バイク用ヘルメットで、カブト社のジェットヘルメット
どういう意味なのか知らないがその名も 「ASAGI」

買ったのにはもちろん理由がある。
これまで使っていたARAIの使用期間が2年を過ぎたので
そろそろ第一線を退かせて予備にしたいという事と
度付きサングラスが壊れてしまったからである。

どういうこと? と思うだろう。

最初にバイクに乗ってた20代の頃とリターンした今とでは
体力や反射能力も全く違うのもあるが中でも視力の衰えにより
今はメガネをかけなければ運転できなくなった事。

これまでは度付きサングラスで日光から視界を守っていたが
そのサングラスが昨秋のツーリングで壊れてしまったのだ。

仕方なく現在は普通のメガネなのだが、遮光機能がないので
朝日夕日が眩しくて危ないことがあるのだ。
当初は新たな度付きサングラスを買うつもりだったがのだが・・・

よく考えればツーリングでサングラスかけるのは運転中だけ。
バイクを降りれば普通メガネに変えていたのでいつも
メガネを2つ持っていく必要があってこれが面倒だった。

最近ではサンバイザーが内蔵されたヘルメットがあるとのことで
いろいろ探してみて大変なことに気がついたのです。

つまりこれまでのように国内2大ヘルメットメーカーから内臓タイプ
を買おうとすると予想外に高価で最低でも4万円はする。
今使用してるやつもARAI製で4万近いのだが今回は予算がない。

そこで以前から自転車用ヘルメットで名が知れてたがバイク用に
参入してからはまだ日の浅い新たなメーカー 「兜社」の製品から
選ぶことにしたのである。

サンバイザー内臓の兜製ジェットヘルメットは1種しかない
ので選択に悩むことなく購入することになった。
安いといっても定価27000円だから私にとって結構な買い物だ。

これならばこれまでのようにサングラスを持ち歩かなくて済む。
不要な時は収納できるのでシールドのように夜昼分けなくて良いし
使い勝手もこれまでと比べ物にならないだろう。

本当は重要な装具なのでケチりたくはないのですが、いかんせん
無いものは出ないし2流メーカーとは言え(失礼^^)国内の基準を
クリアしているので一度は使ってみようとなったのです。

発売された昨秋から悩んでいたが先月くらいから新製品効果も
薄れて値段も落ち着き密林で2万を切っていたのでポチりました。
上の画像はネットから拾ったもので実はまだ届いていません。

注文したのは3月13日の午前10時。
でもなんと宅配の配送時間終了(法的には午後9時)まで
11時間しかないのに届くのだという。

どういうカラクリなのか知る由もないが
便利通り越して・・・


恐ろしい世の中だな。^^;


そう思いません?




2015_03
09
(Mon)11:18

懐かしの味を再現してみる。

野菜切る

今週は夜勤勤務で、平日のこんな時間に(11:00)家にいます。
家族全員出かけてしまっているので昼飯どうしようかなと。
出かけるのも面倒なので冷蔵庫にある材料で何か作ろう。

玉ねぎ、ピーマン、ベーコンを細く切ってフライパンで炒めます。
火が通ったら麺を投入して大さじ2杯の水を入れてほぐします。
何を作ってるか大体わかってると思いますが・・・

愛知喫茶店風ナポリタンです。^^

最大の特徴はパスタじゃなくてソフト麺を使うことです。
ソフト麺は当地では給食にも登場する定番人気なものですが
全国でどのくらい出回ってるかは不明なのでご存じない方も
いらっしゃるでしょう。 簡単に言えば・・

茹でうどんの細いやつです。

本格的にパスタを作ろうとするとネックになるのは茹で時間。
お客さんを待たせないようにとさっと炒めて出来ることで
とある喫茶店のマスターが考案されたものと聞きます。


喫茶店風スパ

はい、あっという間に完成しました。^^
正確なレシピに従えばベーコンではなく赤ウインナーだし
お皿じゃなくてステーキ用の鉄板を熱して出しますが
我が家にはどちらも無かったのであくまで「風」になりました。

仕上げに溶き卵を敷くのが決まりでチャレンジしたのですが
フライパンから皿に移すときに麺の下に隠れてしまいました。
ま、味は変わらないのでよしとします。

愛知(主に名古屋圏だが)でスパゲティというと「あんかけ」が
全国的に有名ですが私はこちらの方が好きですね。
まだ本格的な店が少なかったのでこれこそがスパゲティだと
若い頃は思っていました。

厳密に言えば 「焼きうどんのトマト味」 でパスタではありません。
そりゃあナポリに行ったってあるわけないのです。^^


2015_03
08
(Sun)17:27

しばらく同居

アクシス

W800はっちゃんの入院で代車で来たスクーター。
画像では原付一種(50cc)に見えますがれっきとした
原付二種で125ccエンジンの小型二輪自動車になります。

その名は「ヤマハアクシス125」

せっかくなので浜松まで往復80kmの買い物で走りました。
さすが50ccのでっちゃんの2,5倍の排気量があるおかげで
力もスピードも充分で日常使うならこれ1台で殆どこなせます。

乗り物としては大変優秀ですがあまりに実用一辺倒な作りで
趣味に使うには少し味が無いような感じがしました。
まあもともとそういうポジションのバイクなんだからいいか。

日本の法規ではこの125ccまでが実用品として保険や税制が
優遇されていますので、あえてこのクラスでお手軽趣味として
楽しむ方も多くいらっしゃいますね。
長年バイク趣味を楽しんだ方が年取って最後に行き着くのが
このクラスになる場合が多いともよく聞くことです。

俗に言う 「上がりバイク」ってやつです。


3台

一時的とは言え、このアクシスの入庫により我家のガレージには
銀色ばかり3台ものスクーターが並ぶことになっています。
それもホンダ・ヤマハ・スズキとメーカーも勢揃いのお祭です。

アクシスとカワサキ製のはっちゃんが同時に入庫することは
ありませんがこれで我家のガレージには日本4大メーカーの
全てのバイクが在籍したことになりました。

ちなみにクルマの方はトヨタ・ニッサン・三菱・スバル・ホンダ・スズキ
を所有したことありますけど残念ながらダイハツこそ代車で入庫
したことありますがマツダだけがありません。
たぶん今後も無いでしょう。

新型ユーノス欲しいけどね!^^




2015_03
03
(Tue)22:28

入院決定





突然ですが入院することになりました。
無理がたたったのか先天的に問題があったのか
原因はよくわかりませんが、昨年秋から症状があって
いろいろ調べてもわからず相談の結果であります。




菜の花800


私じゃありません!

入院するのは相棒のはっちゃんです。



実は昨年秋頃から高速巡航からの追越加速で
クラッチが滑る症状が出てましてネットで情報を探してたところ
最初期ロットのW800に同じような事例を見つけました。

ところがメーカーからそのような症状があるとの正式な
発表がされておらず、自腹での修理になるのかと二の足を
踏んでましたが販売店の方の機転によって無償修理が
決定したのです。

本来ならば保証期間を過ぎているので有償なのですが
2万キロも走らないうちにクラッチが滑るのはおかしいと
販売店の方が直接メーカーに交渉してくれたのです。

来週からしばらくお別れですが仕方ないですね。
出先で動かなくなったときのことを思えば対処は
早くやっておく必要があります。

どんな工業製品にも一定の保証期間がありますが
例え期間を過ぎていたとしても明らかにおかしい場合は
思い切って相談してみることも大事だと判りました。


ましてバイクの場合の不具合は命に直結しますからね。