FC2ブログ
2014_09
29
(Mon)08:45

秋のイベント準備

先週半ばから、すっかり体調を崩してしまいスポーツクラブどころか
会社もまともに仕事が出来ませんでしたがようやく回復傾向です。

ようやく朝晩涼しくなってくると忙しい秋が始まります。
バイクのイベント、友人とのキャンプ、そして一番大事なのが
私自身が14年に渡って代表を務めている鉄道模型の一大イベント

「花月園運転会」の準備を進めねばなりません。

バイクにリターンしてからお金が回らないこともあって模型趣味には
ほとんど手を付けていない私ですが今回も開催告知したら1週間もせずに
20名以上の参加希望がありまして首謀者としてはやらざるを得ません。^^;

おかげでモチベーション保ってんだけど

10年以上も支持してくれる仲間が全国から来てくれるのですから
趣味人として本当にありがたいことですね。



荷電1

この運転会の恒例である「大集合」の今回のテーマは「荷物電車」。
まずは私も出場車両を整備すべく取り出してみました。
とりあえずそのまま出せそうなのは画像の8両です。

素材も紙ありプラキットあり真鍮ありとバラバラですし年代も40年前
から最近のものまでありますが8両中自分で店で買ったのは2両だけ。
あとの6両は模型仲間からの転属車ばかりです。

画像左奥から簡単に紹介しますと・・・

1 ・ クモユニ81 ペーパーフルスクラッチ おやびん作(某紙成講師レストア)

2 ・ クモニ83100番代 昭和60年ごろの宮沢製品 (当工場にてT車化)

3 ・ クモニ13025   ’95年エンドウ完成品 

4 ・ クモニ12053   ホビーモデル製プラキット組立

5 ・ クモユ141   ペーパーフルスクラッチ  某紙成講師作 

6 ・ クモユニ74   ペーパーフルスクラッチ  某紙成講師作

7 ・ クモユニ74   70年代のカツミ製品  (当工場にてレストア)

8 ・ クモニ147    ペーパーフルスクラッチ  某紙成講師作

とまあこんなところ。
産まれた翌年に新幹線が開通していた地元では在来線の特急電車
なんてなくて普通列車ばかりでして見た目が地味で変化が乏しい
もんですから編成端によく連結されていた荷物車に興味を持ちました。

それはいいとして問題なのは


荷物 2

このレストア途中のクモニ83!
2007年に友人から譲って頂いた内の1両で元は70年代のエンドウ製品。
(正確に言うとこの頃のカツミ・エンドウはどれがどっちなのか複雑)
塗装を剥がしてレストアを始めたのがなんと6年前の2008年!


荷物 3

追加工作として屋根上の避雷器の交換と移設、配管の追加、前面の手すり
追加とベンチレーション窓(前面窓下)も追加し塗装を外注に出して
戻ってきたところで色差しに入ったのだが事情により途中中断。

床板をアルミ製に変えたのはいいが元の床下機器が使えなくなるので
手持ちの部品で作ろうと思ったのだがどうにもよろしくない。
さてどうしようかと考えているうちに棚の肥やしになって早数年。

再開しようにも不足パーツが多いのでなかなか手が付けられない。
ガラスセル、荷窓棒、ライトレンズ、インレタ・・・・・
いずれも地元じゃ何一つ入手出来ないし今は回すお金もない。


荷物 4

これがレストア開始前のお姿。
ここまでそれなりにお金と時間をかけてやったんだから完成させて
やりたいなあとようやく模型心に火が付き始めました。


ただ11月の運転会には間に合わん! (爆)



スポンサーサイト



2014_09
15
(Mon)06:38

苦行は続く

体重計

減量生活始めて2週間が経った。
具体的にどうしてるかというと現在のペースは週3~4回の
スポーツクラブ通いで1度に泳ぐ距離は2000mと決めている。
体を動かすのはこれだけ。 (でも相当キツイ)

そしてもう一つの減量策はカロリーコントロールだが
こちらは今のところゆるく設定している。
間食をやめて朝はバナナとヨーグルトだけ、昼は割と普通に
夜は米と油物を意識して少なくし炭酸飲料を止めたくらいだ。

何を基準に決めたかというと特に参考にしたものは無い。
あくまでも自己流で感じたことを実践しているくらいだ。
他人にああやれこうやれ言われると気が削げるが
自分で決めたことなら素直に従える。

で今日までの成果はと言うと

73.6kg → 71.4kg と2.1kgの減

最初のうちは痩せやすいのでこんなものかな?
数字が動かなくなったときに本当の忍耐が始まるのだ。
年内の目標はあと-5kgと、まだまだだしね。

あと運動は筋肉痛になるくらいだが食事制限を厳しく
しすぎると高い確率で精神を病むらしいので気を付けようと。
だからじゃないけど減量はしてるけど

酒の量は減ってないんだな。 ^^


酒もカロリー高いのは知ってるけどね。


やめれんな。


ふっ・・・




2014_09
03
(Wed)19:44

減量生活スタート

スポーツクラブには8月31日に入会し契約は9月からだが
1日だけサービスでお試し出来ると言うので、一旦家に帰って
昼食を取った後再びクラブを訪れたのである。

施設内容は各種トレーニングマシーンからヨガやダンスの
教室、プールと決して広いわけではないが実に充実している。
また市内のクラブでは最も新しいのもここを選択した理由だ。

どういうわけか我が家の周辺にはスポーツクラブが乱立していて
3km圏内に限っても5つもあるのでいろいろ迷いましたが
通勤経路にあるという良い条件もありました。



プール

数あるメニューの中から本日私が選んだのはスイミング。
膝や腰に負担が少なく短時間で消費カロリーも多い水泳は
減量に最適な運動なのです。(中学時代は水泳部でした)

この日のプールには20人ほど中高年の方々がいまして
泳ぎ始めて判ったのですが皆真剣に黙々と泳いでいるのです。
遊泳プールとは全く違う独特の緊張感があるのです。

通勤経路にある、もう一件のクラブは道路からランニングマシン
に乗って走っている姿が見えるのですが、そのたびに
「道路走りゃタダなのにな。」 なんて思ってましたけれど
訂正します。私が間違ってました。

雰囲気と環境は継続には必要だ!

そりゃあ安くない会費を払って運動しに来ているのですから
遊んでいるわけには行きませんわな! ^^;
結局この日は久しぶりの水泳とあって1500mを1時間かけて
ゆっくりと泳いで初日を終えました。

誰とも話さず、ただ一人で泳ぎ続けてるストイックな運動で
終わった後は疲労感がいっぱいでしたが仕事の疲れとは違う
達成感があり、これなら続けれそうかなと。



この日の体重変化

(水泳前)73,6kg →(水泳後)72,9kg
身長164cmなのでまだまだデブですな。
ちなみに夕食食べたら500g戻りました。 orz

先は長いぞ・・・


2014_09
02
(Tue)02:25

門戸を叩く

スポーツクラブ

世の中には様々な減量器具やら食品が出回ってますが
それらの広告のほとんどに謳われている言葉がありますね。
「らくらく痩せられます」ってやつ。

普通に考えればんなワケねえだろ!
とわかるはずなのですが・・・・

これを信じて飛びついて高額な料金を払った挙句に効果が
無く、また新たに発売されたものに手を出すという負のスパイラルに
陥っている例を私の周囲にも見ることが出来ます。

今回の特定保健指導は半年間で結果を出さねばなりません。
もしかしたら本当に痩せられる商品もあるかも知れませんが
それを探している時間は無いので私の選んだ方法は昔からの

メシ減らして運動する。!

王道中の王道ですが、さてどうするかというとこれが難しい。
考えた末、経済負担はありますが近所のスポーツクラブに入会。
生活の中に運動を組み込むならスケジュール化するしかありません。

すべて自分で管理し継続できれば有料施設などいらないでしょうが
好きにやめても何の損失もないので反省すらしないと思うのです。
お金を払うことによって「やらねば損だ。」という状況に追い込むのです。
自己暗示と脅迫概念のみが自分を奮い立たせることができるのです。

妻にそのことを話すと費用は家計から出してくれるとのです。
入会に必要なのは3万円弱、それにウェアやシューズや水着も
要りますし月々の会費9000円も安くはないからお金の面は一安心。

だが家計から出費するという事は結果が出なければ大変です。
保健指導はサボろうが結果がなかろうが罰せられる事はありませんが
家庭における立場ではそういうわけには行かないのです。
もちろんそれも承知の上です。

自ら退路を断ったのです。

選択肢など最初から無いのです。
半年後に納得いく結果を出すことだけが求められているのです。
自堕落な自分はこれくらい厳しくないと絶対に無理だとわかってるから。

肉体と精神の我慢比べが始まろうとしています。
さぞや悲壮な覚悟に聞こえるかも知れませんが実は本人ワクってます。
いつまでその心境でいられるのでしょうか?

2014_09
01
(Mon)12:05

始めました。

メタボ検診


先週の事なんですが会社で会議室に呼ばれました。
そこには私以外に10人ほどの人が集まっており皆が
同世代と思われる他の部署の知らない人達です。

リストラ候補生として呼ばれたか?

とか一瞬思いましたが、、その他にもお姉さんが3名おり
入室と同時にいきなり体重測定と胴囲を測定されて
スライド画像とともに講義が始まったのです。

特定保健指導の対象者に選ばれたらしい。

要するに春の健康診断の結果、お前は指導の必要な
メタボ野郎だから耳かっぽじいてお姉様の言う事聞きやがれ!

という実におせっかいなお話なんです。

で、講義の内容なんですが優しい口調でお話しされるのですが
実にキツイ現実をあれもこれもと叩きつけるのです。
しかし現在過去最高値を示している体重の私は数字という
あからさまな事実に首をすくめて聞いているしかありません。

なんだその堕落した体型は!

お前このままじゃ早死にするよ!

糖尿病になったらつらいよ!


この白豚野郎が!(これは言ってませんが)^^;


とまあ・・さんざん耳に痛いお話を延々と聞かされたあげく
2時間拘束され、半年間で5%減の努力を約束させられました。
確かに8年前に煙草をやめてからは年に1kgづつ増量し
いつかは痩せにゃいかんなとは思っていましたが・・・・

生半可なことでは達成は難しいと感じた私は考えたあげく
思い切った手段に出ることにしたのです。
目標も倍の10%減に変えて。



んで、これから始まる壮絶物語を新たなカテゴリとして

オヤジ減量日記 「骨と皮になったる」 

としてブログ記事をスタートします。

皆様に監視して頂くことによって挫折を防止するとともに
記録を付けていくことで自分の励みにもしたいと。
また同じ悩みをお持ちの方に少しでも参考になればと
いう願いもあります。

ただB型性格そのままの私は時には極端な手段に
出ることがありますので真似するのは大変危険です。
何事も自己責任でお願いします。^^;