FC2ブログ
2013_06
29
(Sat)07:17

至高の一品  天の80 その3

天賞堂製80系電車の紹介第3弾です。

クハ86台車

画像はクハ86先頭車の台車です。
この時代、定番である日光製も既に存在しましたが天賞堂は
あえて使わずに完全オリジナルとして新規に型を起こしてます。

それだけに相当凝っていまして側枠は2ピース構造として
ブレーキシュウを別体化することで車輪の踏面に合わせて
更に左右の側枠をプレス部品でつないでいます。
軸受けはプレス部品で内側のシュウは鋳物を貼ってます。

つまり台車1つを構成するのに13の部品と6つのビス
(センターピンと車輪とスノープロウは除いてます。)
を用いており更に車輪はこの時代では珍しい黒染めと
至れりつくせりとは正にこの事です。

特に左右の側枠を実車と同じようにつないでいるのは
現在の高級品でもまず見られませんし達人の作品でも
ここまで台車にこだわった方はほとんどいません。

というのも側枠をつないでしまうと台車の動きが
固定されてしまい線路への追従性が悪くなりますので
あまり例を見ない理由かも知れません。

ちなみに線路状態のあまり良くない花月園のレイアウト
で走行させましたが一度の脱線もなく全く問題ありません。
ちゃんと走行テストを繰り返して製品化してるのでしょう。

残念なのはこれだけ優れた台車なのに部品として
別売されなかったことでしょうか。
これだけ手間のかかった製品ですから恐らく売ったと
しても他社製の2~3倍の値段が付けられたでしょう。


モハ80台車

更に恐ろしいのはモーター車の台車まで左右の連結枠が
ちゃんと取り付けられている事です。
さすがに台車内側のブレーキシュウは側枠と一体化されて
ますがこれはパワトラ方式なので仕方ないでしょう。

他社より絶対優れたものを!という天賞堂の情熱が
台車1つ見ても伝わってくるのがわかりますね。
いやもう情熱飛び越えて・・・

執念ですなこりゃ^^;

まだまだ続きます。

スポンサーサイト



2013_06
22
(Sat)07:31

祝 雑誌掲載

雑誌掲載

先日の静岡トレインフェスタで取材を受けた我がコレクションが
先日発売の鉄道模型専門誌「RMモデルス誌」に掲載されました。
ちなみに3誌取材受けて採用されたのはこの一誌だけ。^^;

ちょっと訂正があって「出身地が豊橋」とあり間違いではないが
現在の居住地も豊橋でこの文章だとちょっと誤解されるかも。
東京拠点のクラブのゲストって立場だったから勘違いされたかな?

また画像に並んだ車両のうち、私所有は手前の5本だけで
119系とED18はお邪魔させて頂いたクラブの会員さん
が所有するものです。

模型は初めてだが、実はこの雑誌に名前が載るのは3回目になる。
1回目は今はもう無くなった読者交換のコーナーで12年位前。
2回目はこれまた今は終了した山下修司さんの「模型徒然草」。

山下修司さんと言えば現在は「国鉄時代」の編集長である。
2003年秋だったか彼の大学の先輩に当たる人が花月園メンバー
の中にいて(この方もクラフトモデルの表紙作品を作る凄腕)
山下氏を誘って参加したのが出会いの縁である。

この時の運転会の様子を後に「模型徒然草」に執筆されており
私は「りゅうでん氏」 ※りゅーでんではない。^^;
として文中に登場しているのだ。

もう10年も前のことなのね。

残念ながら以来一度もお会いする機会がないけれど
この10年年賀状のやりとりだけは継続しています。




2013_06
22
(Sat)00:43

夏休みの計画

旅行計画中

GWの四国旅行に続いて夏の連休は九州に決定した。
一番行きたい所と言えば北海道なんだけども会社の9連休じゃ
日程がキツ過ぎる・・往復だけでも4日は必要だし。

例えば飛行機で行って現地でレンタルバイクを借りるという
手段を使えば可能だが自分のバイクじゃなきゃ嫌だし意味が無い。
それに今からでは希望の日に席を取ることも難しいだろう。

そんなわけで北海道はいつかの為にとっておいて(いつだよ)
あまり無理せず行ける場所から制覇していこうと思う。
ちなみに実現すれば29年ぶりの九州上陸となる。



九州ルート

とりあえず思い付きでこんなルートを計画して見た。
日程としては6泊7日で南九州を中心に州内は4泊の予定だ。
赤い線はフェリーで最後の夜は船中泊にすることにした。

船の利用は旅客運賃とバイクの航送料で決して安くないが
1泊の宿代が含まれることと寝ている間に移動する時間の利を
考えれば長距離旅行の場合、選択肢に入ってもいいと思う。

ちなみにこれまでに利用した事のあるフェリーは

稚内 ― 利尻 - 礼文

小樽 - 新潟

函館 - 八戸

函館 - 青森

大洗 - 苫小牧

名古屋 - 苫小牧

神戸 - 高松

と結構日本のあちこちで乗っており今回の九州で
8航路目になるみたいだ。

実は船旅も結構好きなのかも。^^

あと数年で函館から鹿児島まで新幹線がつながって
12時間もあれば北から南まで行けてしまう時代が来る。
時速で言えば40km/h程しか出ない船でのんびりと
移動するのって結構贅沢で優雅だと思うのだけどな。

2013_06
17
(Mon)10:47

至高の一品  天の80 その2

80系いろいろ
左から宮沢、つぼみ、つぼみ、KS、天(宮沢も元はKSらしい)

天賞堂製を入手するまでも他メーカーの80系を集めてました。
例えば宮沢製品なんかは天賞堂の1両分で4両揃えれるので
それなりの満足度はありました。  が、

80系と言えば2枚窓の湘南顔!

つまりここが似ていなければ他の部分がどんなに良くても
模型としての魅力は半減してしまうのです。
80系の顔は一見単純ですが良く観察すると平面と曲面が
実に複雑に構成されていてメーカー泣かせなのです。

昭和時代は人気のあった電車なので各メーカーがこぞって
製品化したのですが当時の一発プレスでは造形に限界が
ありました。

じゃあ分割にすればいいかというとそれでは部品点数が
増えるし組み立てる分のコストもあがり採算が取れません。
組み付け誤差によるバラつきも出てしまいます。
編成が前提なので手間をかけすぎては売れる値段では
販売できなくなってしまいます。

だが天賞堂はあえてそれをやったのです。

良い物ならば高くても売れる!という信念があったのでしょう。
量産品としては考えられないレベルで各部に手が入っており
もちろんキモとなる顔には相当神経を使ってるのが解ります。

通常はプレスで成型したあと余分な部分をカットするだけで
キットへの袋詰めや完成品に向けて生産工程に入るわけですが
天賞堂製はプレスの後にかなり修正をしているのが裏から見ると
わかります。

プレス製法はその原理上どうしても甘い部分が出てしまいます。
それを職人さんが1つ1つ写真を見ながら削ったり叩き出したり
して似せていった光景が目に浮かぶようなすばらしい出来栄えに
なっており顔だけでも他社にない高級感を持っているのです。
学生の頃、毎日眺めていた私が見ても納得できます。

現在では当時は天賞堂の半額以下だったエンドウ製品も
20年経って値段は追いついたのですが顔がイケません。
最新の製品ですら似ていないと感じてしまいます。

その1番の要因は前面窓の寸法がやや大きすぎるのです。
数字で言えば天地左右で0.2~0.5位の微細なレベルですが
これが顔の雰囲気を一変させてしまっているのです。

いわゆる主観の違いであって間違いとか正しいとかでは
ないんですが長年にわたって修正する事無く好みに合わないので
せっかく唯一定期的に80系をリリースしていますが
私の手元には1両もエンドウ製80系はございません。



その3に続く






2013_06
16
(Sun)06:29

至高の一品  天の80 その1

今年になってバイクばかりで殆ど工作しておらず
よってこのブログにも鉄模記事が書けませんで開店休業状態。
元は鉄道主体で始まったブログですから訪問される方の中には

バイクはどうでもえーわい!

と思っていらっしゃる方も少なからずいらっしゃると
感じておりますのである程度鉄模記事も定期的にして行きたい。
そこで今回より「りゅーでん的至高の一品」として数ある
コレクションの中から想いの強いものを紹介していきます。


第一回の今回は「天賞堂 80系電車」です。


天のクハ86
※画像左が天賞堂製クハ86ですがデフロスターはノンオリジナルです。


80系と言っても3年前位に発売された飯田線編成ではありません。
あれはエンドウがOEMで製造したもので天賞堂は売っただけ。
今回紹介する "純天賞堂製”とは共通部分はありません。

天賞堂が80系電車を発売したのを知ったのは旅先の本屋でした。
時は1989年、当時まだ私は放浪旅の最中で鉄道趣味は休業中で
時々思い出しては本屋で立ち読みするのがせいぜいだったのです。

80系電車と言えばこのブログでも時々書いていますが私にとって
幼少時代から高校卒業まで最も利用した電車であり思い入れの
深い電車の筆頭であります。

ですから当然欲しくなったのですが驚いたのはその値段。
旅の身なので買えるわけないのですが仮に働いていても無理かなと。
ちなみに先頭車クハ86の1両の値段が49,800円!

今でこそ1両5万円を超える電車は少なくないのですが80年代
当時では最高価格で他社の倍以上であり最低でも4両必要ですから
約20万円と一か月分の給料に相当するとんでもないものでした。

判りやすく比較をすればその前年に発売されたカツミの機関車
EF60が38,000円なのにモーターも付いておらず1両では
何の役にもならない先頭車がそれよりも高価なのです。

あまりの高嶺の花に指を咥えているしか術がなかったですね。
間もなく社会人に戻ったのですがすぐに結婚の為の準備期間に
入りとてもじゃないけど鉄道模型どころじゃなかったのです。


若き頃、憧れた天賞堂80系電車が今は手元にあります。
初めて知った時から私が手にするまで20年の時間が掛かりました。
当然市場には無くて中古品ですがほぼ新品状態のままです。

入手するまでに何度かオークションにも出品されてましたが
定価以上になることが多く何度も見送って来ました。
懐と出品されるタイミングが合わないこともしょっちゅうで。

叶わないから夢と言うのか?

と、あきらめかけた数年前に縁が繋がって入手する事が出来ました。
ご好意で相場の半額くらいで譲って頂いたのですがそれでも
私の半年分の小遣いに相当し資金繰りは大変でしたが。

その夜は眠れなかったのを憶えています。

当時どれくらい数が販売されたか知りませんが値段から言って
恐らく編成で所有している人が全国で100人いないでしょう。
当時の生産能力から総数でも恐らく500両前後と思われ
そんな希少な存在の模型が我が手元に周って来るなんて
自分の運が良かったのでしょうね。^^

次回からはこの製品を細部まで検証してみたいと思います。



※この記事には管理人の推定も含まれており
 事実と異なる部分があるかも知れません。





2013_06
15
(Sat)16:52

誤算

スマホ2

オートバイに装着してナビ機能を使う為に機種変した我がスマホ。
画面が大きくなった分きっと見やすいし活躍してくれるだろうと
期待していたのだが先月の四国ツーリングで思わぬ問題が。

これまでのスマホより画面が1.5倍になったので見易さは
当初の目論見どおりでこれと言って不満はないものだった。
だが使っていくと所詮オマケの機能に過ぎないことが解った。

その発熱量がハンパないのである。

つまり充電しっぱなしでGPS機能を使い続けると本体が異常に
熱くなりそのまま使い続けるとOSがダウンしてしまうのだ。
こうなると冷えるまで何の機能も使えなくなってしまうのだ。

内部CPUの放熱不足である。
しかもバイクに装着する場合、雨天用の密閉ケースに入れたことが
余計に熱を溜め込んでしまうので尚悪いことになる。

だがネットで調べて見ると温度管理された自動車の車内でも
同じことが起きているようなので、そもそもが長時間使用する
設計になっていないと言う事になる。

せっかく多機能になってもそれぞれに充分な使用環境に
対応するかどうかなんて製品テストもしていないのだろう。
近距離で短時間使うだけなら問題はないしね。

春のツーリングでこのありさまだから夏にはとても使えない。
夏のツーリングに向けて対策を考えねばならなくなった。
とはいえ新たに車用ナビを買うしか手段がないんだけど。

電話はしょせん電話

ってことなんですかね。 ┐(´ー`)┌


2013_06
08
(Sat)20:29

なんか調子悪い

鳳来山

世間では空梅雨と報じて危機感を煽ってますがバイク乗りにとって
雨が降らぬは良い事と久しぶりのラーツーへ出かけました。
と言っても朝から犬の世話やら洗濯物やらで出発は午前8時過ぎ。
遠出は控えて近場の奥三河の散策にと山に向かいました。

先週までは芝桜見学の渋滞があったらしいこの道も今日は
閑散としていて走りやすいのはいいのだが寂しすぎる。
クルマはおろかライダーの影もなくテンション下がり気味。

海辺は一人で走っても気持ち良いが山の中は何故か言い知れぬ
孤独感と不安に襲われる事が多いのだ。
周りがあまり見えないのが原因かと思われるが。

結局目的の鳳来山も有料道路入り口まで来たのだが
どうにも入る気になれずそのまま下山することにした。
決定打になったのは入り口の看板に書いてあった一言。

「駐車場代も必要です。」

有料道路代払って更に山頂では駐車場代まで取られるのかい?
大体今日の俺の昼食だってさっきコンビニで買った185円の
カップヌードル(BIG)と山崎のランチパックだぞ!

通行料と駐車場代でそれをはるかに上回ってしまうのは
どうにも腑に落ちなかったのだ。
仲間と行くならともかく一人の時は財布の紐はキツイ俺。

ケチと言われるかも知れないが半日のお散歩ツーリングに
そんなにお金を掛けていられない台所事情も確かにある。
それよりも気分がのらなければ行く意味がないのだ。

結局この後、鳳来ダムまで行って山越えしながら静岡側に
降りて1号線経由で帰宅しました。

2013_06
04
(Tue)21:28

すれ違い?

妻が買ってきた私の大好きなスイーツ。
妻が言うことにゃ・・・・


「お父さん、絶対それ好きだと思って」!

と買ってきたコレ。




あの日の・・・

なんだかシュールな絵と意味がわからない商品名。
中身はフツーのコーヒー牛乳味のプリン。

なにを持ってして「あの日」なのか。


「・・・・・・・・・・・・・・・・」



なあカアチャン!

俺がコレを好きだって根拠は何?

君は俺をどう見てるのかね?



いやまあ食ってみたら美味かったけどさ。




この商品開発の責任者さんへ
ちょっとお話があるんで出てきてもらえんかね?


ん?



2013_06
03
(Mon)04:22

第23回 花月園運転会 その3

4110

いつもの通り、参加された皆様の持参車両を紹介していきますが
今回はちょっと趣向を変えまして普段あまり見られない車両ばかりを
集めて見ました。

最初はトビーの名作である4110型蒸気機関車。
70年代から存在するキットで端整なプロポーションと精度の高い
部品で多くのモデラーの工作入門機としてヒットした製品です。

※コメントで頂いた通り4080型機関車の間違いでした。
 4110型は5動輪(E型)で全く形態が異なります。
 訂正してお詫びします。 6月4日追記


さすがにディティールも昔の製品なので簡素ですが相当腕の立つ
御仁の設計らしく高級感すら漂って来ますね。
後に発売された8620やC58などもこの路線を継承し
現在でも評価の高いメーカーでした。


ED71.5

この機関車の形式をすぐに言える人はそんなに居ないでしょう。
実在はしましたが表には一切出なかったモックアップだからです。
ED71の改良型を製作する際に車両工場内で検討用として
ED71の運転室の片側だけを作り、後にED72、73として
採用されました。 マニアの間ではED71.5と呼ばれています。



01とD60

花月園に集まる仲間には外国型を愛好する方もいらっしゃいます。
どちらかというとアメリカ型の方が多いのですが今回は珍しく
ヨーロッパ型が登場しました。

ドイツの代表的な蒸気機関車01型でもちろん製品も海外製です。
軌間も縮尺も違いますがあまり違和感がないように感じます。
もっとも「それはオカシイ!」なんて要らん事言うような方は
この会には居ませんが。

大体、人の物にケチ付ける奴って

その前にオマエの社会不適合な

性格に気がついているのか?


って輩がほとんどですね。
最もそんな奴は一次審査で落としますので
この会には参加できませんけどね。 ^^



廃車体485

世の中いろんな方が居るもので運転会だというのに廃車体を
持ち込む方がいらっしゃるんですね。^^;
まあ、これはこれで良く出来てて見事に雰囲気を再現してます。


おっとー

最後は極初期のディーゼル機関車「オットー」です。
実車はドイツ製で日本では「ヤマサ醤油」の構内線で使用され
現在も本社前にキレイに復元されて保存されています。

模型もこのサイズでモーターライズですがまだ未完成と言うことで
今回は走行しませんで留置線に置きっぱなしでした。

今回は簡単でしたがこれで報告を終わります。
次回は11月中の開催を予定しております。






2013_06
02
(Sun)07:38

なんでもない休日

なっぷす

連日残業で帰りが遅かったのに休日の昨日は朝4時半起床。
しかも天気予報で限りなく降雨の可能性が低いと来たらこれはもう
出かけるしかないとお出かけ準備をしたのだがイザ出発って時に

W800の鍵が見つからない

先週の花月園の準備の時に部屋をひっくり返したので小さな鍵は
どこかに紛れ込んでしまったらしくどこにも見当たらないのだ。
まだ家族も寝ているので音も立てれず思いっきり探せない。

結局見つかったのは午前8時を過ぎてしまってテンション降下。
今出かけると不運が待ってるぞとの神の警告だったと思うことにする。
ということで本来の日帰りツーリングは中止となりました。

ソロツーリングの良いところは突然中止しても誰へも連絡する
必要がないし、わだかまりも残らないからこういう時は気が楽だ。
趣味の中に義務感を感じるのは好きではない。

遠出はあきらめましたが朝食と犬の散歩の後に隣町までお買い物。
自宅から40kmほどの距離にあるバイク用品専門店に行く。
隣町の(と言っても県境を越えるが)浜松はオートバイの街。
多くの専門店があり規模が大きく品揃いもいいし片道1時間は
気分転換に乗るにはちょうどいい。


メッシュジャケット

真夏用のメッシュジャケットを購入しました。
先月も買ったばかりだが今後訪れる炎天下で乗るにはもう一段
涼しいタイプのジャケットが必要と感じていたからである。

真夏にバイクに乗るのはある意味真冬より厳しいのだ。
増して私のは大型車では数少ない空冷エンジンなので股下からの
熱気が半端なく、対策を怠ればバイク乗車中に熱中症になる。

病気まで行かなくても体力の消耗は避けられない。
もう20代の頃の自分じゃないので当然体力は50歳になった
ことを考慮していかなければならないのだ。

それにコケた時のこと考えたら真夏でもプロテクターの入った
ライダー専用ジャケットじゃないと後が大変な目にあう。
脊髄はおろか肘や肩だって簡単には治らないからだ。

ちなみに画像のジャケットは9000円と安いほうだけど
しっかりした硬質プラスティックのプロテクター入りなので
着た時の安心感も考えれば納得できる買い物なのだ。

ただメッシュという構造上、耐久性は期待できないので
ひと夏限りの保険と考えるのが良さそうだ。
一回怪我すれば桁違いの金が要るんだからそれを
もったいないと思ってはイケナイんだけど・・・

まぁカネのかかる趣味だこと!^^;

まだこの先、夏のツーリング前にオイル換えなきゃいかんし
タイヤももって今年一杯なので交換に数万かかるし・・・
万が一コケて修理なんて事になったら目も当てられん。

喜びも大きいが代償も比例する。

それがオートバイって乗り物。



なんだな。


(笑)