FC2ブログ
2012_01
30
(Mon)10:48

のんびりとはやってます。

エアホース塗った

相変わらずのんびり過ぎるほどのんびりと工作してます。
初採用のエコー製のエアホースも黒くしたら大分落ち着きました。
まだコック類への色差しが残ってますが・・・。

それにしても遅すぎないか? 

こう感じてる読者の方もいらっしゃると思います。
確かに工作開始したのは昨年のXmas前だったと記憶してますね。
大した追加工作でもなく、それから1ヶ月以上経っているのにねと。

実はこのブログには書いてませんが通常同時に3~4種類の工作を
同時進行しており必ずしもこの64だけを手掛けているわけではないのです。
実は昨日も別の電機のパンタ修理やインレタ追加などやっていました。

とかく我が工房には新車未整備や修理依頼品(未公開)などが多くあり
それぞれに期限や優先順位もあり64だけに掛かっていられないのと
同じ物ばかりだと飽きてしまうのでモチベ維持にとあちこちになってます。

効率考えたら悪いんですけどね。

好きなものは好きなようにやらせて頂きます。^^




炊飯器

話は変わって昨日炊飯器を買い換えました。
先代が8年に渡って我が家の食卓を支えてきましたが釜のコーティングが
剥がれ始めて来ていて「メッキ入りご飯」になりそうだったのです。

電気炊飯器も随分進歩したようですが個人的には18年前まであった
ガス式の炊飯器の味にまだ追いついていません。
そこで今回は張り込んで定価6万円級の「やや」高級志向品です。

「やや」と書いたのはご存じの通り、現在では10万円を超える超高級機
もあったりするからですが、さすがにそこまでお金は出せないので
普及機の中では高価格帯になる画像の製品を選びました。

それまでの先代が8年前に3万円弱で買ったものでしたから
値段では倍のグレードアップとなり進化も期待しております。


家電話のついでにもうひとつオマケ。

タイマー

家電と言うより本来はオーディオ製品なんですがSONYのPT-55です。
実はこれ、私が高校生の頃にバイトして買った32年前の製品で今も現役。
当時オーディオに凝ってまして他の機器と一緒に我が家に来ました。

オーディオ機器は購入後10年ほどで旧式化して使えなくなり処分しましたが
このタイマーだけは当時のメモリアルにと残して既に20ン年。
未だに一度の故障もなく32年間も我が家の時を刻んでいます。

最近の家電は性能もいいですが10年持つような製品がほとんどありません。
ひどいものだと2年持たずに壊れたテレビもありました。
このタイマーなんて値段にすれば当時12000~15000円位だったと
記憶してますが30年以上持っているのですから安い買い物でしょう。



スポンサーサイト



2012_01
28
(Sat)23:22

ひとり思う夜

無題

愛する者を失う悲しみを味わうくらいなら

誰よりも先に死ぬことを私は望むかもな。

だから皆んな元気でいてくれ。

妻も子供も友人も愛犬も・・・・。




           by 空耳


2012_01
22
(Sun)18:20

気持ちを切り替えて

昨夜はいろいろ心労が重なってつい愚痴ってしまいましたが
いつまでも凹んでばかりいられません。
せっかく模型趣味を持っているのですから
仕事の事は忘れて再開です。


台車塗った

まずは懸念だった台車の塗装です。
これといって名案もないので普通にタミヤのアクリルカラーを筆塗りしました。
案ずるより・・・とは言いますが何度か塗り重ねるうち落ち着いた色調に
なってきましたのでこのまま行くことにします。
下処理をしてないので早期に剥がれ落ちる可能性がありますが・・・

そんときゃまた塗ればいいや! ^^;

車輪も塗りたかったのですが、さすがにメッキにアクリル塗料そのままじゃ
無理だし動力台車が分解できないのでやめました。
以前はネオリューブを使っていたのですが最近は近所で入手出来ません。
どこで売ってるのでしょうか?

検索してみましたが解りませんでした。orz



chiroru

本日、近所のスーパーに妻と買い物行ったときに見つけたもの。
先日震災の影響で品薄になったとお詫び広告が出たご存知チロルチョコレート。
40個も入ってて500円以下というバレンタイン特別セットなのだ。

通常の1個売りのは「管理バーコード付けるのにサイズ不足」ということで
やや大きくして20円に値上がりしたが、カップ入りのこれはその必要が
ないのでオリジナルのサイズになっている元祖モデルなのです。

頭痛持ちの私にとって甘味は鎮痛剤よりも効くことがあり薬の無いとき重宝します。
板チョコや他の甘味では量が多すぎてカロリーが心配ですが、このチロルなら
小さく少量なので大丈夫!!

でもな、40個入り買って意味あんのか?

大丈夫です。
我慢して少しづつ食べることにします。(w


2012_01
21
(Sat)21:00

ごめんなさい

カルドネ

もしかしたらこんなド素人の下手な工作記事を楽しみになさって下さる方々には
申し訳ないのですが少しばかり体調不良が続いてまして工作休止中の1週間です。
体調不良といっても機能的なものでなく精神的なものです。

実はこの新年から職場のシフトが変わり新しいメンバーと仕事をしているのですが
まだ身体や気持ちが馴染まないせいか余計なところで気疲れしてしまうようです。
環境的には以前よりやりやすいのですが場の空気に慣れないのが一因かと。

そんなあやふやの気分を酒で紛らす毎日で、酔えば気持ちいいけど工作できないのと
元々肝臓疾患があるため健康不安との板挟みでただの現実逃避になってまして
決して自分にとって癒やしとなっているわけではありません。

タバコを止めて7年になりますがその分はアルコールとカフェインに頼って
精神安定を計って来ましたけど、健康を考えればそろそろ別の手段も視野に入れて
いかなければならない時期に来ているような気がします。

常習性という意味では麻薬もアルコールもカフェインも変わりません。
なんらかに頼ならければ生きていけない点では同じであります。
全てを完全に断ち切る事は難しいでしょうけれど健康を考えれば制御して
行かなければなりませんね。


欲を絶つことが幸せにつながるのか?


違いますよね。

上手く身体を騙して付き合うことだと思います。

逃げ道をひとつだけでも残しておかないと人は壊れます。
規則・習慣・常識の全てが正しいと教えられて疑いもせず続けて
結果的に壊れてしまった人を何人も見てきました。

無理だと思ったら休みましょう。

これからどうするか考えましょう。

誰も正しい答えを教えてくれません。

知っているのは自身の身体だけです。


そこの貴方、無理をしていませんか?

歩きながら考えるのではなく一度立ち止まりましょう。
遅れたって抜かれたっていいじゃないですか。
止まらなければ見えないものが沢山あると思います。

そう思いませんか?










2012_01
15
(Sun)16:40

微速前進

EF6440-1
EF6440-2

昨年暮れから続けてきたカツミEF64の更新工事もそろそろ終盤。
と言ってもそれは車体だけのことで、モーターを交換するかどうかと
ギヤボックスから外れない台車枠と車輪の塗装をどうするかという
問題も残っている。

昨夜から今日にかけての工作はメーカーズプレート・ATS表示・
検査表示の貼り付けと接着、ジャンパ栓受の増設とスカートの塗装
そして屋上モニターのHゴム色入れと艤装の9割終了した。

やればやるほど手を入れたい場所も増えてくるけど、そろそろ
他の工作も進めたいものが溜まってきているので64の工作は
出来ればあと2週間ほどで完結したいところ。

新車制作ならばともかく今回は旧製品の部品レベルでのアップグレード
だから、やりすぎればかえってバランスを崩してしまうので引き際を
間違えないよう「あともう少し」のところで止めておく。

人生の場合は上手くいかんけどな。

引き際ってやつがなかなかな・・・^^;



ブラックサンダー

今回の工作中のオヤツである。
音楽を聴きながら工作することはあまり無いけれど何かを食べながらはよくある。
集中力が必要な時とリラックスする時の頭の切り替えに効果があるように思う。
顎を動かすことは脳の活性化に役立つと何かで読んだ。

この「ブラックサンダー」なるチョコレートスナックは1個30円の駄菓子で
私の住む豊橋市にも工場がある有楽製菓という会社の製品である。
体操界のエース、内村航平が常食してる事で有名になり全国から注文が殺到し
今や某巨大流通グループの手によってコンビニの定番までに発展した。

知ったかぶりに書いてるが私がそれを知ったのはつい先週のこと。
いつも訪問している同郷のこちらの方の記事で初めて知りました。
さっそく昨日スーパーに行った時に探して買ってきたものです。

味は30円の駄菓子としては納得できるかな?
このスナックの他に派生商品として饅頭やらアイスクリームやらあるようで
気になる方は探してみてください。






2012_01
14
(Sat)10:32

牛歩工作

新年の休暇も終わり、仕事が始まると工作は週末のみ。
連休中のように進捗しないが手が進まない分は頭の中で空想している。
何をどうするかと考えるのも模型工作の醍醐味のひとつである。


いさみや

戦時中宇宙人 先日友人が部品を送ってくれた中にあったメガネ拭き?みたいなの。
聞けばインレタを貼る前にこれで塗装面を拭いて定着率を上げる方法の一つとの事。
確かにインレタはメーカーや保存期間などで状態が様々であり均一の加減でも必ず上手く
付くとは限らず安定感に欠けるという問題がある。

だからといって欠くことの出来ない工程だし、その仕上がりで出来栄えが大きく変わる。
以前にも書いたが、どんなに素晴らしい製品でも作品でもインレタの文字が傾いたり
数字間が不均等な間隔だったりするとワンランクダウンは免れない。

美人だけど鼻毛出てる・・・みたいな残念な印象になる。
素材が良くても化粧が悪ければ台無しなので仕上げの踏ん張りどころなのだ。


前面ナンバー

さて番号を貼るとなればいったい何番にするかという事になるが、それには
この製品がどのプロトタイプを元に設計されているかと読み取ることが必要だ。
現代の製品のように特定番としているわけではないが、どのタイプを元に
図面を引いたかくらいは検証すれば見えてくる。

調べてみるとEF64の一般型は79両が製造され、その時期によって9種類もの
形態に分かれるようだが、この製品の仕様に充てがってみると運転席窓下の通風口が
あり、初期車に見られたプロテクタの取り付け穴跡が無くデフロスタが熱線入ガラス
に代わった頃の5次量産型で37~45号機が該当するようである。

もちろん厳密ではなく、あくまでも目立つ部分でそれらしいと言うだけで
前面(顔)以外では全く検証しておらず実車と異なる部分は多々あるだろう。
それほどこだわりが有るわけでは無いので何となく40号機としてみた。

貼ったインレタはアクラスの残りをもらったものだがアクラス製品は6次車以降※
がタイプであり40号機が無いので並べ替えて貼ってみたがちょっと形式と車番が
間が開きすぎたかな? まあ目立た無ければいいや。


※ アクラス製品では国鉄色車に5・6次型として販売してるバージョンがあるが
  前面通風口が有り、これが6次車としていいのか私が文献で調べたほうが
  正しいのかよく判りません。ご存知の方教えてください。



後は何とかワイパーを付けたいけど塗装済み面に穴を開ける勇気がありません。
それもヒサシの裏にどーやって開ければいいんだ? (´ε`;)






2012_01
09
(Mon)10:04

大人への入口

麻雀

土曜日の夜のこと。
翌日に下宿先の福井へ帰る次男坊が「麻雀をしたい」と言い出した。
どうやらこの年末年始に妻の実家で義父に教えてもらってたらしい。

以前に少し教えた事があったのだが、その後機会に恵まれず
大学に行き始めてから周囲の友人がやり始め本格的に覚えたいらしい。
妻は帰省先でそのことを聞いていたらしく自宅に戻ってすぐに牌とマットを
ネットで購入したのだが届いたのが次男の帰る前の日だった。

この晩に残業を終えて帰宅すると「今夜しかないから」と妻の頼みもあって
夕食後に風呂にも入らず、その夜は外泊の末っ子を除いた家族4人で卓を囲む。
私とて20代の頃は散々やってたけど、もう15年はまともにやってない。
ただ経験では1番あるので「いっちょ、もんでやるかと」半チャン勝負!!
で、その結果・・・・


妻一人勝ちでドヤ顔!


父ちゃん全く立ち場無し・・・・orz


もんでやるどころかルールを忘れてるところもあってチョンボ2回もやるわ、
親満に1回、満貫に2回振り込むわでマイナス25000点でいいとこなし。www

箱点の次男に続くビリから2位で終了。

ブランクが長いとは言え、ここまで悪い結果だったのは頭が衰えてるのか
それとも単に運が無かっただけなのか・・・・。




必死で悔しい思いを隠してとっとと寝室に入りフテ寝しました。



2012_01
08
(Sun)15:18

食らわば皿まで?

ステップ仮ドメ

前記事の皆様から頂いたコメントに従ったわけではないですが
どのみちロストのスノープロウを付けるなら外したステップをもう一度
スカートに取り付けなければいけないわけで、ならばステップも
ロスト製へと交換することにしました。

ハンダ付けも考えましたが、これだけの厚みのあるロストだと相当量の
熱量が必要でして、下手くそな私がやると床板からスカートまでも
外れてしまうような気がしたので今回は2液混合のエポキシを使用。

適量を塗布後に半田用クリップにて固着するまで固定して放置。
一応30分乾燥のエポキシなんですが安全マージンを取って一晩置き
もう一度ステップ周囲に塗布して更に一晩放置しました。
乾燥後の強度は充分でして負荷のかかる場所でもないのでOKとします。




元の形

最初はこんなんだったのに・・



ロストだらけ

なんですか? この変貌ぶりは・・^^;

元の持ち主で紙成講師でもあるM岡氏がこれ見たら・・・

「俺があげた64、どーするつもりだよ!」

とか、独特のあの口調で責められそうで怖いっす。(w

それはさて置き、ここまで来ると電暖ジャンパ栓も付けたいところですが
これはさすがに接着剤でというわけにはいかないし半田メッキなんて高等な
技術はやったことないので不安です。

ただ上回りとのバランスからもうこれが限度かなとも思い始めていますし
いい加減に次の段階に進まないとどんどん完成が遅くなってしまいます。
これ以上深い川に足を踏み入れるのは危険なのかも知れません。



ED62並び

話は少々変わりますが、当初採用したスノープロウはアダチのED62に転用。
こちらでは実車も同じタイプですので、スッキリと馴染んでいます。
ちなみにこの2両のED62、右が今回プロウを転用した ’74年発売の初代で
左がそれから四半世紀以上過ぎてからキットとして発売された2代目製品です。




2012_01
05
(Thu)06:08

笑うしかない

ドリルセット

なんだかんだ言ってもそれしか手段が無いので結局探してきたドリルセット。
運良く2店舗目で見つかったし、0.5~1.4の10本セットで約1000円と
思ったより安かったので迷わず購入してきました。

以前見たときは2000円以上したと記憶してたのですがメーカーが違うのか
値下げしたのか解りませんが安いのは何よりで某大手模型メーカーが発売してる
セットなんて5本で2500円くらいのに比べれば遥かにお得。
塗料缶もそうだが同じ物が「模型用」と名を変えるだけで

何故高くなるのだ? (・ω・? )


まぁ無事に入手できて、それは良かったのだが先日コメントで頂いた指摘を
思い出してちょっと気になっていたのがスカートの形状。
ご存知の通り、前回までに私が用いたのは本来はEF60や65などに
装着されるプロウの角度が浅いもので実際にはEF64には装着されていない。

友人から送られてきた部品の中にロスト製の該当部品があったのだが
一度充てがって見てちょっと取り付けは無理っぽいかなと思ってたのだが
なぜだか急に何とか付かないかなとあれこれ試してみたくなった。



ロストスカート

あら、付いちゃったよ! (´・∀・`)

カプラーの取り付け部が深い位置にあり、プロウの取り付け穴とは大きく
高さ位置が異なっており付かないと思っていたが、あれこれやってみたら
難なく付いてしまいました。



横から見る

異なっている高さを埋めるにはどうしたらいいか?と考えついたのは
ストック部品の中にあった1.5mm厚のスペーサー2枚と0.5mm厚の
スペーサー1枚を3段重ねて高さを補正するという荒業である。

前回までにカプラー取り付け穴を1.4mmから2.0mmにタップ切って
広げておいたのが功を奏して急遽思い付いたのだ。
1.4mmのままだったら、そのサイズで長いビスなんて無いので
とても無理だっただろう。


裏から見る

取り付けた状態で裏から見て見る。
位置が少し前寄りなので取り付け穴を長穴に加工して湯口を綺麗に整形すれば
もう1~2mm後退させてもギヤボックスとの干渉も無さそうである。

このまま採用!としてもいいのだが外してしまったステップを床板に付いたままの
スカートにハンダ付けしなけりゃならんし、そのためにはスカート裏の塗料も
完全に除去しなければならんと手間が更に増えてしまうので躊躇している。

母さん、出口が見つからないよう・・

と嘆いては見るが一度かっこよさを知ってしまうとなかなか戻れない
モデラーの悲しい性が荊棘の道に雨を降らせ視界を曇らせる。
もうこうなったら覚悟を決めなければダメですか?

ねぇ?


誰に聞いてんだよ俺。


2012_01
04
(Wed)11:44

コンマ1mmに泣く

穴あけ

さてと正月三が日を過ぎたので工作を再開致しました。
EF64のエアホース増設がまだ片側だけでしたので続きの反対側です。
0.5mmのドリルをセットし写真を見ながら増設する側の位置を決めます。

床板にスカートを取り付けたままの作業ですのでポンチも打てないし、
正確な位置図面が有るわけではないので、あくまでも雰囲気で場所を決め
なんとか無事に穴開けが出来ました。

図面から位置を割り出せたとしても模型自体が正確な縮尺じゃ無いので
図面寸法とパーツサイズの比率が合わないなんてのは工作の常識ですし
取り付けるエアホースだってオーバースケールなので重要なのは見た目の
「位置感」と「全体のバランス」としてここは勘どころでもあります。






ホース挿す

空いた穴とこれまでのパーツが付いてた元の穴にホースを差し込みましたが
何故か新しく開けた穴にはホースがちっとも挿入出来ません。
確かに目で見ても以前から開いてる穴の方やや大きいようです。

最初にやった側に使ったドリルは折れてしまって今回はドリルを変えてます。
その際にどこかでこれは0.5mmだと思い込んでたようなのです。




測定

測って見たら案の定、ホースの径は0.6mmでした。
ということは折れたドリルは0.6mmだったということになります。
そんなドリル持ってたっけ?と思いましたが実際に反対側は開いているのです。
ちゃんとドリル径事に管理してなく目測で選択して裏目に出てしまいました。

1mm内径くらいなら細い棒ヤスリを突っ込んで径を広げることが出来ますが
0.5mmを0.6mmにするにはやはり0.6mm径のドリルが必要です。
工作再開して僅か15分ほどで手が止まってしまいました。


あ~あまた買いに行かねばならんべ!
ちゅうか0.6mmなんてここらで売ってるのか?
とりあえず昼食食ったら探しに行ってきます。



うう・・寒いのに。( ´Д⊂ヽ




2012_01
02
(Mon)10:57

新年のご挨拶

2012謹賀新年
           上高地散策道から穂高連峰を望む


      明けましておめでとうございます。         
     本年も「りゅーでんの模型電車道」をよろしくお願いします。



ところで皆さんはどのように新年を迎えられましたか?
我が家では子供の受験があった昨年はどこにも行かず家族全員が自宅で
お正月を過ごしましたが今年は妻も休みが取れたこともあって子供と実家に帰省。
私は愛犬の世話の為、自宅に残りました。



年越し

犬と一緒だけではあまりに静かすぎるので大晦日の晩は近所の同級生4人を
誘ってお鍋パーティで年越しすることにしました。
集まった4人はいずれも小学校時代から35年以上付き合いのある奴ばかり。
なんの気負いも緊張もなく最も気軽に話が出来る幼馴染で親友なのです。

夕方に鍋の材料買出しに出かけ、一旦解散し午後7時に再び集合。
鍋料理を腹いっぱい食ったあとはコタツを囲んでテレビ見ながら雑談です。
話の内容は下らない下世話なものから人生相談、時には世界情勢にまで。

人生も50年に差し掛かると、そろそろ自分の行く末が見えて来ます。
集まった友人もそれぞれに悩みや不安を抱えて日々を過ごしています。
話しただけで解決するような簡単な事はひとつもないですが、話す場所があり
聞いてくれる友人がいるのは本当に有り難いことですね。

ちなみにこの晩飲みすぎて年越しそばの湯を沸かしたところまでは
憶えているのですが次に気がついたのは元旦の朝9時を過ぎてました。
目が覚めても二日酔いで体がだるいのでそのまま寝直して1日終了。

事前の予想通りの展開と結末^^;


さて、頑張っていい年にしますか!!