FC2ブログ
2011_08
26
(Fri)08:00

不変

分解EF61

16番模型からは手を引くという友人からン百両の車両を預かった。
譲渡の条件として維持・管理・整備の徹底と未完の編成の完成させよとの事なのだが
不足車両の中には市場在庫の無いものや未発売の形式もあったりするから大変だ。

未完については期限を設けられてる訳ではないのでまだいいが整備は日常的に必要だ。
自分の車両を含めると総在籍車両数が700両をオーバーするので年一回の整備でも
単純計算で1日に最低2両の整備が必要な事になってくる。
トレーラーは特に整備が必要なわけじゃないからそれはちと大げさだが。^^;
それでも私の模型ライフの大半は中古車両の整備と新車の完成仕上げが9割を占める。

本音は紙工作やブラスキットにもチャレンジしたいのだが山と積まれた車両箱を前に
するとそんな意気込みはどこへやら・・・まずは目の前の事を片付けにゃならんのだ。
さっそく運び込まれた車両の状態を確かめるべく最初に蓋を開けた天賞堂のEF61。
車両を箱から出してみると・・・。

いきなり片方の台車がダラ~ン (;゚Д゚)!

どうやらセンターピンのビスが外れているらしい。
天賞堂に限った事じゃないがギヤボックスが一体型の機関車の台車のセンターピンは
下はギヤボックス、上は駆動シャフトがある関係であまり長いものを使えない。
駆動系への干渉は動く模型にとって致命的だからだ。
極短いビスで留められているので走行によって台車が首を振ると緩んでくるから
いずれは台車が落下してしまう。 以前にも天のED76で同じことがあった。


ボルスタピン

ブラス製品を整備してる時、いつも思うのだが年々精密化や多機能化の進歩は感じる。
整備性はどうかと言うと50年前から変わってないのではないかと思われる部分も多い。
例えば台車の脱着一つにしてもわざわざ車体を外さなければならないし、画像のように
シャフトを装着したまま台車を留めるネジを回すのだが真直ぐにドライバーが入らない。
組付け順序を変えれば多少楽になる場合もあるが台車枠なんかだとそうはいかない。

高価な製品で分解するのが怖くても走らせる以上は分解整備が必要になってくる。
何度か経験を積んでいけばなんてことない簡単な組立分解がほとんどだが最初は壊して
しまうかも知れないと二の足を踏んだり手数料を店に払って任せている人も多いらしい。
この恐怖心に打ち勝つには手がないわけでは無いのだ。

不安に負けない大きな好奇心を持つ事

何事も最初から上手くいくことなど無いので最初は大きな勉強代を払うかも知れない。
だけど人間ってやつは痛い目を見なければ向上心が生まれない事も間違いの無い事実。
模型誌を飾る達人モデラーの話を聞くと誰もがその道を通って来ているのだ。
損害も失敗もナシに大きな喜びを得ようという都合の良い方法なんてどこにもない。

エラそうに書いてしまったが万年ヘタレモデラーの私だって失敗を繰り返してきた。
生まれて初めて買った天賞堂のC62(125,000円!)を不手際で落下させた時は
明日彗星が落ちて来て世の中が滅んでもいいやと思ったくらい凹んだ。(w
次からは失敗しないように頑張ろうと持ち直したから今がある。
それからもあんまり上手くなっていないけれど、ひとつだけ解ったことがある。

緊張感を見方にしないと物事は長続きしない。


要するにスパイスが無ければ味が引き立たないと言う事。
例え悪い結果だったとしても刺激がなければ人間は飽きてしまうのだ。
とはいえ模型はこれからも更に精密化し扱い辛くなっていくことが想像できる。
消費者側の心構えもより必要だがメーカー側もこの点を踏まえてより扱いが楽しい
模型の設計をお願いしたいものである。



どうも最近、話の筋が途中で曲がるな俺。 (; ̄ω ̄)ゞ




スポンサーサイト



2011_08
19
(Fri)20:18

夏休みの終わり

夕方

9日間の連休も今日で終わりです。
レジャーらしいレジャーもせず、出かけたと言えば・・・


焼肉

家族で焼肉行ったのと・・・



BBQ

仲間とバーべーキューしに海に行ったくらい。



昼寝

後は昼寝ばかりしてました。


工作もトータルで5~6時間はしてますが地味なインレタ貼りだけです。
とりあえず秋の花月園に持っていく予定の車両の整備だけは早めに済ませておかないと
秋は結構、他の用事があるし震災休業分の振替出勤も始まるので忙しくなりそう。

明日から仕事です。




あ~あ( ´Д`)=3



2011_08
16
(Tue)12:26

しばしのお別れ

旅立ち準備 DD50

4年前の夏に東京在住のコレクターから譲っていただいたカツミ製DD50。
我が家に来てから付属品取り付けなどの新車整備を施行して3年前に花月園でデビュー。
一度は無事に走行したが、その後の整備でタイヤ弛緩が発生し休車期間2年。
今年の春になってようやく製造元に送って修理、春の花月園に再登場する予定だった。

ご存知のようにこのDD50型ディーゼル機関車は完成品として発売されたのは
1974年のアスカ模型以来で、実に18年ぶりに製品化されたもの。
当時登場して間もないMPギヤを搭載しロスト部品をふんだんに使った高級品で
お値段も92年当時としては別格の89,800円! 2両必要なのでほぼ18万円。
極一部の特製品を除けば、他のどのメーカーのどの機関車よりも高価だった。



台車が・・・

修理から戻ってきたこの機関車を運転会に持参するためにチェックしようと眺めたら
2両の内の1両の車体が置いたときに微妙に安定しないことに気がついた。
なんでだろう?と眺めること数分、ようやく異常に気がついた。

非運転台側の台車枠が線路に沿って水平になっておらず傾いている。
類似車の無い形式なのでほぼ全ての部品を新規に起こしているが台車枠だけは当時
別メーカーで販売されてたキットのものを流用しているのだ。

他社の規格の台車枠を自社製品規格(正確にはMPなのでエンドウ製)に合わせるため
自社の他の製品に無いアダプターを介して駆動軸と組み合わせてるので無理があるのか?
と思ったがとりあえず分解して見ることにした。



軸受ずれ

見た瞬間凍りついてしまった。(;゚Д゚)

なんと軸受が前後で2mm近くズレているのだ。
そりゃあこれでは台車枠が傾く訳で、いくらなんでもこれでは走らせられない。
オリジナル部品では軸受は付いてないので、この加工はカツミ側でやったことだ。

自分で修理を試みようとも考えたがザグり用のボール盤もメタル打込み治具もないので
メーカーに再び修理を依頼しようと状態を写した画像を添付したメールを送った。
返信されて来たメールには「送って下さい」の一文と共に驚くべき記述が・・・

「修理に1年お待ち頂く可能性があります。」

カツミ側の言い分によれば、この春の震災で被災された車両が大量に持ち込まれて
修理部門が手一杯で確実な納期をお伝えすることができないとの事らしい。
なんとなく納得してしまいそうだが、よく考えてみれば被災された車両と
出荷検査の不備で不良品のまま売られた車両を同列
にするのはおかしくないか?
加えて私のはプロがやれば30分も掛からない修理内容なのに。

カツミというメーカーはこれまでの私の印象は悪くない。
中古品で買った同社製の車両の部品在庫の有無を地方在住で来店出来ない私の電話にも
時間をかけて確かなアドバイスまでお話頂いた事もあってむしろ好感度の強いメーカーだ。

メーカー名はあえて言わないが同じような内容の電話で冷たくあしらわれた事もある。
接客態度も悪いし電話応対もまともに出来ないメーカーも確かに存在する。

3流の老舗ほどタチの悪い店は無い!



自分の我侭は今回は伏せるけどそっちに送るから出来るだけ
早く対応して下さいね。

カツミ目黒店様 m(_ _)m



2011_08
15
(Mon)20:00

告知

検査を終えて呼び出された私は椅子に座って報告を待っていた。
現れたのは若い男で私の名を確認するとカルテに目を通しながら話し始めた。

「大変申し上げにくいのですが・・・ご主人様は老眼が始まってますね。」

いやそれはもう48歳だから充分自覚してるし、だからココに来たんだってば。
そうここは市内にある眼鏡屋さんでメガネの度が合わなくなって来たので
新調するために、ちょうどメガネを作り直したいと言っていた次男も連れて
2年ぶりに来店したのだ。

クモハ61
        画像の組み合わせに他意はございません。^^


思えば子供の頃から青年期までの私は視力が良いのが取り柄だった。
それが最初の転職で某電気メーカーのプログラマーになってから急速に衰えが
始まり15年前の自動車免許更新でとうとう引っかかりメガネが生活の友になった。
1日の勤務時間のほとんどをモニター前で過ごす仕事だから目も当然悪くなる。

最初のうちは運転するときだけで良かったが年々進行して掛けてる時間も長くなり
当然、模型趣味にも影響が出始め細かい作業が苦しくなっていた。
そこで決心して当時主力だったNゲージを止めて16番1本に絞ったのだ。
資金的に16番への移行は厳しかったけど見えないものは楽しめないので
選択の余地は無かったのである。

今思えばこの時に16番に移行しておいたことが幸いして花月園運転会を知り
参加することになって現在の自分があるのだと考えれば、あの時の決心は正解だった。
転機というには大げさだけど趣味を見直す大きなきっかけになったのだけは確かだ。

老眼が進んでメガネをかけていても手元が見えにくくメガネの上からモノを見る
仕草があまりにもジジくさいと妻に言われたのがきっかけだったので
今回初めて遠近両用に買い換えたのだ。 

思ったよりショックだったのだ。
妻に面と向かって

「ジジくさい」と言われてしまったことが。

お前だってバ・・・・・なったぞとは絶対に言えない
気の小さなオヤジなのです。




2011_08
14
(Sun)10:10

とりあえずやっている。

連休も早4日目、工作ネタのUPが無いのでまたサボってるな!
と読者の皆様に思われているかも知れませんが金欠でどこにも行けない事も
あって私にしては珍しく毎日工作しております。

ただ工作内容が買ったまま(あるいは譲ってもらったまま)仕上げを
していない車両のインレタ、シール貼りという記事にならない単純な
ものばかりなのでここに上げるネタとしては面白くないからです。
なので今回は自身初めての工作をしてみました。

ヨ工作前

実は工作というほどでは無いんですが初めて室内灯の組込みをしました。
近年では標準装備の製品も多いのですが大手2社の製品はコスト重視でオプションです。
室内灯の点灯化は1両辺りで言えば大した金額ではありませんが編成分となると
もう1~2両が買える位になってしまい、いつも車両分ギリギリの予算確保で
手一杯の私はこれまで1度として組み込んだことはありませんでした。


ヨ分解

さて車体内部の工作なので当然分解をしなければ始まりません。
プラ製品の工作で一番気を使うのが初めての製品を分解する時でしてここで
爪を折ったりするとモチベーションが一気に萎え、後の工作に影響します。^^;

そうした事態を避けるために説明図をまず見るのですが大抵の説明書は詳しくない。
このKATOのヨ5000でも説明文中に「妻板を取り外して下さい」とあるが
どこをどうやれば外れるかの指示がなくて一瞬戸惑います。
構造をじっくり見れば解る場合が多いのですが中には?な部位もいくつか・・


ヨ組立

このように集電板を組み込んでライトユニットを付けようとすると
ユニット側の端子と集電板の位置が全く合わず普通「部品が違わない?」と
思ってしまいます。

実は集電板側をライトユニット側の幅に合わせて曲げればなんなく付くのですが
そのような指示は説明書になく頭の固い人ではこの時点でクレームするか
投げ出してしまうでしょう。 私も気がつくのに数分考えました。


点灯試験

最後に元通り組み立て試験線路に乗せて通電し点灯を確認します。
説明書の不備はともかくはめ込み構造だけで全く光漏れしないのはさすがKATOです。
新製品の開発には元気のない最近の同社ですが最新CAD&国内生産での精度は抜群で
海外生産に頼る他社とは一線を置く品質はさすがですね。

この室内灯の組込みですが車体をバラし始めて試験線で点灯するまでに僅か10分。
御手軽すぎて拍子抜けしましたが息抜きにはイイかもしれません。
ならばこれまでの車両にも・・・とは思いましたが「ヨ」だから1両だけど
編成となるとやはり費用がかかるので当分はお預けです。

以前より私はこれからの鉄道模型の進む道は「光と音の演出だ」と言い続けて来ましたが
LEDの低価格化や二層コンデンサの採用などで近年大分現実味を帯びてきました。
少し残念なのはこれらは中小、あるいは新興メーカーの売りだけで大手メーカーが
本腰を入れて来るのはもう少し時間がかかる事でしょう。

元々が高価な鉄道模型ですし多機能化して値段が上がって客が離れてはいかん!
との思惑もあるのでしょうが、そこはじっくりと市場調査と企業努力で新しく
展開していかなければいずれ行き詰まってしまうでしょう。
今やプラレールでもライトが点くし音が鳴る時代です。



さてとあっという間に終わっちゃったので地獄のインレタ貼り
に戻りますか・・・。

2011_08
11
(Thu)09:00

連休始まったが・・・

城とクルミ

猛暑の激務が終わり本日から9連休です。
この数日間がどれだけ厳しかったかというと勤務先の工場では連日人が倒れる。
あまりの事態に会社側は工場全員(1600人!)にジェル式冷シップ(冷えピタとか)
と塩飴を支給、更に残業者にはスポーツドリンクや栄養ドリンクを無償支給したほど。
私も頭と首に濡れタオルをかけて自己防衛してなんとか乗り切りました。

さて、連休に入ったはいいが実は大した予定はない。
JAMとは日程が大きくズレて行けないし、次男坊が下宿から帰宅してこの夏は
自動車学校なのと長兄と三男もそれぞれ忙しくて和田山への帰省も無し。
ある予定とすればお盆に墓掃除に行くのと1日だけ仲間と海遊びに行くくらいだ。
予定がない、入れない最大の理由は・・・・・

先月の大きな買い物(内容は当分開かせんけど)で小遣いとヘソクリの全額を使って
しまったのと、この暑さで僅かな小銭も仕事中の飲料代に消えてしまったからだ。
9連休の初日に48歳の一家の大黒柱の俺が財布の中に

50円しかないってどういうことよ? ((((;゚Д゚)

こうなるのは事前に判っていたのでヤフオクで小銭稼げばいいや!なんて思って
ましたが連日の疲労でそんなことはとても出来ずこの日を迎えてしまいました。
女房からもらう昼飯代をちょろまかしてビール代くらいは確保しなければ。


クモニ旅立ち

時間つぶしには全く困らない。
仕かかりのキットも手つかずのプラ車両も山ほどあるからで、無いのは暑さで消耗した
気力と工作を進めるのに新たな材料、工具くらいなのである。

もちろん塗料を買うお金も無いので先日仕上げを終えたレストア中の遠藤製
クモニ83も我家で進めることが出来ないので友人の工房に預けて塗ってもらう交渉を
先週居酒屋で取り付けたのでしばらくお出かけとなった。



定価3万以上もするエアブラシを

2年も前に買って持ってるくせに

今になっても一度も使ってない俺は

やはり少しおかしいのかも知れない。




結局カンスプレーと小筆だけで済ませているからなんだけど。
半額近いからって衝動買いしたんだよな~。 (-_-;)




2011_08
05
(Fri)09:08

早くも夏バテ?

だらん

台風8号が去った後、朝晩は幾分暑さが和らいでますが昼間はさすがに暑い8月。
我が愛犬「くるみ」も人間に例えれば私と変わらない年齢になったせいか若い頃の
あのハチャメチャな体力はもう無くて夏の太陽にはすっかり降参しております。

一方私も震災で休業した分の挽回生産が会社で始まり連日の長残業と7月の暑さで
蓄積した疲労が回復せず気力も衰えて限界寸前でした。
栄養ドリンク、ストレッチ、睡眠とあらゆる改善を試みましたが効果なし。
昨日もダルいので昼寝していたところに木曜日は仕事半ドンの妻から電話。

「マッサージ行くけど、行かない?」

ホンの数か月前に私の通勤経路にチェーン展開のマッサージ屋が開業したことを
妻に話したら、値段が安いこともあって一人で行ってたらしく私にも薦めてきた。
これまでに他所で2~3回の経験はあり気持ち良いのは解っていたが1回5000円
前後かかる費用が長い間足を遠ざけていたのだ。


手揉み屋

これまでの半額に近い値段と溜まった疲労には勝てないと思い切って妻と同行。
「手もみ」の文字に黄色い看板で一瞬「ラーメン屋か?」と思わせるが
れっきとしたマッサージ店である。

中に入り、簡単なアンケート(初めて利用の場合)を書いてソファで順番を待つ。
やがて順番を呼ばれると店員に導かれて薄暗い廊下を進み小さく仕切ってある部屋の
ひとつに通された。

部屋の中にはうつ伏せ専用のベッドと手荷物置き用のカゴが一つあるだけのシンプルさ。
これでモニターが設置してあれば個室ビデオ店、テッシュが置いてあれば性・・・
なんて思ってると担当のお兄さんが来てさっそく施術を始める。

いろいろなコースがあって私が選んだのはボディのみ45分コース。
簡単な挨拶と説明の後、体の力を抜いてベッドに横たわりお兄さんに全て委ねる。
薄暗い部屋で会話一つ無く(雰囲気が悪い訳ではなく気持ちよくて半分寝てるから)
黙々と施術するこの雰囲気はどこかで見たような気がするなと思ったら
映画「おくりびと」のワンシーンが頭に浮かんだ。

「わしゃホトケさんじゃないわい!」

と自分の妄想に自分が突っ込んでいるうちに時間が終了。
今回の費用は先に書いたようにボディ45分コースで初回とクーポン割引で2500円程。
確かにこれまでの他店に比べればかなり安いし接客も施術も充分満足するものだった。
先程までの疲労感も全てじゃないがだいぶ楽になった気分だ。
これならこれからも月に一度くらいは来てもいいかなと思う。
ただ、欲をいえば・・・私の担当は・・・

お姉さんにして欲しい!

(爆)