FC2ブログ
2010_01
29
(Fri)10:24

ありゃ、いつの間に?

夜勤から帰ってきての風呂上り。
いつものようにパソコンの電源を入れ自分のブログを開く。
と、ここまではいつもと何も変わらないのですが良く見ると・・・


お? (・∀・)♬♬

おお? (・∀・)♬♬♬♬

なんと!



ありがとうございます!!
            20万ヒット記念にキハ20に挟まれたB20!
   

2005年の開設以来、5年間の総アクセス数が20万超えました!!
前回の10万ヒットが2008年の8月でしたから1年半で倍になった事になります。

前代未聞の完成作品がほとんど無いと言う異端の工作ブログながら懲りずに
来てくれる暇な方々のおかげで順調に進んでまいりました。

このブログで公開することで工作の進捗を図るつもりでしたが開設以来当初の
目論見はどこへやら5年経った今も何も変わっておりません。
46歳にして学んだことと言えば

人の性格、根性は簡単には変わらん!

てことでしょうか? ^^;



たぶんに今後も何も変わらないブログになると思います。
皆様、今後ともよろしゅう!!  

スポンサーサイト



2010_01
26
(Tue)18:23

運転会訪問 2010 その2

先日に続いて1月23日に愛知県某所で開催された名古屋鉄道模型クラブの
メンバーの一部による内輪運転会の様子を紹介します。
今回は当日参加された方の車両を紹介しますが初めての参加で
初対面の方も多く所有者のお名前まで覚えていません・・・。
ここで実名が必要なわけではないんでいいんですけど。^^;




ご存知、天賞堂のベストセラーであるEB10形電気機関車。
現在は花月園メンバーでもあるY氏の所有になってますがメーリングリストのひょんな
話題から東京の元コレクターのお宅より発掘され愛知まで転属してきました。
製品は初期のもので相当古いのですが少しの整備で快調に走り出しました。
後ろに続くワムはアクラスの完成品とホビーモデルのキット組。




今回の幹事、O氏が所有するJRキハ85と名鉄キハ8500の併結編成。
実車では見られなくなって久しいですが地元の熱心なファンによって模型で蘇ります。
どうしても欲しくて相当無理して購入されたとのこと。

痛いほどわかりますなその気持ち!(ヽ^◇^)ヽ




門デフの9600(天賞堂プラ)が牽く貨物編成。
実車の運行速度は50km/hほどなのでちょっと速過ぎますね。^^




今度は機関車をC55(天賞堂プラ)に換えてやっぱり激走!
ちなみに今回蒸気機関車はこの2両だけでした。
現役の蒸機を知らない世代が多いメンバーだからかな?




最後は夢工房の名鉄パノラマカー、それも贅沢な8連!!
私としても最も欲しい車両のひとつだけ涎が止まりませんでした。(w




最後になりましたがこの運転会にお誘い頂いた幹事のO氏を始め案内してくれたY氏。
そして当日暖かく迎えてくれた参加メンバーの皆様にこの場で恐縮ですが
お礼を申し上げます。 また遊んでください。m(。_。)m


2010_01
24
(Sun)08:42

運転会訪問 2010

久しぶりに運転会にお招き頂いたので行って来ました。

3年前の東京HOクラブを始めとしてこれまでに昨春にゆる鉄会、

続いて昨秋に湘南鉄道模型クラブ

訪問させて頂きまして今回で4つ目のクラブとなります。

今回お招き頂いたクラブはこの趣味なら恐らく誰もが知っている老舗クラブのNMRC。

名古屋鉄道模型クラブに行って参りました。

と言っても実は本部主催の定期運転会ではなくて若手中心のメンバーで構成する
分派の集りでして通常の一般公開でもない、内輪の運転会なんです。
本部が年に一度、名古屋市科学館を使ってやる大々的な公開運転会には
これまで何度か見学させて頂いたことがありましたが今回は分派とは言え
自分の車両を持ち込んでの参加は初めてです。

レイアウト

レイアウトは複線に待避2本の極めてシンプルなんですが長手方向は7m以上あり
15両編成でも余裕がありますし一部にシーナリィも付いています。
実際には会場に合わせてもう少し大きくする事も可能だそうですが
今回は参加者が10人ほどの小規模でしたので十分でしょう。
さっそく持ち込んだ車両を走らさせて頂きました。



天賞堂カンタムのEF58が荷物列車14両編成を牽引して爆走します。
実はこのEF58、昨秋の花月園でデビューさせたのですがその時は
荷レの編成を持っていけなかったので牽引したのはニセコ客車でした。
今回初めて本来の目的であった荷物列車牽引を果たすことができました。




上と同じ編成をEF61に牽引させています。
実はこのあと、同じ天賞堂のプラ製EF59に後押しさせたのですが
上手く協調出来ませんでした。
2年前の花月園の時はちゃんと走ったんですけど??

ちなみにこの荷レ編成なんですが以下の通りです。

マニ60  天賞堂ニセコ用、カツミ(谷川) FUJI(キット組)

マニ35  FUJI(キット組)

マニ36  天賞堂ニセコ用 谷川(キット組)

マニ61  FUJI(キット組)

オユ10  TOMIX

オユ12  FUJI(キット組)

スユ14  FUJI(キット組)

ワキ8000  天プラ

ワサフ8000 エンドウ

☆FUJIのキット組は1両を除いて全て塗装済みキット


ちなみにマニ50も2両在籍していますが今回は編成しませんでした。



今回の幹事O氏所有のキハ181が通過した後に対向して来るのがデビューとなった我が153系。
「東海」のヘッドマークを付けた12両なんですが編成そのものは末期の「なにわ」編成と
実際は存在しなかった自分の好みになってます。^^;

突っ込まれる前に自分で言う必要があります。

先に言われてしまうと何言っても言い訳になっちゃいますぅ・・・・(w




次回は他の参加者の車両を紹介したいと思います。

2010_01
19
(Tue)21:28

悪い癖でた。

ある日、ネットサーフィンをしていて鉄仲間のブログを回っていると
昨年花月園でご一緒したこの方のページに見たこともなかったモノを発見!!
無性に欲しくなったのでさっそくコメントをカキコ。

ねーねーそれどこの?

ねーねーそれいくら?

ねーねーまだ売ってる?

と言って強引にお願いしてしまいました。
ったく春には47歳になるのに子供みたいにオネダリするオレ!(^^;)

すみませんねFさん、とんでも無い奴と知り合いになってしまいましたね。

トラス柱

そして届いたのがコレ!
このブログには鉄道に全く興味のない方もいらっしゃるので簡単に説明すると
電車の架線を吊る為の鉄骨の柱と梁・・・の模型のキット。
それも最近では実物でも少なくなりつつあるトラス形状タイプ。
(近年では構造の簡単な丸柱タイプが主流です。)

鉄道情景の中では実になんでもないものなんですが模型で欲しいとなると
16番スケールの世界では結構入手が難しいのです。
これまでにも何社から発売されてますが需要の関係で非常に高価だったり
生産数が極端に少なくて地方の模型店では入荷しなかったりと。

で、不思議なのはこれを作っている(発売している)メーカー。
普段は美少女フィギアやアニメ系ロボットのプラモデルなんぞを作っているのですが
なぜか数年前にこの架線柱だけが鉄模関連製品として1品だけ発売されたらしい。
たいした宣伝もしなかったのか毎月鉄模雑誌を2~3冊買ってる私でもまったく
今まで知らなかったのだ。 (既に生産されていません)

☆1月21日現在メーカー在庫終了との事。

そして何よりも欲しいと思った理由はその価格。

1柱辺りなんと735円!(゚ロ゚ノ)ノ

普通のプラモデルの感覚でいえば少々高めなんですが、この架線柱というジャンルで
これまでに発売された製品の価格を考えればこれでも半額以下なんです。
材質を金属にしてより実感的なものは1柱で軽く1万円超えるものだってあるのです。
たぶん今後、他のメーカーが製品化してもこれより安くはならないでしょう。

さっそく週末にでも一個組み立ててみるつもりです。



2010_01
17
(Sun)10:32

今年の目標

元旦を2週間以上過ぎて今更今年の目標だなんてどの口が言うか!
とお怒りの方がもしいらっしゃってもスルーです。^^;

153系17両もひと区切り付いて次の作業を画策しているのですが
新しいものを購入する前に片付けなければならない作業が山ほどあるのです。
いい加減これらを進めて行かないと手付かずやら未完やらが溜まる一方なのです。

なにがどれだけあるか晩酌しながら整理してみた。

くじら

クジラうめぇ!じゃなくてだな・・

仕上げ作業をしていないプラ車両。
(半永久預かり品、管理委託品含む)

TOMIX 14系客車    14両

TOMIX 583系電車   12両

TOMIX 181系気動車   9両

エンドウ  ク5000貨車   6両

エンドウ  セキ3000貨車 14両

KATO  20系客車     8両

KATO ワム80000貨車 16両

KATO トキ45000貨車 10両

KATO ワム90000貨車 10両

KATO   コキ104貨車  6両


あと100両以上もある・・・orz
何年前に買ったんだよ!

完成品改造、キット製作などの仕掛品。


TOMIX  EF81の500番台化

エンドウ   旧製品クモニ83のレストア

ヒルマモデル マニ60アクリルキット

ペーパー班長 クモハ73の仕上げ 

☆未開封キットは含まず

そろそろ書くのイヤになってきた・・・orz


動力不調などの要修理必要(依頼品も含む)

宮沢  C54 動力不調モーター換装予定

宮沢  クモニ83 灯火類不調

カツミ DD50  タイヤ破損

上記以外にもブラス車両で仕上げしていないものなどが数十両・・・・


ああ・・・・orz



さすがに1年でコレ全部というわけには行きません。
二酸化炭素じゃないけど25%削減が目標かな?

もちろんこれから入ってくるものは別計算です。


(爆)
永久に終わらんわなそりゃ。






2010_01
10
(Sun)16:56

愛犬元気



本日は昨日の新年会で飲みすぎて二日酔いです。^^;
鉄模ネタが無いので我が愛犬の勇姿をご覧下さい。



飲みすぎには注意しましょう。

2010_01
09
(Sat)14:01

ヘタなりにそれなりに 富153系編 その3

昨年末から始めた富153系の新車整備だがようやく最終段階に入った。
本当は冬休み連休中に竣工したかったけど計画通りはなかなかね。^^

どうしてもこの時期は夕食に酒が入るので夜の工作ができません。
無理にやろうとすればできないことも無いんですが・・・

キ○ガイに刃物状態ではろくな結果になりません。

はい、何度も経験しております。 
高い勉強代になって何度悔やんだことか。^^;


塗装準備

今日は最終段階の重要な作業一つであるパンタグラフの塗装をすることにした。
ご存知の通り、TOMIX製のパンタはプラと金属の混成なのでそのままでは
素材の色の差があり見た目が悪いので必ず塗装することにしています。

ただ形状は金属製の高級パンタと比べても横から見る限り値段ほどの遜色は無い。
画像のように上から見ると間接部の飛び出しが気になるけどね。
そうは言っても金属製パンタは1基3000円以上するので滅多に交換はしません。

塗装準備として銅色の表現がされている摺り板部分はそのまま活用したいので
タミヤの6mm幅のマスキングテープを12.5mmの長さに切って貼ります。
車体からパンタを外してからじゃないの? と思われるかも知れませんが
非常に華奢なパンタで取り扱い上の強度ギリギリなので固定しない状態では
不安で、あえて車体に付いたままの状態でテープを貼ってます。

取り外す

で、パンタを車体から取り外す段階で気が付いたのですが従来の同社のこれまでの
製品とは取り付け方法が変更されセンター爪式になっていました。
また、パンタの碍子も車体側に残るようになっていて分解時の紛失防止には
有効でいいのですが肝心のパンタの抜き外しに微妙な力加減を要求されます。
一度に抜こうとせずにゆっくりゆっくり若干こじりながら抜かねばなりません。
安いオリジナルパンタでも別に買えば1200円もしますので壊さないに
越したことはありませんね。 

並んだパンタ

取り外したパンタは両面テープを使って塗装台に固定します。
台は固定できれば(マスキングテープが貼れれば)なんでもいいのですが
私は普段、TOMIXの機関車の箱に付いて来るスチロールのフタ部分を使っています。

塗料他

今回使用するのはプライマーにアサヒペン、塗料にタミヤのニュートラルグレイです。
プライマーと塗料はそれぞれのメーカーが異なると時々、相性が悪いものがあって
満足な仕上がりどころか対象物そのものをダメにしてしまうことがあるようです。
私の場合は上記のような組み合わせで長年使ってますが問題ありません。
ただし生地の素材も関係してきますので必ずしも大丈夫とは言い切れませんが。

完成?

塗装後、充分に乾かしたら元通り組み付けて作業は終了です。
始めようと思い立ってから昼食はさんで僅か2時間の軽工作でした。
これで月末に某所で行われる運転会で初走行出来そうです。^^b

気分は

*     +    巛 ヽ
            〒 !   +    。     +    。     *     。
      +    。  |  |
   *     +   / /   イヤッッホォォォオオォオウ! です。
       ∧_∧ / /
      (´∀` / / +    。     +    。   *     。
      ,-     f
      / ュヘ    | *     +    。     +   。 + 
     〈_} )   |                        
        /    ! +    。     +    +     * 
       ./  ,ヘ  |
 ガタン ||| j  / |  | |||


(笑)
2010_01
01
(Fri)07:35

謹賀新年

2010年1月1日午前7時01分初日の・・・・あれ?

画像は2階にある私の引篭もり工作部屋から日の出時刻に東の空を見たものです。
画像ではわかり難いですが静岡県との県境にある山々が少々明るくなって来ています。
空全体がうっすら雲ってますが、あの明るさなら太陽の端っこくらい見れるかもと
期待して待っていたのですがこの5分後に・・・・

暗くなってきて雪が降ってきた。(;゚д゚;)

という訳で初日の出は全く見れませんでした。
せっかく5時起きして太陽神アメンに舞を捧げる為に着替えて準備してたのに。(大嘘!)
雪の少ない我が地方で元旦の雪なんて随分久しぶりでございます。
何はともあれ・・

☆新年明けましておめでとうございます。☆

本年もこの「りゅーでんの模型電車道」をよろしくお願いします。

昨夜のりゅーでん家は3人息子のうち2人は妻の実家へ帰省しお留守。
残った末っ子は今年高校受験なので食事と風呂が終わったらさっさと勉強部屋へ。
80歳になる婆ちゃんは和室に戻ったと思ったら久しぶりの晩酌が利いたのか熟睡。

ということで妻と二人でこの日の為に用意した大吟醸酒を酌み交わしながら
紅白歌合戦→ゆく年くる年と日本の正しい正月の迎え方をしました。


おっと君もいたね!
既に沈没

今日はこの後朝8時からお雑煮の朝食。
家から歩いて10分の神社に行って初詣と入試の合格祈願。
午後からは本年初工作開始の予定です。


皆様はどんなお正月を迎えられましたか?