2009_03
29
(Sun)11:52

ようやく入手

密着論
この怪しげなカンカンは何だと思いますか?
ラベルすら貼ってないので受け取る時に説明を聞いた本人しかわかりませんよね。
それも近所では入手出来ずクルマで1時間かけて行った先でようやくゲット。
決して夜の街で片言の日本語を話す怪しいお兄さんから買った

イケナイお薬でも我が町名物うずらの水煮でもありません。

その名をミッチャクロンと言います。

実はコレ、プラ製品を愛するモデラーのとって魔法の液体なのです。
要するにプラ製品に塗装するとき幾種類もある樹脂の中には性質上、
塗装に適さないものがあります。
油分の含有率が高いポリプロピレンやFRPなどです。

これらは成形がしやすく形状も自由度が高くやわらかいので破損しやすい
細い手すりなどの表現に多く用いられてますが塗装しても剥がれやすいと
いう欠点にモデラーは長年頭を悩ましてきました。
まぁ手すりくらいであれば真鍮や洋白に作り変える手法がありますが
台車とかの大物部位はそういうわけに行きません。
手間やコストを考えれば元からある部品が使える方が当然いいのです。

この軟質樹脂の塗装を剥がれにくくする下地処理のプライマーが1~2年前から
出回ってましたが当初は業務用の大容量のものしかなく、最近になって
個人向けの小容量の製品が出たようですが用途の特殊性から
どこにでも売ってる物ではありません。

当初どこにも売ってなかったのですが模型誌の広告で業務用を小分けして
売ってくれる店があることを知りました。
それも我が家から比較的近く店主も顔見知りである通称うなぎ模型!
早速出掛けて行って入手して参りました。

早速使ってレポートでもと思いましたがまだ肝心の本塗装の塗料がありません。
実は模型仲間の友人に頼んで東京で買ってきてもらってるのですが
互いの都合がなかなか合わずいまだ受け取る事が出来ないでいます。
従ってこのミッチャクロンの性能がいかほどなのか
お伝えできるのはもう少し後になりそうです。

それにしても・・・
このプライマーにしても塗料にしても地元で何一つ入手出来ないなんて。
こんな16番模型不毛の街でもその昔は(35年位前)デパートに
カツミやカワイの車両模型が置いてある時代があったんです。
100円入れると走るメルクリンのレイアウトだって百貨店の遊技場にありました。


あんな時代、二度と来ないのかなぁ ('∀`)



スポンサーサイト
2009_03
22
(Sun)22:03

おまけ

今日のくるみちゃん

たいくつな犬
2009_03
22
(Sun)15:46

再始動

前回書いたとおり公私でいろいろありまして更新が滞ってしまいました。
結果的には何も解決したわけではないですが風邪で悪化してた体調も
戻ってきましたので気を引き締めて再スタートです。

それと言うのも自身が主催する春の運転会まで一月切ってしまって
いい加減に準備を始めないと参加応募してくれた20名の皆さんに
迷惑がかかってしまいます。

ある程度昨日までに幹事としての仕事に目処がついてきたので
今度は自分の準備です。

花月園に行きたいから皆さんご都合付くなら一緒にどう?

というノリで自ら幹事を買って出て始めたのが今から9年前。
いつのまにか自分が楽しむより人が楽しむことにやりがいを感じて続けてきましたが
会を重ねるごとに少しづつ自分も楽しむ余裕が出て来ました。

今回の運転会の目玉の一つに「蒸機大集合」っていうのがありまして
参加者の所有から蒸気機関車をできるだけ集めようと言う企画です。
で、我が鉄からはこんな蒸機を出場させる予定です。

蒸気1

画像右からC55(豊岡)・C60(盛岡)・D61(留萌) ここまで天賞堂製
最後にプロトタイプ不明のC50 マイクロキャスト製

CA3C0022.jpg

同じく右からC52東海道時代・D62SLシリーズ・前回も登場したC63。

とまあひと癖あるものばかりです。

多くの参加者がそれぞれ持ってくるのですからD51・C62・C57・C11あたりは
皆さんお持ちでしょうからあえて他の人が持ってなさそうな形式を選びました。
また参加者とは事前にメーリングリストで打ち合わせをしており当日は
50両もの蒸気機関車が集る予定です。

さて運転会ですからこれらの機関車を快調に走るように整備しなければなりません。
油を注すだけで良い物からギヤボックスまで分解しなければならないような物まで
各車の状態によって整備内容はそれぞれです。

70年代の製品もあればここ10年位の製品もありますが面白いのは
決して古いから整備が必要ってわけではなくてむしろ構造が単純な古い製品のが
普段何もしなくても調子がよかったりします。 
精密化した近年の製品は精度を詰めた分、余裕が無くて不調に陥りやすく
また分解も大変だったりして以外に手がかかります。

ブラスの模型は工芸品なんだ!

オモチャと違うんだ!


と力説されてるご同輩を時折見かけたりしますが本当にそうでしょうか?
そうでも言わないと高い値段に納得できない自分がいるからでしょうが!
鉄道模型に限らず趣味物で値段で線を引いてる人って決して楽しんでないでしょう。

はっきり言っていいですか?

紛れも無くブラスもオモチャです。

ここで言うオモチャの定義は ”安っぽい” と言う意味ではありません。
趣味娯楽の為のモノという意味で言えばいささか極論ですが生きていくのに
必要なもの意外は全てオモチャです。
文化的な価値とか希少性とか他人の評価とか遊びを楽しむのに必要ですか?
そんなことに捉われて本質を見失ってる人は寂しいですね。

鉄模界に限らず最近多いんだ ”自分が正義 ”っていうつまらないアホウが。
2009_03
08
(Sun)22:25

なぜだろう

復活しかけたギターをいじるより
親しい友人と会って遊ぶより
運転会に向けて鉄道模型の工作するより


今はコイツといるのが何よりも楽しい。

城跡公園を歩く

壊れてるのは身体じゃなくて心かも俺!


まあ気分が乗らない理由はわかってるんですけど
今はまだここには書けません。



いつかお話します。m(。_。)m


2009_03
02
(Mon)21:42

作戦勝ち

きっかけは2年前に買った食器洗い機が壊れた事だった。
さっそく妻と購入した家電量販店に修理依頼をしに店に行った。
せっかく来たのでと店内を物色してると妻がボソリと言った。

「そういえば掃除機も取っ手が壊れてて使いづらいな・・」

妻が暴走しかけてるキザシがあるのを俺は見過ごさなかったが
あえて平静を装い次に来る大きな波を待つ事にした。
案の定、掃除機の売り場からなかなか離れない妻。
購入を決められないと思ったのか俺のほうに光線を送る。
名づけて

欲しいなビ~ム ~( ̄∇ ̄~)

そこで俺は 「じゃ、買おうよ。必要なものだし」とさりげなく言う。
新しく買った掃除機の精算を済ませて浮き足立ってる妻を見て
ここで一気に勝負をかけることにする。
滅多に開く事の無い門が目の前で開いているのである。

「そういえばテレビも調子悪かったよね。」

冷静さを失ってる妻に俺を止める力は無い。
俺はさっさと店員を呼んで見積もりをさせその場でご契約。
調子に乗ってブルーレイレコーダーまで買ってしまいました。

てれび~

結局この日だけで30万近い買い物をしてしまいました。
口の悪い友人からは「この不景気なのに」と嫌味言われたんですけど。

「景気が悪い時だからモノ買わなきゃ

何も打開しないんじゃない?」

モノが売れない事を不景気って言うんだよねってダメ押ししたら
黙り込んでましたけど ^^

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。