FC2ブログ
2009_01
25
(Sun)14:10

自分なりにそれなりに  しょの3

ひさし付けてみた。
ヒサシを取り付けるには説明書にはこう書いてある。
「前面窓から0.3mmのところへ0.5mmの穴を開けよ。」
とまあ何ともサラッと書いてあるが位置決めをどうしろと?

0.3mmを計れる定規があるのか?

そこでどうやってケガキをしようかと悩んだ。
もちろんトースカンとか言う便利なケガキ工具なんて持ってない。
考えた挙句、ノギスの口元を0.3mmに設定してその口先の一方を窓枠をガイドに
もう一方の口先の角をケガキ針の代わりにして所定の位置に線を引いた。

両脇の窓桟の上に来る取り付け穴はコレでいいが中央穴はガイドとなる窓枠が
無いので目測でやるしかなかったが。

で、今度はケガいた線に円の中心が来るように0.5mmの穴を
ピンバイスで開けなければならない。
1時間半かかってようやく前後6つの穴を開けヒサシ部品を仮付けしてみた。
苦労した甲斐あって多少のずれも目立たない程度に収まった。
ただ、このエッチング部品は強度が無くすぐに曲がってしまうので
車体とは別個に塗装して、車体の塗装後に取り付けることにした為、
このあとしばらくは車体とお別れである。

しっかし16番の車両でさえこんな細かい工作が必要なのに
いま鉄道模型界で主流のNゲージで工作する人なんて信じられんな。

もう俺の目では無理。 (--;)



スポンサーサイト



2009_01
24
(Sat)11:32

自分なりにそれなりに  しょの2

サフェ塗り

基礎加工の終わった車体をまずは一回目のサフェ塗り。
今回は本塗装の下塗りではなく加工部位の仕上げを見る為。
サフェによって全体の色を見やすい白で統一すると具合が判りやすい。

画像ではハッキリしないけど近くで見るとまだまだ仕上げが粗い事がわかります。
切削加工したところの段差や穴埋めしたところ、塗りすぎたサフェが盛り上がってる
ところなど思ったよりも多くの再修正箇所が散見されました。

工作の8割はヤスリとの戦い!


他のモデラーはどうか知りませんが私の場合は切ったり貼ったり塗ったり
してるよりもヤスリで研磨してる時間が異常に長いです。
どんなに高価な化粧品を使ってもブスが美人にはなれないように
下地がしっかり出来ていないと後々の加工にも大きく影響するからですし
もちろん不器用な分、他人より時間がかかる理由もあるのですが。^^

全分解

車体を見ればほとんどの方が気がついてると思いますが
今回製作してるのはJR化後に製造された機関車なので国鉄時代の
ままの製品は下回りもグレーに塗装しなければなりません。

そこで準備の為に分解作業に入るのですがTOMIXの製品説明に
某ブラスメーカーのような分解図は入っておりません。
全て自分の目で見て構造を理解し分解の手順を構築せねばなりません。
ネジ止めよりも嵌めこみガ多いので慎重にしないと破損して
2度と元に戻れない可能性もあるからです。

このプラ製品を分解する時のヒヤヒヤ感がたまんない!
という御仁も模型仲間にいたりもしますが失敗すれば大散財です。

結局大した工具も時間も使わず分解できましたが最近のプラ製品って
ギヤボックスカバーの左右合わせにビスを使ってるだけで後はモーターの
取り付けも含めて全て嵌めこみ構造なんですね~スゴイですね。

あと工作を進めるにつれて懸念が出てきました。
これ、4月の運転会のお題の為に製作してるんでしけど・・・


間に合うのか? ^^;

2009_01
20
(Tue)22:22

自分なりにそれなりに

大不況のおかげで残業もシフト勤務もなくて時間だけがある。
実は今日、我が勤務先は給料日だったのだが明細を見て驚いた。

3割引TOMIXのカマ10両分くらい手取りが少ない

新卒高校生1人分くらい忙しい時から実収入が減っているのだ。
さすがに妻にいつもと同じ満額の小遣い下さいとは言えなくなって来ている。
いやまだ切り出されたわけじゃないが・・・・・

「今月はこれで我慢してね!」と言われれば
それが1枚であろうと2枚であろうと黙って従うしかないのが現状だ。
まあ恐らく世間のお父さんは誰しも同じ状況だろうけど。

穴埋め

暗い事ばっかり考えても仕方ないので普段より家で長く過ごせるので
少しづつでも工作を進めることにする。

前回のEF81の続きで側面の暖房表示灯は不要になるので引き抜いて
取り付け穴にプラランナーを通して埋めこみ、ナンバーも金属インレタに変えるし
場所も異なるので同じく埋めて平らに仕上げる。
(はめ込みナンバーの旧製品を使っています。)

スカート

スカートも一般型と異なり左右のジャンパ栓が不要になるのでスカートより
出っ張ってる部分をカッターで削ぎ落とし周囲の凹みはプラパテを使って平らに成形。
最近のいいパテを使えば乾燥後の肉痩せも少なく仕上げも楽なのですが
そんな金ないので、従来からの廉価なタミヤプラパテを使用。
何度も乾燥させて成形して痩せてはそれを繰り返して少しづつ形にする。

実に単調でつまらん作業だが
出来栄えに大きく影響するお顔の部分なので我慢して繰り返す。
模型作りはいつも修行である。
2009_01
18
(Sun)11:19

河はとても深い

新たな工作に取り掛かる前に必ずする事があります。
それは部屋の東の窓に向かって太陽神アメンに祈りを捧げる・・・・

ではなくて (^^b

工作部屋の整理です。
いつも複数の事を同時に進行してるので部屋は荒れ放題だし
いい加減区切りを無理やり付けて掃除しないとしまいには部品が
紛失したり足で踏んづけて怪我したりする危険があるからです。
今回は同時に部品棚の整理もすることにしました。

20年も工作していると溜まっている部品の量もハンパじゃありません。
いつ買ったのか?何の為に買ったのか?記憶が無い部品なんかも
良く出てきまして案外それがきっかけで始まる工作も多いです。

ひさし部品

で、今回出てきたのはコレ。
TOMIXEF81改造用のツララ切りセットで随分前に宮沢から発売された物。
恐らく自分も改造する為に買ったものと思われますがいつどこで?なんてのは
とうに記憶の彼方です。 1つ足りない部品も何故なのか不明。

EF81無事な頃

取り出したるは最近発売された改良品では無くてもう10年位前?に発売された
EF81で現在は多彩なラインナップを誇るTOMIXの最初の動力車として
発売された製品です。

身包み剥がされて

取り出して5分も経たないうちに車体全ての部品を取り外し丸裸。
1度は仕上げた物なので何かイケナイ気分になったりもしますが続けて・・・・

削られて

あ~あ勢いついてモールドまで削り始めてしまいました。
ちなみに彫刻刀はパワーグリップを愛用してます。
少々高価ですが工作しやすいサイズと握りやすさと種類の多さで
重宝しています。

削った後の仕上げに・・・

30分もしないうちにこんな姿になってしまいました。
大方削り終えてパテで修正し更に仕上げ研ぎの段階です。
まだパテのヒケが目立つのにもう1度パテ盛りして修正が必要ですが。

頭の中では完成後の姿をニヤリとする期待感とやってしまったという
若干の後悔が交互によぎります。
いくら安価なプラ製品といってもそれは超高価なブラス製と比較しての事。
千円亭主の私には1ヶ月分の小遣いほとんど使わなければ買えないのです。

”戻れない河を渡ってしまった。”

最初に予定していた工作が突然変わってしまったことよりも
勢いに任せて新たな仕掛品を作ってしまった現実に打ちのめされる自分。
何回繰り返しても懲りないんですな。

この先どうなりますか?

2009_01
11
(Sun)13:44

戦いは始まった!

近年の模型は一段と精密化が進み高価なブラス完成品はともかく
安価な(いや安くは無いけど^^)プラスチック製品も例外では無い。
精密化=実感的というメリットは確かにあるけど工作する上では
大変になってきている。

EF81部品

例えばこの部品、先月発売されたTOMIXのEF81300に付いてる付属部品だ。
幅1mm×長さ6mmの金属部品をランナーから切り離してさらに切り口を成形。
それをヤットコで1mm間隔で折り曲げて車体に接着剤で付けるという物。
書いていしまうと簡単だがコレが実にやっかいだ。

物理的な限界は人の習熟度により大きな差があるし一概に言えないが
問題なのは身体的限界なのである。
私の場合で言えば老眼が進んだ目には恐らくこの大きさが限界だろうし
切り口のヤスリ掛けなんてルーペ無しではもう不可能だ。

走れば見えなくなるパーツ付けてどうするの?

大方、私もその意見に賛成だ。
しかしそれはあくまでもオリジナルから追加加工する場合の話で
この部品はあらかじめ製品に付属してるだからやっぱり付けたいのだ。

なんとか完成

とまあブツブツ言いながらも20分ほどでなんとか付けました。
付けば付いたでやっぱりカッコイイんですが。

で、今回の組み立て中にもう一つの新たな問題が!
前述したとおり、この小さな部品を指で掴んでヤットコで折り曲げるのだが
この工程において
指が2回に亘ってツッてしまいました。
昔から足がツることは良くある私ですが指が動かなくなる症状が出るのは
ここ最近です。 特に細かい作業してるとなります。

老いは確実に進行しています。 orz
2009_01
04
(Sun)12:43

我慢できないらしい

基本的に女性って奴は現実的な生き物でして
「女のロマン」て言葉すらこの世に存在いたしませぬ。
自分に無いものだから説明しても理解するわけが無くいくら
熱く「男のロマン」を語ったところでなんとかに念仏なのです。
特に主婦になった女性と言うのはこの傾向が強く
もちろんウチの妻も例外ではありません。

少ない小遣いを貯めて何万円も出してオモチャを
買ってる大人の男をどこか冷ややかな眼で見ています。
救いなのは我が家の場合黙認されているので障害にはなりませんし
こちらもハナから理解してもらおうなんて思ってません。

オタクを理解する妻ってなんか変だし ^^

そんな普段は現実一点張りの妻でも時々抑えきれない物欲ってやつが
頭を支配するらしく半年くらい前からテレビでCMを見るたびに
私に向かって聞こえるように 「欲しいな!」とか言うのです。

どうやら3人の息子達も欲しい物らしく買うことに反対してるワケではないが
もう買わねばならんという雰囲気の空気が漂って充満していたのでした。
で、どうしたかと言えば買いました。

うぃ~とか言う奴

ぢつは私、ゲームと言うのが得意ではありません。
決してキライじゃないんですがとてもヘタなんです。
インベーダーだって3万点がやっとだし。

あの不朽の名作電車でGO!が出なかったらプレステも2まで買わなかったし
そもそもそれまではゲームに何万円もだすのに理解出来なかったのです。

そんな私ですから当初は子供に買い与えることすら反対してたのですが
自分が買ってしまってはもう子供を止めることは出来ません。
結局、我が家には現在までにゲームボーイ3台、ゲームボーイカラー3台
PSP3台、N64、キューブ、初代プレステ、プレステ2と買い続けてきました。

ここ2~3年は子供の受験があったのでプレステ3を含め新たに買うことは
なかったので随分久しぶりのゲーム機購入となりました。
どうやら室内でも運動しながら楽しめるソフトらしいのでもしかして
私のメタボにも効くかな?とも思ってるのですが妻はたぶん・・・

あんたがやっても3日坊主でしょ?

と言いたいに違いない。
さすが伊達に付き合って20年経っていないな。

その通りです。 orz
2009_01
03
(Sat)11:06

思い切って購入

子供の頃、プラモデルを組み立てるのに使ってた道具は爪切りだけでした。
当時のプラモデルは接着剤が同梱されており用意した爪切りでランナーから
部品を切り離し、レバーの裏に付いてるヤスリ部分を使って切り口を形成したのです。

もちろん説明書に従えば完成までに随所に塗装する事が必要なのですが
当時の子供のお小遣いでは塗料一式を買えばキット以上の値段になってしまい
手が届かなかったことでそれは叶わぬ事でした。

「塗装」と言う工作において最も出来栄えを左右する工程に最初にあったのは
値段と言う壁が立ちはだかっており最も習熟が必要とするのに実際に用いるように
なったのは随分と後の日のことです。

中学生になってNゲージを始めた頃登場したのがG・マックス社の板キットと缶スプレー。
キットと缶スプレー代を足しても完成品の半分以下の価格は魅力的でこの頃から
吹き付け塗装を行なうようになりました。

以後、現在まで私の工作はお手軽な缶スプレーによる塗装が長年続きましたが
最近になって限界を感じ次なるステップの必要性を考えてました。

ステップアップとはもちろんエアブラシの導入です。
しかしなかなか実現しなかったのはこのエアブラシとやら初期投資がかなりかかる。
15年ほど前にもタミヤから発売されたスプレーワークを1度購入したのですが
あまりの音のうるささに2,3回使っただけで知人に譲ってしまったのでした。
(ガレージで使い始めると隣近所がすぐ覗いてくるほど)

以来、音の静かな奴が欲しい!と思い続けていましたが
見せ掛けの虚飾が利かない工具の世界は基本値段相応でそれなりのものは
それなりのお値段がしたのです。


その運命の日は突然来たのです。

思い切って購入 の続きを読む »

2009_01
02
(Fri)11:37

新年のご挨拶

こひ

明けましておめでとうございます。

皆様はどのようなお正月をお過ごしですか?
わたくしはと言えば・・・

ぬわんもありません。^^

昨年の正月は長男次男の受験の為、妻の実家に帰らず
自宅で賑やかに過ごしましたが今年は帰ってしまったので婆さんと二人で
日常と何も変わらないやや寂しい正月を過ごしています。

今日も朝から炊事、犬の散歩、洗濯と華やかさは欠片もありませぬ。
18年ぶりに独身時代に戻ったような生活です。
まぁ、たまにはこんな時間も悪くは無いですけど。

寂しいなんて言いませんとも! もう今年46歳ですから ^^;

話は変わって
この正月で25年間吸い続けたタバコをやめて丸3年が経ちました。
今でも時々吸いたいなと思う時もありますがさほどの欲求では無いので
思うだけで済んでますが代わりにコーヒーの量が格段に増えました。

要するにニコチンが減った分、カフェインで補ってるようなもの。
人間って奴は不思議な物でどんな善人でも悪い物を1つは体に吸収しなければ
生きてられないようです。

少なくても私の周りには酒もタバコもコーヒーも女遊びも博打も
何一つやらないと言う御仁は1人もおりません。

もしそんな人がいたら人間国宝級じゃないかと。
あなたの周りの人はどうですか?

何事も加減を間違えなければ長く付き合っていけるものらしいので
今年も健康第一にそこそこと行きたいと思います。