FC2ブログ
2008_12
30
(Tue)07:51

来訪の皆様へ感謝

くるみ2

りゅーでん管理人です。
今年も残すところ後1日と少しとなりました。
例年、大晦日の日はバタバタして更新どころじゃないので
本日の更新を持ちまして2008年分を終了したいと思います。
また12月30日午前7時半時点でのアクセス数は

124、410アクセス!

この1年で過去2年分相当のご訪問を頂き大変感謝しております。
つたない文章とあまり意味の無い内容ですが今後もこのスタイルのまま
継続して行きたいと思っております。

底の見えない不況で不安を抱えたまま迎える2009年ですが
希望を捨てずに立ち向かって行きましょう。

それでは皆様どうかよいお年をお迎え下さい。
スポンサーサイト



2008_12
27
(Sat)16:22

今年の決算

先日、0系初代新幹線と名鉄7000系パノラマカーが相次いで引退した。
実物の世界では消えていく車両も模型なら残していける。
趣味をやめるかお金のなくなら無い限り模型は増え続ける。
と言うわけで私の模型鉄道のこの1年の車両の動きを紹介します。

まずは自分の身銭を切って購入したものから。

機関車編

機関車

左から天賞堂79615、EF59、EF57 TOMIX EF66新JR色 EF813002次
これ全てプラスチック製なので全部足してもブラス製1両分にもなりません。
プラの世界もマイナー機が製品化されるようになりいい時代になりました。


続いて客車編

客車

KATOの14系座席車6両だけ。


んで貨車

貨車1

TOMIX コキ106×4 タキ1900×2




それでは次に様々な事情で当家に入って来た車両たち。

今年の決算 の続きを読む »

2008_12
25
(Thu)12:01

新兵器買って来た。

私の工作机は自作です。
理由は狭いので工作部屋のレイアウト(土台だけで未着工)の上に
設置せねばならないのと市販のサイズでは工作するには小さいからです。

’99年頃、現在の土台と机の設計に入ったのですが
その頃はリビングに1台だけだったパソコンが工作部屋に入ってくるとは
思いもせず単純に工作だけの為としてたのですが液晶の普及で
設置が可能になり ’01年には1号機が配備されました。

いくら液晶で薄型になったとしても周辺機器を含めた机の占有率は高く
1350×650のサイズを持つ机でも手狭になってしまいました。
手元の工作くらいなら何とかなりますが資料本や説明書を見ながら
組み立てる事の多い私としてはこれらの置き場所が欲しい。

そこで導入したのがコレ!

ホルダ

そう、パソコンの周辺機器にあるペーパーホルダー!
これなら机のスペースを必用としないし、通常の月刊誌くらいなら
支える事ができますし、何よりも見やすく買っても安いのです。

けど困った事に家庭用で使う人が少ないのか近所では取り扱ってる店が
なかなか無くて結構探しました。

無論、通販なら難なく手に入るのですが他かだか1500円程度の物に
振込みやら送料などの手数料がかかるのが馬鹿らしくて・・・・
結局、模型の購入のために隣県に出掛けた時についでに買いました。

さっそく先日買ったTOMIXのEF66新貨物色の付属部品を付けるのに
使ってみましたが・・・・・


ええわコレ! (σ゚∀゚)σ
2008_12
21
(Sun)10:08

83年ぶりの風

ほットラムデビュー
(画像は某掲示板からお借りしました。)


さる10月27日未明に搬入され試運転を繰り返していた豊橋鉄道の
新車 「ほっトラム 1000型」 が先週の金曜日にとうとうデビューした。
沿線住民でありファンである私はたとえ用事が無くても乗りに行く事にした。

ちょうどデビューの翌日である昨日に駅前で同級生との飲み会に
出席するので家を1時間以上前に出て最寄の電停で待つ事にした。

しかし!

後で知ったのだが「ほっトラム」は専用のダイヤで運転されており
それを見ればいつ乗れるか判るのだが知る由も無い私はただただ
寒空の電停でじっと待つしかなかった。

通常、16両の保有車のうち稼動車は8~12両で残りは車庫にいる。
つまり、待っていても来ない可能性もあるのだ。

何の根拠もなかったが
きっと来ると信じて何本もの電車を見送っていた。
6本目の電車を見送りこれ以上待ってては飲み会に遅れてしまうので
あきらめて次に乗ろうと思ってたらそいつがやってきた。
んもう・・・・

今年1年の嫌な事全て忘れる程喜びましたね。

さすがに新車だけあってあちこちピカピカで気持ちいい。
同乗の乗客の会話からも評判が聞こえてくる。
それに2005年に岐阜から来た780型、800型に乗った時に
その加速のよさに驚いたがそれを遥かに上回る加速をするのである。
さすがに今、日本で1番新しい路面電車だけのことはある。

だが想定外のこともあった。

以外に乗り心地が良くないのだ。


これには以下の理由が考えられる。

① 低床式の為、バネストロークが充分にとれないこと

② 座った場所が車輪のすぐ上の席だったこと

③ コストダウンとメンテナンスフリー化の為、弾性車輪を採用しなかったこと。

④ 元々市内線の線路状態が良くないこと


まあ構造に起因することばかりなので仕方ありません。
それと駅に行ったついでにこんなの買っちゃいました。

チョロQ 電車

萌えそうです。 (llllll´▽`llllll)
2008_12
17
(Wed)21:32

貧乏でも贅沢?

先週の土曜日のこと。
たまには家族で外食をと思って子供らに 「何が食いたい?」と
聞くと3人が3人とも・・・

回転寿司!

おいおい 「回転」の部分は食い物の名前じゃないだろ!
それに寿司だったら家で手巻き寿司した方が同じ予算でも
贅沢なネタが買えるし量もたくさん食えるんだぜ!

と言っても回転寿司の店で食いたいと言って聞かないので
家族6人で近所の店に出掛けた。

で、店に入って席に着くなり食べ盛りの息子達はスイッチオン!
20分もしないうちに・・・・

皿

このありさま。


ちなみに手前の皿に隠れて見えないがもう10皿ほどある。

俺なんか遠慮してイカとか玉子とかのり巻き食ってんのに

そのきらびやか皿は何ですか?

自分の子供とはいえ余りに勢い良く遠慮ナシに食べる姿を
見ながらでは味がわかりません・・・(ノ_・。)

結局70皿以上たいらげて通常の我が家の1週間分の
食費が30分で飛んでいきました。



最近の回転寿司は味もまあまあのところが増えましたが
オーナーに一言申し上げるならば、

プリンとかメロンとかぜんざいを回すのはやめてもらえないだろうか?

どうも寿司食いに来てる雰囲気がぶち壊しなんだよなあ・・・
2008_12
13
(Sat)16:13

逆流

今から13年前のある日、その全てを友人に売って処分した。
もちろんもう2度と戻るまいと決心しての行動だった。

Nゲージの鉄道模型の事である。

プロフイールにも書いてあるが私の鉄道模型の始まりはプラレールを
飛び越していきなり16番スケールから入ったのだった。
それもの入門用の安価な自由形ではなくスケールモデルだ。
当時既にNゲージはあったが非常に種類が少なく地元で見られるような
車両は皆無だったので欲しいとは思わなかった。

だが後にNの種類が増えてきたのと16番の高価格化が始まって
付いていけなくなったのでNゲージに転向したのだ。
が、これもすぐに興味がクルマやバイクに移りあまり熱心ではなかった。

結婚してバイクを降りたときに再び鉄道模型の世界に戻ったのだが
16番ではプラスチック製品での低価格化が始まっていた時期だった。
しばらくはNと16番を同時に楽しんだが迫力に勝る16番に傾いていった。

どうにも中途半端なのが否めないので決心して16番1本で行こうと決めたのが
13年前の事である。 以後、修理依頼があったりで触る事はあっても
自分の物は一切無くなった。

で、この13年間1度も買わなかったのかと言われるとそうではない。
8年ほど前に貨車を1両だけ買っているのだ。 何故かって?
実は同形式の16番の貨車キットを組み立てる参考にするためである。

鉄道に関する書籍は非常に数が多く探せば作ろうとした貨車の図面ぐらい
簡単に手に入るがひとつ問題がある。
どんなに精度の高い図面や資料写真でも所詮は2次元なのだ。
自分の好きなアングルや立体としての造形は想像するしかなかった。
そこで思いついたのはNゲージの完成模型を参考にすることだった。
1万円を超える高価な資料本より800円の模型のが実に役に立つのだ。

で、今回新規に購入したNゲージとしては実に15年ぶりに購入したのが・・・

豊橋鉄道モ!

え! これを何の為に購入したかって?

それは聞かないで下さい。

だってそれ言うと・・・

怖いオジサン達がまだかまだかと攻めてくるので。^^A
2008_12
07
(Sun)21:49

今日も軽工作!

昨日、年賀状の準備にと住所録をチェックしてたら
知人より電話があった。

その知人は以前に来た時、我が工作部屋の中に死蔵されている
コレクションの中から欲しいものを見つけ出し、どうしてもと
頼むので・・「じゃあ何かと交換しようよ」と言っておいたのだ。
その知人が交換物を持って今から来るとのこと。

で、置いていったのがこれ。

ED76

全く手付かずの状態だったので今日は久しぶりにプラ製カマの仕上げ工作!
KATO製と違ってTOMIX製品は客車や電車では後付部品が殆どないのに
機関車だけは逆にKATO以上に部品点数が多い。

見た目が精密になるのはいいけれどその分取り扱いは注意が必要だ。
特にTOMIXのカマはED75から台車の砂撒き官が別体になって
軟質プラを差し込むようになっている。
コレが曲者で押し込んだはいいものの取り扱い時にちょっとでも
引っ掛けようならばポロッと落ちてしまう。
先日の花月園にもED75を2両持っていったけど帰ってきたら
2つ無くなってしまっていた。

なんとかしてくれよお富さん!(´Д`)/
今は予備部品があるからいいけどさあ・・・・

で、ED76だが実車の写真がWEBにあったので参考にしようとしたが
製品のままだと現在の姿とだいぶ異なるようだ。
現在に忠実に仕上げるならば前面窓のHゴムは黒にワイパーは
車体と同色にすることが必要だが・・・・

めんどくさいのでヤメ!

結局、説明書通りに組んで手を入れたところはエアーコックに白を入れたのと
ケーディーカプラーのバネがキラキラ目立つのでネオを塗っただけ。
パンタグラフも塗料が切れているのでまだ塗っていない。
それでものんびりタラタラやってたら4時間はかかってしまった。

たかだか完成品の後付部品の仕上げという簡単な工作でも
結構、加減とコツが必要で最近はこれを嫌がる人もいる。
良く行く模型屋のご主人の話でお客の中には「お金を払うから付けてくれ」とか
「完成品なのに完成して無いじゃないか」怒る人もいるらしい。
私なんかその場にいようものなら・・

んじゃあそっちの棚にあるブラスの完成品買えば?

と言ってしまいそうだ。^^
いい大人が自分の都合だけで文句を言う見苦しい姿なのに
さもカネを出す自分の方が正しいという態度が許せない。

誰だって最初から上手くできるわけではない。
私だってコツを掴むまでずいぶん部品を失くしたりダメにしたりした。
特に初のプラ蒸機であるKATOのC56の時なんか泣きそうになった。
でも4~5両もこなせば体が加減を憶えてくれる。
おかげで今では楽しくなった。

しかしインレタ貼りだけは今でも苦行だ。^^;


2008_12
06
(Sat)13:22

忙しいかも

もう12月だ!
別に師でもなんでもなくてもにわかに周囲も慌しい。
自動車業界が不況でこの年末の業務も2日短縮され結果13連休となる。
喜んでばかりもいられない。

2日短縮すると言う事は今月分の計画数を2日早く仕上げなければならない。
おかげで我が町のハローワークも人があふれていると言うご時勢に
残業残業の日々を過ごしている。

そしてもうひとつ12月と言えばクリスマスなのだがその前に終えて
おかなければならないことがある。

年賀状

年賀状である。
私のここ10年の年賀状数は約200枚ぐらいだ。
このうち近所の友人、親族が30枚くらいで模型関係が30枚くらい。
残りは全て若かりし頃に旅先で知り合ったりお世話になった方々だ。

以前にも少し書いたが私は24歳から26歳の3年間、仕事を辞めて
日本中を放浪旅していた。
その期間に北は北海道から南は九州、四国まで数え切れないくらいの人と
出会いお世話になったのだった。

相部屋の宿で親しくなって後日自宅まで招いてくれた人。

いきなりバイトを申し込んで了承してくれた旅館の女将。

信号待ちでいきなり道路工事のおっちゃんに声かけられて
そのまま飯場で寝泊りして知り合った男衆。

バス停で野宿してたらウチに泊まりに来いと呼びに来た婆ちゃん。

交番の仮眠室を貸してくれたお巡りさん。

間違って演習場に迷い込んだらメシを食ってけと自衛隊の方々。



本当にいろんな人の親切があって旅を続けていたのだ。
私にとっては人生の宝物のような人達に今もお礼を込めて賀状を送る。
中には既に過去帳に入られた方や連絡が取れなくなってしまった人もいるけど

届く限り一生続けるつもりだ。

逢いにも行けない、充分なお礼も出来ない自分が出来るせめてもの気持ちである。