FC2ブログ
2008_09
28
(Sun)18:00

東京と千葉に行ってきた。

話は少し古く9月中旬の事。
日曜日の早朝5時に幼馴染のS氏と東に向かって車は走り出した。
とある掲示板で知り合い、既に8年ほどお付き合いしているO氏の
自宅に向かうためである。

O氏は知る人ぞ知る怒涛のコレクター^^
そのコレクションは鉄道に限らず飛行機からクルマ、そして特撮モノと幅広く
資料から模型に至るまでその所有物は全貌が見えないほど。
かつてはテレビチャンピオンやなんでも鑑定団などにも出演したことがある。

そのO氏も子供の成長で部屋が手狭になったので昨年から徐々に
コレクションの整理をしているのだが今回は本を処分したいとの命を受け
9月のある晴れた日曜日に氏の自宅にお邪魔した。

午前10時前に無事にO氏の自宅に到着した。
1年半ぶりの再会なのでまずはしばしの歓談・・・・・そして
いよいよお宝の梱包と搬出を開始した。

積み込み完了

男3人が3時間近くかかって車に積み込み終わった頃にはヘトヘトである。
画像ではまだ荷室に余裕があるように見えますが・・・・

ダンボール箱で20数箱! 推定重量400kg

私の8人乗りで普通車に比べれれば重量に強いはずのクルマも
後輪は沈みきってフェンダーとの隙間が指1本入らない。
これ以上は安全運転に支障が出るので積み込みは断念した。
残りはまた機会があればと言う事に・・・・・・・。

これらの本は現在、飛行機関係は同行のS氏が経営する診療所の2階倉庫へ
鉄道関係は私の自宅に保管して整理した後、趣味仲間に譲り渡す事にしている。


午後2時頃になって我々はO氏宅を出発し何故か更にクルマを東に進める。
今日はこのまま帰らずに関東で1泊するのだ。

東京と千葉に行ってきた。 の続きを読む »

スポンサーサイト



2008_09
24
(Wed)21:18

ささやかだが幸せ

晩酌
今日も1日働いたお父さんのご褒美は

閉店間際のスーパーで半額以下になったヒラメの縁側の刺身と

今日は珍しく発泡酒じゃないよ黒ビール!


だから何?と言われても・・・・^^

ちょっと幸せだったんだよ!

いつもよりホンのちょっとだけどな!

誰かに言いたかったんだよ!

2008_09
21
(Sun)13:45

今年2両目

EF57
今年の春に開催された名古屋丸栄デパートでの鉄道模型展。
その時、天賞堂ブースに予定品として展示されていたEF57型機関車が
9月に発売され行き付けの模型店に入荷したので買ってきた。

製品化は1年位前からアナウンスされてたが当初は買うつもりはなかった。
前作のEF15の出来があまり好ましくなくなかったから今回も期待してなかったのだ。
ところが先の模型展での試作品を見たらかなり改善されており 「これならば!」
とすぐに電話予約するほど気に入ったのだ。

実は数年前まで同じ天賞堂のEF57を持っていたことがある。
80年代後半に発売されたブラス製で今回のEF57を買った店で中古で買ったものだ。
ただしそれは私の生まれる以前、昭和31年の名古屋電化の頃の姿で結局
牽く客車が無くてオークションで旅立って行った。
今回発売された晩年の東北仕様でこれならば今ではプラで製品化されている
国鉄末期の客車がよく似合うのだ。

早速製品を見て行こう。
見て惚れて買ったくらいだからプロポーションは悪くない。
だが実際に手元に来てよく見てみると試作品では気がつかなかった
ところがある。

1 ・  最も懸念だったデッキ手すりはEF15より相当改善されているものの
    僅かに歪がある・・・・がこれは材質を考えれば仕方ない。

2 ・  ヘッドライトのレンズ面の表現がいまいち。


3 ・  東北仕様の特徴でもある電暖表示灯の色差しが少し投げやり。


パンタグラフ

4 ・  パンタグラフが少々ゴツイのと擦り板の表現も?だ。

下回り

5 ・ 画像ではわかりにくいが側窓のガラス表現の平面性が悪い。


6 ・ 機関車としては軽いので牽引力が不安。(まだ走らせてない。)


とまあ色々並べたが、これはあくまで重箱の隅を突いたことであり
値段を考えれば充分に合格レベルと言って良いだろう。
走らせれば殆ど外見上の欠点は気にならないし何よりもプラで製品化された
事自体が拍手ものなのだ。

高級ブラスメーカーであった天賞堂がそれまでのプライドを捨て(経営上の事もあるだろうが)
プラ製品に進出し何度かの失敗作を出しながらも着実に改良し続けているのは
賞賛に値する事で今最も熱い16番メーカーと言ってもいいだろう。

だけど・・・・
事情もあろうが自ら予告した発売時期を守れないのは
一流メーカーとしてどうかと思うぞ!

2008_09
13
(Sat)12:19

たまには親子で

早朝からハゼ
どこぞのガキではありません。
私の3人いる息子のうち上の双子です。^^
9月と言えば私の欠かせない楽しみの一つであるハゼつり。
今年は天候が悪かったり用事があったりして今日が初陣となりました。

昨年は双子が受験生だったこともあって一切同行はしなかったのですが
無事高校生になり、次の大学受験まではまだ余裕があるので
随分久しぶりの親子釣行となりました。

早朝4時半に起きて仕度をしてると子供達が自分で起きて来るではないですか!。
余裕があるとはいえ昨夜も私より遅くまで起きて勉強してた(らしい)のに感心感心。
いつもなら目覚ましが鳴ろうと妻が叫ぼうとなかなか起きれないのに。
そこまで楽しみにしててくれたなら

お父さん張り切っちゃうぞー o(・∀・o)

とまあ上機嫌でいつもの場所へ出掛けました。

現地到着してさっさと準備をし日の出と共に戦闘開始です。

と  こ  ろ  が

釣り始めて見ると例年と何かが違う・・・・・。
いつもな仕掛けを投げ入れて2分もしないうちにアタリがあるのだが
一向に魚が食いつく気配がしないのだ。

その理由がすぐにわかることになる。
釣り場にいた常連と思われるジイサンの話によると月初の大雨で
川底の様子が一変してしまったのが不釣の原因らしい。
魚のいないところにいても時間の無駄なので河岸替えをすることにして
最初の場所は1時間で切り上げて別の場所に移動した。

移った先でも不調であったがそれでもなんとか坊主だけは免れた。


3人もの男が早朝から繰り出して、妻はそれをオニギリを用意して

送り出し、1000円もエサ買って4時間近く粘って結果が・・


ハゼ4匹だけで終了



玉砕・・・ orz



2008_09
06
(Sat)15:34

ようやく再始動?

妻が名古屋まで電車に乗って買い物に行くと言うので
気分転換をかねてついていく事にした。

サナトリウム(工作室)の窓の景色は見慣れたもので落ち着くが
再び心をたぎらせるには風景を変えてみるのも一つの方法なのだ。
もちろんそれは自分が動かなければ変える事ができない。

思えば妻と二人で電車に乗るなんて何年ぶりだろうか。
結婚前はよく乗ったのだが子供が出来て以来、主な移動は
自動車がほとんどだったなあ・・・

買い物といっても駅ビルにある店に行って用事が済んだら
そのまま帰るというもの。 別に娯楽に来たわけではない。
医療従事者である妻は何冊かの専門書を買うために来たのである。

それでもせっかく来たのだからとお昼ご飯はちょっと奮発。

インドカレー

駅ビルの中にあるレストラン街でインド料理の店でカレー!
スパイスのよく効いたカレーは日本のそれとはだいぶ違う物だが
大変おいしく頂きました。

カレーランチ2人前とマンゴージュース2本で・・・・

お会計 5200円也 !(;゚д゚) 

昼飯にしては贅沢すぎますね。
まあ日本で一番景気がいいといわれる名古屋だから仕方ないか。






ようやく次回から模型ネタにもどるつもりです。