FC2ブログ
2008_03
30
(Sun)22:00

家族でお祝い

すし懐石

私の3人の息子のうち上の双子が二人とも高校受験で無事に

県立普通高校に合格!

しました。
と言っても第一志望は見事に落ちたんですけどね。
それでも二人揃って私立なんかに行かれた日にゃ親父の小遣いなんて
真っ先に減額されるでしょうからまずはメデタイとしましょう。

本当は第一志望に合格したらのお約束だったんですが連日深夜まで
精一杯がんばってくれたので息子の大好きな寿司屋さんに家族6人で
行って参りました。

大人は寿司懐石、子供は盛り合わせを食したんですけどさすがに
回転寿司とは違って結構なお値段でしたが味は良くて満足です。

で、いつになったら模型ネタに戻るんだ?

とそろそろお叱りが来そうなのと春の運転会も近いので寿司屋で一杯飲んでしまいましたが
机の上に整備をと1台の機関車を取り出しました。

E10天賞堂やよ!


ご存知国鉄最後の新製SLでもあるE10(天賞堂製)だ。
薄幸モノ車両大好きな私なのでこの機関車も例に漏れない。
実車は製造後1年にて本来の職場を追われ各地を転々とするも「使いづらい」と
どこにも歓迎されず最後に北陸本線の交直接続の為だけの使用となり
わずか14年で生涯を閉じてしまった・・・昭和38年のこと。

・・・・で、机に取り出したはいいものの少し眺めているうちにアルコールが効いてきて
眠くなりやはり整備は中止になった。
実は過去にやってしまったことがあるんです。

ほろ酔い加減で整備を始めたものの当然手はおぼつかない動きではかどらない
まあいいやと棚に戻そうとしたときにそれは起きてしまったのです。

天賞堂のC62を落下させてしまった。

そりゃもう悔やんだの悔やまないのって・・・・
初めて新品で買った天賞堂の機関車は無残にもベッコリ凹んでしまって・・・・
己の浅はかさをこの時ほど呪った事は生涯ありませんでした。

以後、酒を飲んだら車両に触れないようにしています。
もっとも花月園ではやってしまいますが・・・・^^;

救いだったのはその凹んだ機関車でもヤフオクに出したら70、000円で売れました。
定価は125,000円だった機関車なんですが半額以上で買う人が居たのです。
凹んでて直すには相当の技術がいるのに関わらずです。
この時ばかりは「天賞堂ブランド」に感謝しました。
スポンサーサイト



2008_03
15
(Sat)15:16

遅咲きのオタ?

なんて書いてあるんでしょう?

説明しなくても見ればわかるが色紙である。
もう少し正確に言えばあるタレントの直筆サイン入りだ。

WEB上では硬派な人格を演出している私だが実像は異なる。
私にだってヒイキのスポーツ選手やタレントさんくらいいるのである。
だけど熱狂的というほどではなく、せいぜい高校時代にノートの下敷き代わりの
クリアファイルに2代目コメットさんの雑誌切抜きを入れていたくらいだ。
アイドルのレコード(死語化中)とかグッズとかの類は一切持ったことがなかったし
そんな物に興味が無かった。

じゃあこの画像は何?

見ればわかるだろうがあるタレントの直筆サイン色紙だ。(クドい!)
日付を見ればまだ極最近の物だという事もわかりますね。
実はコレは鉄道趣味の知人とのブツブツ交換で入手したもの。
最初に断っとくが決して私がコレを熱望したわけではない。
私が要らないからあるものをあげたらこれがお返しに来たのである。

誰のサインだよ?

それを説明しなければ今回の話は意味がありませんね。
ココ1~2年鉄道ブームが静かな盛り上がりを見せているのはご存知だと思うが
過去何度もあった鉄道ブームと今回が違うのは 「女性鉄」 の出現である。
つまりコレまでは鉄道に限らず乗物オタクといえば男子の聖域だったのだが
実は私はオンナだけど乗物大好き!と公言される方が増えてきまして
鉄道趣味でも徐々にではあるがその存在が認知されるようになってきました。

そんな女性達の中にはタレントさんもいるわけでして珍しさもあってマスコミでも
よく見られるようになり、まだまだ少数派の女性鉄を引っ張っています。
その女性鉄タレントの代表格の一人でもある豊岡真澄さんのサインなのだ。
どんな人か画像を載せる訳には行かないのでググって調べてください。

この豊岡真澄さんデビューして数年経つのだが私は昨年の秋まで知らなかった。
きっかけは鉄仲間の一人が掲示板に彼女のブログのリンクを載せた事だった。
最初はそうでもなかったが毎日読んでいくうちにすっかりトリコになってしまった。
鉄道趣味になったのはマネージャーが鉄道オタクだったからと実になんでもないが
普通の女の子の視点で鉄道を理解していく様は実に新鮮だ。

来月で45歳なので人前ではよう言わんが萌え^^なのだ。

今のところ彼女の活躍はケーブルテレビの趣味専門チャンネルとか関東地区の
鉄道イベントがほとんどなので機会があったら見に行こうと思ってた矢先に・・・

結婚 ・ 妊娠 ・ 引退を発表!orz

老いらくの恋は半年と持たなかったのだ

芸能界は3月で引退されるのだがブログは続けるらしいので
これからもコッソリと楽しみます。

高校生の息子がいる身でさすがに昔みたいにポスターなんて貼れんけど
このサイン色紙くらいなら部屋にあってもいいよね?








いいって言ってよ!ヽ(`Д´)ノ






2008_03
09
(Sun)09:09

安くても使える・・・かな?

これは何?

これが何かお解りだろうか?
実はコレはクルマのシガーライターに差し込んでメディアに記録された
MP3(音楽ファイル)をFM電波にして飛ばしクルマにあるFMラジオを
通じて音楽を再生するプレーヤーである。

6年前に買った現在の愛車からカセットの標準装備が無くなり
CDとMDだけになったのだが家庭用のMD録音機を持ってないので
音楽を聴くのはもっぱらCDだけになってしまった。
またこのCDプレーヤーもまだMP3の再生が出来る機種ではないので
CDの通常ファイルであるWEVEしか再生出来ない。

となるとCD1枚に最大74分しか録音できず毎日往復2時間を通勤に使う
私は不満だったのだ。
もちろんその後車載用MP3プレーヤーが発売されたのだが現在の愛車は
ナビを付けるともう他に取り付けるスペースがないのであきらめていた。

ある日友人が新車を買ったので試乗に行ったのだがその時に
車に付いていたのがコレ(機種は違うかも)だった。
聞くとオークションで2000円くらいであると言う。
もちろんこの手のシガーソケット式は少し前にもホームセンターで見つけたが
その時は8000円くらいしてたので買わなかった。

さっそく落札し昨夜になって(遅いぞ!佐○急便)ようやく届いたので
あらかじめ用意していたUSBメモリをもってクルマに付けて聞いて見た。
その結果・・・

   微妙~  (´・ω・`)

その昔はオーディオに拘り、一時期はAVメーカーにも勤務し普通の人よりは多少
音に敏感だと思ってるフシの自分の耳では ”こんなものか” である。
MP3に圧縮するまではいいとしてもFM電波に変換した時点でFM放送並みに
なってしまう。(FM放送はマスター音源なので実際はもっといい)

それでも昔のカセットのシーノイズを知ってる世代なので当時に比べれば
音質を楽しむレベルじゃないけどドライブのBGMとしては我慢できるかな?
ちなみに画像のUSBは2GBであるがこれでも500曲は入るので利便性を
考えれば悪い買い物じゃないと思う。

というより・・・

たかだか2000円のモノに文句言っ

ちゃいけないよね。
2008_03
01
(Sat)18:33

ひさしぶりの休日

自動車関連産業にお勤めの方は解ると思うが1年のうちで今が最も忙しい時期。
私も2月中は休日出勤続きで日曜日は疲れを取る為だけの日が続いていた。

疲れと寒さと風邪気味の体調で愛犬くるみのディスクをここしばらくやっていないので
本日は夜勤明けではあるが明日も休みなのでひさしぶりにクルマに愛犬を乗せて
近くの広場に向かった。

車を停めて準備をしてるとくるみはさっさと降りてこの目線。

まだ?


いかにも早くせんかい!と言いたげである。


     「おめえ、ケモノのくせに

   俺に指図か?」



と口には出さないが少しくらい待たんかい!!

軽い準備運動の後、さっそくディスク開始!
ディスクドッグ(フリスビードッグとも言う)の難しいところは投げる人間がいかに
飛距離とコントロールを出せるかにかかっている。
いくら犬の能力が高くてもあらぬ方向に投げていたのでは犬も上手く取れない。
後は投げるタイミングをアイコンタクトで犬に伝えることや風の状況によって
投法を変えるなども必要だ。

ディスクを手に取ったことのある方はお分かりだろうがあの軽い樹脂製のディスクを
遠くにまっすぐ水平に飛ばすのは結構技術がいるのである。
私も5年目になるがようやく70~80mくらいなら思ったところへほぼ投げられる。
もちろんこれまでに数千投以上投げての練習の成果である。

kurumikyacchi_20080301195421.jpg


だがあまりに久しぶりなのでちょっと勘が鈍ってて取り戻すのにしばらくかかった^^A
撮影の為に手前に戻ってくるように投げて見事カメラの前でキャッチしたのがこの写真である。
いままでいろんな種類の犬を飼ってきたがこの流れるような躍動感がボーダーコリーの魅力だ。
さすがに犬はちょっとのブランクぐらいでその能力が衰えることは無い。

さすがに疲れた?


勘は鈍らなくても体力はちょっと落ちてたようだ。
10分ほどの練習で座り込んで疲労をアピールしてきた。
もちろんこの状態からでもディスクを構えればすぐ戦闘体制に入るがあまり無理をすると
筋肉を傷めるので今日はこれで終了である。

別に競技会に出るわけでもないので過度の練習は禁物だ。
あくまでも生活の相棒であり家族の一員なのでディスクは遊びと割り切っている。
この冬の運動不足でやや太り気味の愛犬だがそれでも動きはまだまだ俊敏だ。

むしろせっかく昨夏に入院生活で10kgも痩せたのに半年もしないうちに

メタボ腹に戻った 


自分の方をなんとかせねば・・・( p_q)エ-ン