FC2ブログ
2007_10
28
(Sun)08:39

心象風景

昭和50年頃だったでしょうか・・・
姉が京都に移住することになり、せっかくだからと家族で観光に
出掛けることになりました。 
親父が亡くなってから旅行に出るのは初めてでした。

初めて乗る新幹線に心ウキウキでデッキに飲料水があることや
客室扉が自動ドアだったのに感動し普段は東海道緩急の古い電車しか
乗る機会のなかった私には最先端の車両が眩しく見えたものです。
(既に新幹線は開通10年を越えていたが車両は0系だけの時代)

一通りはしゃぎまわった私も県境を出る頃には落ち着いて
窓際の席に座り車窓の景色をボーっと眺めてました。
岐阜羽島を過ぎ、米原駅に近づいて来るとそれが見えてきました。
もしこの時に座った席が山側だったら出会いは無かったかも知れません。

それがこの機関車。

DD50だよん


初めて出会ったこの時に彼らは既に運用を終えており廃車前提の
2休車でターンテーブルの側線に一族6両がほぼまとまって置かれてました。
当時の知識ではそれがどんな機関車か知らなかったので家に帰るとすぐ
鉄道ファン誌をめくって探したことを今でも鮮明に憶えてます。

その後に何度か新幹線で通るたびに彼らを探し見つけるたびに
少しずつさびれて行く様子に心痛めていました。
何年間も放置が続いてましたが確か高校の修学旅行で通った時は
姿が消えていたように記憶しています。

誰にも知られずひっそりとそして永遠に・・・・


心象風景 の続きを読む »

スポンサーサイト